FC2ブログ



 2009 051234567891011121314151617181920212223242526272829302009 07  
6月25日のお散歩のつづき
2009 / 06 / 27 ( Sat )
勝岡の運転免許センターからの帰り、白石ノ鼻でカニちゃなどを見てから、
松山観光港や高浜港を通過。

県道から海辺へ道を逸れて、
 蛭子神社へ。

 興居島との間にあるのがターナー島。
地図的には四十島。
 小説「坊ちゃん」が由来です。

「ターナー島」の由来
「ターナー島」は松山市高浜町一丁目、横山の沖約150メートルに浮かぶ小島で、正式名称は「四十島」といいます。

明治39年4月、夏目漱石は小説「坊っちゃん」を発表しました。
その中で「四十島」のことを次のように描写しています。

「あの松を見給え、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」……
「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。ターナーそっくりですよ」……
すると野だいこがどうです教頭、これからあの島をターナー島と名付けようじゃありませんかと余計な発議をした。
赤シャツはそいつは面白い、われわれはこれからそういおうと賛成した。

以来、松山では「四十島」のことを「ターナー島」と愛称しています。

平成17年3月27日「坂の上の雲まちづくり」「ターナー島を守る会」設置


 県道に戻らず、海沿いに車道を行きました。
梅津寺が賑やかだった頃、この辺りには水族館があったそうです。
小学生の頃に見た地図にはまだ載ってて、友達と自転車で探しに行ったことがありました。
でも、その頃にはとっくに潰れた後で、建物さえ見つけられませんでした。
幻の水族館です。

右は崖になっていて、崖下の海岸線は黒い岩が露出した磯、“黒岩海岸”と呼ばれています。
左側の横山側は住宅街ですけど、別荘みたいな大きな家も多いです。
 カーブに黄色い花がいっぱい咲いてました。
なにかな?と近づいたら、
 サボテンの花でした。
写真を撮ってたら黒い丸丸っとしたハチが飛んできました。
 「あー、忙しいブンブン 忙しいブンブンよ!」
人間なんかに構ってる場合じゃないくらい、忙しそうでした。
花に潜ってはおしべ・めしべをかき混ぜてました。

県道と合流する黒岩口に出る所で、また道を逸れて、
 海岸の集落へ下る小径を降りてみました。
左は伊予鉄高浜線。
 また花が咲いてるぞって、写真撮ってたら、
 タイミング良く電車が来ました。
この小径は梅津寺パークの裏手に降りるんですけど、
閉園した梅津寺パークが、とっくに、さ、更地になってました!!!

イベント用のステージだけを残し、な~んにもなくなってました。

解体、早っ!!

子供の頃の思い出がいっぱいある納涼台の跡。

僕にとっては大切な昭和遺産。
 でも、いよいよ、風化の兆しが顕著に…。
 二階建てだった納涼台。
下の磯にはクモヒトデがたくさんいました (>_<)

海水浴場も今夏から営業休止。

前にも書いたけど、テトラポッドが設置された時に、僕の中では“終わってました”。
テトラポッドのある砂浜なんか、梅津寺じゃない。
三津の港を大きな船が出入りする度、大きな波が打ち寄せた砂浜が懐かしいです。
海の家のあめ湯ももう飲めないのね… (T_T)

 梅津寺の公園入口。
遊園地が無くなったし、タダで入れるのかと思ったら、しっかり、50円とってました。
梅も咲いてない今の季節、申し訳ないけど、タダの公園と比べて50円分の価値があるかどうか?

 梅津寺駅のプラットホームに看板ができてました。

「東京ラブストーリー」 ロケ地
1991年(平成3年)フジテレビ系で放送されたテレビドラマ


舞台は東京。
主人公・リカ(鈴木保奈美)とカンチ(織田裕二)のストレートな恋愛を繊細に描いたラブストーリー。
最終回、目印のハンカチを結んだ駅のホームに、梅津寺駅がロケ地として使われました。
それ以来、リカにちなんでハンカチを結ぶ人が絶えず、「恋のプラットホーム」と呼ばれています。
90年代を代表するドラマのひとつ。



勝岡の免許センターを出たのが午後2時過ぎ。
白石ノ鼻、黒岩、梅津寺、のんびり、のんびりしすぎて、気がついたらもう5時でした。
三津のスーパーそごうで長芋ととうもろこし(どっちも100円)をお土産?に買って、最後に、
 新装なった三津浜駅を見て帰りました。

家に着いたら、腕や鼻の頭が日に灼けてヒリヒリ。
曇りっぽかったからまだマシだったけど、これからは要注意。
それに行きと帰りで、100円自販機で最近お気に入りのPOMジュース(果汁25%)を二本も買って飲んじゃった。
これからは水分補給も要注意じゃ!

自販機といえば、コカコーラの自販機、
夏になればいっつも500ml缶が120円で買えたけど、
今年から350mlを100円にする方針に変更したみたい。
僕は酒やビールを進んで飲まない質なので、
夏山で汗いっぱいかいて下山した後の500mlのコーラが至高のドリンクだったのに…。
めっちゃ、残念ら (T_T)
スポンサーサイト




関連記事
12:55:56 | コメント(回答)(0) | page top↑
6/21~遭難まとめ
2009 / 06 / 27 ( Sat )
明日は我が身

毎日新聞から、

山岳遭難:松戸の男性が滑落死…八ケ岳連峰

 21日午後0時40分ごろ、長野県茅野市の八ケ岳連峰・赤岳(2899メートル)の地蔵尾根で、男性が登山道から滑落するのを別の登山者が発見、110番した。
男性は県警ヘリに救助され同市内の病院へ運ばれたが、全身を打っており、同日夜に死亡した。

 県警茅野署によると、男性は千葉県松戸市六高台、会社員、河野謙治さん(57)。
20日から1泊2日の予定で単独で入山していた。
下山中に足を滑らせたとみられるという。


毎日新聞から、

高山の遭難:山中で不明、夫婦を無事保護 /長野

 高山村の山中でタケノコ採り中に行方不明になっていた夫婦が23日、2日ぶりに無事保護された。

 21日午後3時20分ごろ、高山村奥山田の笠ケ岳で、長野市北長池、自営業、三井次雄さん(65)と妻明子さん(62)の行方が分からなくなり、同行者が110番した。
須坂、中野両署員ら延べ80人が捜索。
23日午前9時35分ごろ、笠ケ岳の北西側の沢筋にいる2人を捜索中の県警ヘリが発見した。

 須坂署によると、2人は仲間4人と21日午前7時半ごろからタケノコ採りのため入山。
発見当時はヘリに向かって手を振っていたという。
2人ともけがはなく、意識もはっきりしていたという。

 県内ではタケノコや山菜採り中の遭難が相次いでいることから、県警は登山口で事故防止のビラを配るなど、注意を呼び掛けている。


毎日新聞から、

遭難?:三島の会社員、単独で遭難か--愛鷹山系 /静岡

 沼津市や富士市などにまたがる愛鷹(あしたか)山系に20日から登山に向かった三島市寿町、会社員、猪俣俊也さん(45)が下山しないと家族が25日、沼津署に届け出た。
単独で入山し遭難した可能性があるとみて、県警ヘリで上空からも捜索したが見つからなかった。
26日も捜索する。

 同署によると、20日朝、御殿場市のJR御殿場駅前からバスに乗り、裾野市内の愛鷹登山口で下車したことが確認されている。

 愛鷹山系は愛鷹山(1188メートル)をはじめ1000メートル級の山が連なっている。


春・山菜前線も日本列島を一巡して、山菜採り絡みの遭難が減ったように思えます。

でも、来る7月1日は山開きラッシュ!
27日から1日にかけてお山開きが行われる主なお山は、北から、
岩手山、鳥海山、月山、八海山、谷川岳、火打山、
妙高山、雨飾山、富士山、南アルプス、八ヶ岳赤岳、
立山、木曽御岳山、白山、そして石鎚山。

統計的にも本格的?な山岳遭難が増加するシーズンです。

僕は、山岳遭難というのはほとんど確率的に起こるものだと思っています。
経験や装備、体調管理は、遭難する確率を下げるだけで、決してゼロにはできないと思っています。

自然というのはとても無慈悲です。
滑落する時は物理の法則に従って落下、加速し、岩盤に叩きつけられます。
何十年もの登山経歴があったって、地球の引力がそこだけ弱くなったりはしません。

無慈悲な相手だけど、やっぱ、謙虚な方がいいと思います。
登山口を前に手を合わせて安全登山をお願いしたり、
山頂に着いた時や下山する前にも無事登頂を感謝するとか。
それくらいの余裕がない時は必ずと云って良いくらい、
つまずいたり、落とし物してみたり、明後日の方角へ迷走したり、うれしくないことが起きました。

命を落とすようなことはそういう小さなことの延長線上にあるものなのかも知れません。

この夏、お山を目指すみなさん、小さな“予感”も大切に。

関連記事
08:53:48 | コメント(回答)(0) | page top↑
「ふるさと百山」 八幡浜市編
2009 / 06 / 27 ( Sat )
「ふるさと百山」に連載された、八幡浜市のお山です。

八幡浜市街から見える身近なお山も。

19 四国山 しこくやま 129m
老松茂る“市民のお山” 信仰・散策の場 ミニ四国


33 権現山 ごんげんやま 364m
石鎚さんの分霊祭る 飲めや歌えの大祭前夜


52 愛宕山 あたごやま 130m
市民の心のふるさと 昔懐かし三本松・十本松


69 銅ヶ鳴 どうがなる 767m
鉱山師たちの夢の場 名残とどめる石捨て場

関連記事
00:33:47 | コメント(回答)(0) | page top↑
最新記事