2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
2度目でやっと会うことができたコガノキ。

ネット上の数少ない情報には、「集落跡の上方」「50mほど」など、アバウトながら、なんとかたどり着けました。

上ノ成集落の規模をどこまでとするかによって「上部」にあるとも云えますが、
個人的には、あの長大な石積みをランドマーク、目印にして、

 「長大な石積みから左に100m進む」

と表現した方が分かりやすいと思います。

でも、曲がり角には矢印看板、長大な石積みにも左矢印看板などあれば、迷わずたどり着けるでしょうね。

下山時も安心ですし。

道が覆い隠されてしまう夏草生えたシーズンなんか、さらに行きづらく、迷いやすくなること必死ですから。


では、今回、GPSで記録したルート情報も載せておきます。

 GPSログ。

① スタート地点 「コガノキ 800m」の白い標柱の立っている場所。
② 左折 ヌタ場
③ 落ちた橋
④ 左折
⑤ 右折
⑥ 左折
⑦ 長大な石積み
⑧ コガノキ

⑤~⑥ 石畳
⑥~⑦ 石板に縁取りされた道

総距離 ①~⑧ 約600m

入口の白い標柱には800mとありましたが、600m足らずで到達できました。

このルートは地形図には載っていません。

林道まで戻ってきたとき、地元の方と少しお話しすることができまして、
おじさん曰く、「下の集落跡から、まっすぐな道がある、あっちは草刈りもしてると思うよ」。

地形図には⑥に向かってまっすぐ至る道が点線で描かれています。

林道側の入口には昔、小学校があったそうです。

とは云え、今回、⑥の地点では、草刈りされたような別の道は特に気になりませんでした。

落ちた橋が通行不能になった場合は、そちらが本道になることでしょう。


また、今回、すぐに記事にしたのは、林道で出会った、軽自動車に乗ったご夫婦に頼まれたからです。

実際、頼まれたのは、赤テープなど、物理的な目印ですが、それは用意してなかったのでできませんでした。

このブログにたどり着いてくれたら嬉しいのですが。


ちなみに、上ノ成付近は携帯電波の状況がとても悪いです。

山中ではネット検索できない可能性もあります。

お山に行く前に閲覧し、いつでも見られるよう、保存などしておいた方がいいと思います。


さて、コガノキに別れを告げたあとのお話を続けます。

コガノキ入口から550m、銚子の滝分岐・林道入口から1.4kmの場所に、大きなエノキへの入口があります。
 下から来るとこんなカーブ、
 上からだとこんな風に見えるカーブが入口です。

 倒れちゃってますが、白い標柱があります。
「エノキ 右(左)入る100m」とあります。

カーブ外側の余地に駐車し、
 草むした道へ歩を進めます。

 周囲にはこのような石積みが多数残っています。

 道に沿ってまっすぐ進みます。
2mくらいの幅のある道で、昔から利用されてきた生活道のようです。

 100mぐらい進むと開けた場所に出ます。

 神社の石段のようなものがあります。

 境内だったようです。
その一段高い広場に、

目通り3.2mもあるエノキがそびえています。


いまは落葉しているので、ボリュームはありませんが、真夏なら、もりもりと葉を茂らせて旺盛な姿でいることでしょう。

 生命力を感じる枝振り。

 邪魔になる木が広場内にないので、全身が撮りやすかったです。

広場のパノラマ。

 小さな祠が残されてました。


広場奥に注連縄柱が立つ道があったので、ちょっと歩いてみました。


一際大きな石積みがありました。

 スロープもあり、一般家庭のものではないような感じでした。

 集落跡はみな、このように植林されています。
自然に帰すための植林です。

 広場前の道はまだずっと続いています。

クルマのなかった時代、この道は山の暮らしに必要な道だったことでしょう。

300人を超す人々がこの場所に暮らしていた時代がありました。

一目見たかったなぁ。


以上で、延長戦も終わりです。

愛媛にもまだまだ、知らない場所、いっぱいあるなぁ。













関連記事
22:36:27 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 2 コガノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
 コガノキの広場に到着!
写真中央に姿をチラ見せしているのがコガノキです。

コガノキの樹勢を守るため、周囲の灌木はキレイに伐採、草刈りされていて、ここだけぽっかりと広場のようになっています。

下部はタケ林で、地下茎を伸ばして常に広場への侵出を狙っていることでしょう。

タケは外来種、あっという間に繁茂して太陽を独り占め、背の低い木は枯れちゃう。

 コガノキの解説板が倒れちゃってます。
タケを支柱にしちゃ、そりゃ腐って保ちません。


コガノキ

元禄時代(1688~1704)鉱山が発見され、大野山には鉱夫など300人以上の人々が住み栄えていたが鉱山の廃業と共に昭和後期に全員が町に移った。
ここには薬師堂がありコガノキは神木として崇められていたことであろう。

樹齢推定500年
目通り 5、800m 目通り=人が立って見た位置
コガノキ スクノキ科
カゴノキ(鹿子)とも言う
樹皮が鹿の子模様になるのでこの名がある
県内では最も美しく大きな木と思われる
この木の近くに住む人が通称コガ兄といわれていた



ホントはカゴノキだけど、“コガ兄”から「コガノキ」になったのね。


足下には、薬師堂への捧げ物だったのだろうか、徳利や杯、一升瓶などの欠片が散乱しています。

広場は緩く傾斜、コガノキの下に薬師堂の跡があります。

坂を登ってコガノキのそばへ。

横から。


コガノキです、めっちゃ感動したので、このブログでは珍しく、大きいサイズで。

いまさらだけど、やっぱ、大きい木は大きい写真でないと伝わりにくいらしい…。


斜面上部にあった石積み、石塔には「元和大菩薩」と彫られていました。

 後ろから接近。


根方に墓石のようなものが一塔あり、表は「先祖代々」ですが、裏は「天下泰平国家安全」の文字。

個人名がないので、集落のすべてを代表したものか、さらに天下国家の安寧も願い、篤い祈りのようなものを感じました。

 山道入口にあったものと同種の標柱。


巨樹は特に根元のごつごつっとした感じがたまりません。


本日2枚目のビッグサイズ。

大きすぎてレンズに収まりきれません、下がればほかの木枝が邪魔になるし、広場自体、そんなに広くないし。

パノラマ編集機能を屈指して作成しています。


上部は掌を開いたように枝分かれして、広場の屋根となっています。

 手のひら部分。


ごつごつ、こぶこぶ。


広場上方には道が続いていて、ピンクリボンが見えたので、冠山尾根方向へ向かう古道・作業道のようです。


次は下側から。


薬師堂があった石積みの壇があり、社はすでに倒壊、屋根だろう面影が残るのみです。


横の木の根方に、手水鉢のような、面がくぼんだ石もありました。

下部から近づくとき、薬師堂跡の裏側に伐採した竹が積んであるのですが、それが腐ってて歩きづらい…。


下から仰ぎ見たカゴノキ。

 上の方。

 こぶがあります。


どうしたらこんなこぶができちゃうのかな。


根元の小さな穴、砂がこぼれていたので、野ウサギらが雨宿りしたり、隠れ場所になっている雰囲気。

 右側から。

 空の迷路。


ごつごつした木肌。


こちらは、カゴノキの名の由来、鹿の子模様がはっきりと分かる木肌。


木を隠すなら森の中、と云いますが、その森の中にあっても圧倒的な存在感で、
苦労してたどり着いたのもあって、とても感動しました。

ハグさせていただきましたが、当然、手は届かず、ハグと云うより、貼り付いたって感じ。

広場に着いたときは、風の音しかしなかったのだけれど、気がつくと、いろんな鳥の声が空から降ってきました。

最初、警戒していたけど、この人は安全、と思ったのかな。

でもそれは、まるで森に受け入れられたような不思議な感覚でした。

正直、集落跡はちょっと怖い感じもあったけど、コガノキのまわりは居心地が良く、もっと長居したかったです。

去り際、名残惜しくて、最後にと、またハグしに行きました。

道の状態が良ければ、もう一度、訪ねてみたいです。


その道についてと、もうひとつあった大きな木については、次回。


つづく。

関連記事
02:22:28 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 1 上ノ成
2017 / 02 / 10 ( Fri )
先日、銚子の滝を見に行った帰り、看板で見つけた「巨樹 コガノキ」に会いたくて、
林道の奥にある無人の上ノ成集落跡を訪ねました。

けれど、案内看板の類いがひとつもなく、集落跡までは行けたものの、コガノキに会うことはできませんでした。

その帰り道、偶然立ち寄った稲荷山で、上ノ成の廃村時、遷宮した諏訪大明神に偶然出会い、不思議な縁を感じました。

次のお休み、晴れたら絶対、コガノキに会いに行こう!

そう、決めていました。

そしてその日は、五日後に早々と訪れました。


銚子の滝から流れてくる渦井川のほとりに戻ってきました。

松山道の高架の後ろには、上ノ成から遷宮してきた諏訪(須和)大明神が鎮座する稲荷山。

上ノ成までの道のり、林道大野山小又線の風景は、前回、紹介したので、端折ります。


 コガノキ・上ノ成の入口に到着。

前回の失敗を踏まえ、今回はお山歩装備をしてきました。

トレッキングポールにハンディGPS、ケモノよけにスピーカー、服装も軽めに。

道端で支度してたら、上から降りてきた軽自動車が目の前で止まりました。

僕より年上のご夫婦が乗っておられ、旦那さんが運転席から、コガノキに行かれるんですか?と訊ねてきました。

ご夫婦もコガノキを見つけられずに引き返してきたらしく、よくよく聞いてみると、前回の僕と同じ、
上ノ成の集落跡まではたどり着けたけど、なにも見つけられず、あきらめて下山したそうです。

今日はリベンジしに来ました、と答えると、
次来るときのために、赤テープでもいいので、目印残してきて下さいね、とお願いして、下って行かれました。


コガノキについて、ネット検索したものの、地図など、場所についての正確な記事は一切、ヒットしませんでした。

得られた情報は、上ノ成集落跡の上部、50mほど上がった開けた場所にある、と云うことぐらい。

でも、上ノ成集落跡の上部と云うことは、つまり、前回はもの凄く近くまで行けてたと云うこと。

それも、残り50m…。

あと10分、あきらめずに探していたら、見つけられた可能性大、大、大。

めっちゃ、悔しかったぉ。


さて、上ノ成集落跡までの様子も紹介済みなので、目印になるようなポイント以外は端折ります。


山道に分け入って最初の石積みを左に見た後、道が左折する場所にある、

イノシシのお風呂・ヌタ場。

 落ちた橋は、
 慎重に渡ります。

 路肩が崩れた場所もあるので慎重に。

 石積みに沿って歩き、
 林の中を上へ。


再び、石積みに沿って歩くと、石畳もあります。

 板状の岩に縁取られた小径を上へ。

 手前に石積みの角、奥に長大な石積み、ここが上ノ成集落跡入口の目印。
この景色に出会えたら、上ノ成集落跡まで、ちゃんと来られた証拠です。

 この長大な石積みまでは、前回、来てました。
そして、ここからどっちへ行ったら分からなくなって引き返したのですが、今回はあきらめません。

「集落の上部、50mぐらい登った辺りにコガノキがある」という情報を信じ、目を凝らして周囲をじっくり見回しました。

50mくらいなら、林の中でも見える可能性があります。

また、とあるサイトには、コガノキの周囲にはタケ林がある、とも書かれていました。

前回は石積みに向かって右に進み、諏訪大明神の跡を発見しましたが、
 よく見ると、左の方にも道は延びています。

この道も板状の岩に縁取られています。

前回、そっちには行かなかったので、たどってみることにしました。

 すると、ヒノキやスギとは姿が異なるシルエットが奥に見えました。

 更に進むと、タケ林も。

もう、間違いない。

右の石積みが終わると、視界が急に開けました。

 到着!


ここまでのルートについては、後ほど。


つづく。

関連記事
02:20:58 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 6 稲荷山
2017 / 02 / 09 ( Thu )
銚子の滝は無事、見物できたものの、コガノキにはたどり着けず、後悔半分。

山道を麓に向かって下りました。

高速道路の高架が見えた辺りで、往きに見た「稲荷山公園・遊歩道」の文字を思い出していました。

見られなかったコガノキの代わりになるかなぁ、と思いながら、高架をゆっくりくぐりながら、
まったくのよそ見運転ですが、向こう岸を見ながら走っていたとき…。

高速道路の脇に、一瞬、鳥居が見えました。

鳥居?

途端に、うわっと何かを思い出し、急ブレーキ、路肩に停車しました。

仕事でよく、松山道を行き来するのですが、松山に向かって帰る車内から、
新居浜から西条辺りの側道に鳥居が立っているのを何度となく目にしていました。

山裾を走る松山道・高松道沿いに神社の類いは珍しくないのですが、
あの鳥居の前後には神社のような建物がなく、ただただ、鳥居が側道をまたぐように立っているのです。

 ストリートビューにもちゃんと写ってます。
 この鳥居が、ずっと気になっていました。

もしかしたら、あの鳥居かも!
 少し下ったところに架かる川口橋を渡って反対岸へ移動。

 高架の下へ。

 急坂な側道を上がってみました。


すると、急坂は突然、階段に変り、その階段の上にあの鳥居がありました。


これ、これ、この鳥居が気になってたのよ~~~!

 とは云え、鳥居の先にはただ側道があるばかり。

 鳥居のちょっと先に、仮設足場の階段はありました。

 お社はお山の上にあるのか?
そう云えば、「稲荷山遊歩道」って案内も見たし…。

と云うわけで、もう一度、お山歩です。

 場所はここです。

高架の下にスクーターを駐め、
 遊歩道へ。

 すぐに登山道の分岐がありました。

 でも、往きに見た赤い橋も気になって、分岐をスルーして先に進むと、
 赤い橋、「長渕橋」があります。


橋から見た上流、下流。

 登山口に戻り、お山へ。

 階段に密生してたキノコ。


ジグザグしながら高度を稼ぎます。

 高速道路と同じくらいの高さに。


北斜面を斜めに登って行きます。

 高速越しの町並み。

 高速の柵の辺りで道が分岐します。

 分岐のひとつは下る階段。
鳥居から始まってたあの階段は、やっぱり、ここに通じていたのです。

 もうひとつは、奥の森に通じています。


くいっと左に折り返す、手すりの付いた道を登ります。

 折り返し。


折り返すと、右上に、小屋がありました。


手すりを伝っていけば、自然とお社の前にたどり着けました。


稲荷山山頂の神社に到着しました。

 鳥居の扁額、「須和大明神 登之神社」。

須和大明神…? 登之、との…? どこかで見聞きしたような…。

 扉を開けて、お詣りさせていただきました。

 境内にあった記念碑。
刻まれていた文章を読んで、さっきの「?」が一気に氷解しました。

登之神社 須和大明神 遷宮記念碑

吾等の先祖並びに守護神として崇敬せし神社も時の流れに押やられ昔日の繁栄をしのぶよしもなく今は住む人もなき山里大野山上ノ成に荒れるにまかせ風雨にさらすにしのびず氏子等一同相はかり協力してここ川口の郷はぜ山のいただきに新社殿を造営し遷宮したことを記念して此の碑を建立する

昭和54年5月吉日



大野山上ノ成の須和大明神…。

カゴノキを見に行った山中でたどり着いた上ノ成集落跡のお社の名残、
 ここにあったお社を移したのか!
あちらでは「諏訪」だけど。

「おとのさん」は「登之神社」の愛称だったのかな。

まさかの偶然の出会いに、膝ががくがくぶるぶる…。

神様が帰りに寄りなさいって、僕は導かれたのかなぁ。

不思議な縁を感じずにはいられませんでした。

そう思うと、半ばあきらめかけていたカゴノキにめっちゃ、会いたくなりました。

とは云え、いまから引き返す時間はありません。

今日のところはひとまず撤退、後日改めて来よう。

山頂から。

神社に一礼し、お山を下りました。

 下りは階段で。

 大きくカーブを描く渦井川。

 西条市街もちらり。


階段ですが、杭が石段より飛び出していて、つま先に引っかけたら、転落間違いなし、めっちゃ、危ない。

 手すりをずっと使って下まで降りました。


鳥居をくぐり、側道を下ってスクーターへと戻りました。


後日、再訪した際に撮影した稲荷山。


と云うわけで、この日の記録は以上です。

このあと、まっすぐ、桜三里を越えて戻り、川内のさくらの湯に入って、旅の疲れを洗い落として帰りました。


後日、再訪し、カゴノキを目指したお話については、延長戦にて。

関連記事
21:00:08 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 5 上ノ成
2017 / 02 / 09 ( Thu )
コガノキを見に行く途中、大きなカシノキを見て感動、さらなる感動を求め、林道をさらにさらに遡行。

通り過ぎちゃったかな?と心配になるくらい、カシノキから1.5kmほど、くねくねカーブ連続する林道を走りました。


右カーブの内側に、カシノキのときと同じ白い標柱がありました。

スクーターを駐め、まじまじと標柱の文字を読むと「コガノキ 右入る800m」とありました。

は、800m…。

道の状況にもよりますが、山道の800mは、なんとな~く行ける距離のぎりぎりです。

正直、お山歩できる格好でもなかったし、躊躇しました。

でも、ここまで来たんだし、「巨樹」のキーワードが後押しとなり、訪ねることにしました。


標柱脇の踏み跡状の小径に入って行きます。

スギやヒノキの枝が積み重なり、柔らかな地面を踏みしめながら、坂を登りました。

 左側の林の中に古い石積みが点在していました。
ここいらにも集落があった証しです。

 道が左に曲がる場所で、イノシシのお風呂・ヌタ場を発見。
切り株になすり付けられた泥は乾いていたので、昨日今日の利用はなかったみたい。

 ヌタ場で左折し、石積みの横を進みます。
この辺りでもう、道が草木に埋もれて分かりにくくなっていました。

目をこらして、道の痕跡をたどると、道は右にカーブしていました。

 そのあと、右下がりの斜面を横切りるように登ります。

けもの道か、人道か、悩ましい場所もありましたが、目が慣れてくると、はっきりと区別できるようになりました。

昔取った杵柄、ってやつです。

整備された登山道のないお山を百以上登ってきた経験がすぐに役に立ちました。

でも、たどってきた道が正しかったと確信できたのは、
 この橋に出会ったときでした。
イノシシは橋なんか、架けませんから。

150kgまで耐えられる橋でしたが、

二つ目の橋が、なんと、崩落していました。

小さな沢に架かっていましたが、土砂崩れの直撃を受けたのでしょう。

揺らしてみましたが、しっかりしていたので、そっと足を乗せ、渡ってみました。

揺れもズレもせず、最後だけ、90度近く横倒しになっているので大変でしたが、
倒木や鉄骨に足の置き場を見つけ、ちゃちゃっと渡り切れました。

 対岸は斜め右に登りますが、道はうんと狭くなっていて、路肩は崩れやすく、脆く、足下注意でした。

 シダが覆い、道が分かりづらい…。
と、思ったら、道は急に左折して上に向かって登り始めました。

ここしばらく、お山歩してなかったので、また汗がにじんできました。

ジャケットとか防風ヤッケパンツとか履いたままで来てしまったことを後悔し始めてました。

辺りは鳥の声しかしなくて、しんと静まりかえってます。

野ウサギとか、きっといたんだろうけど、急に現れた侵入者に警戒して、物陰に隠れて息を殺してるに違いない。

イノシシなど野生動物と出くわさないよう、時時、奇声を発して歩きました。


縦に伸びていた道は、再び出現した石積みの前で右に折れました。


このまま横移動が続くのかと思ったら、
 また、縦移動。

首回りとか汗がにじんできたので、ジャケットやら、脱げるものは脱いで、道端の灌木に引っかけて置いてきました。

先の石積み以降、集落の跡地に入ったようで、
 往事の名残、石畳も所所にありました。

この道は、昔の生活道の一部だったようです。

 板状の岩で道の両端を縁取った場所もありました。

傾斜が緩やかになり、家が建てやすく、畑も耕しやすそうな地形になり、
 石垣の角を通り過ぎると、

横に長い規模の大きな石積みが現れました。

もうそろそろ、800mくらい、歩いてきたと思うのですが、いまだ、大きな木には出会っていません。

下の神社にあったカシノキのように、コガノキもあるとすれば、この集落の中にあるような…。

周囲をきょろきょろ見回したのですが、濃い人工林に阻まれ、それらしいものは見つけられませんでした。

どこかで道を間違ったのか、見落としたのか、それとも、通り過ぎてきたのか…。

横に長い大きな石積みの上に登り、きょろきょろ。

 山上に向かって右の方に目をこらしたとき、一瞬、木立の中に常夜灯が見えました。

見間違いかもしれないと思いつつ、林の中を歩いて行くと、
 見間違えじゃなく、ホントにありました。

 一辺数m四方の平地、あきらかにお社の跡です。


「おとのさん 諏訪大明神 神社址」の石碑がありました。

お社は欠片もありませんでした、廃村と同時にどこかの神社と合祀されたのかもしれません。


少し下ったところには、参道っぽい名残をとどめる注連縄柱が立っています。


神社址のすぐ横に唯一、廃屋が一軒だけ残っていました。

写真奥の方は屋根が落ちてしまい、間取りが分かるくらい、雨ざらしとなっていました。


この辺りは、「上ノ成」と呼ばれた集落がありました。

新居浜は別子銅山で有名ですが、ほかにも鉱山があり、上ノ成も鉱山夫らの町として賑わったそうです。

多いときは2、30軒の家が立ち並び、少し下ったところに小学校もありました。

閉山とともに過疎化が進み、昭和50年頃に廃村、無人となったようです。

 生活の跡も少し残っています。


神社址でもコガノキは見つからず、薄暗い林の中を右往左往しているうちに次第に疑心暗鬼になってきて、
どこかで道を間違ったのか、見落としたのか、それとも、通り過ぎてきたのか、と云う思いが更に強くなりました。

 上に向かって道はまだ続いていたけど、不安の方が強くなって、
長居は無用、と引き返すことにしました。


途中、角を曲がるポイントで、まっすぐ行きそうになったり、不明瞭な踏み跡に苦労しながら下りました。

往きに置いてきたジャケットも無事回収。

落ちた橋が見えたときは、道があってたと一安心しました。

上りより、下りの方が道迷い遭難が多いので、コガノキを見に行かれたい方は、気をつけて入山・下山して下さい。


スクーターにやっとこさ、たどり着き、時計を確認すると、1時間くらい経っていました。


コガノキ、いつかまた…。


でも、心のどこかでは、いつか、って日は二度と来ないかも、と正直、思いながら、山を下りました。


…そのときは、ホント、そのつもりだったのですが、まさか、数日後にまた舞い戻ってくるとは思いもしませんでした。

その延長戦の様子は、またあとで。


つづく。

関連記事
16:22:43 | コメント(回答)(0) | page top↑
最新記事