2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
2度目でやっと会うことができたコガノキ。

ネット上の数少ない情報には、「集落跡の上方」「50mほど」など、アバウトながら、なんとかたどり着けました。

上ノ成集落の規模をどこまでとするかによって「上部」にあるとも云えますが、
個人的には、あの長大な石積みをランドマーク、目印にして、

 「長大な石積みから左に100m進む」

と表現した方が分かりやすいと思います。

でも、曲がり角には矢印看板、長大な石積みにも左矢印看板などあれば、迷わずたどり着けるでしょうね。

下山時も安心ですし。

道が覆い隠されてしまう夏草生えたシーズンなんか、さらに行きづらく、迷いやすくなること必死ですから。


では、今回、GPSで記録したルート情報も載せておきます。

 GPSログ。

① スタート地点 「コガノキ 800m」の白い標柱の立っている場所。
② 左折 ヌタ場
③ 落ちた橋
④ 左折
⑤ 右折
⑥ 左折
⑦ 長大な石積み
⑧ コガノキ

⑤~⑥ 石畳
⑥~⑦ 石板に縁取りされた道

総距離 ①~⑧ 約600m

入口の白い標柱には800mとありましたが、600m足らずで到達できました。

このルートは地形図には載っていません。

林道まで戻ってきたとき、地元の方と少しお話しすることができまして、
おじさん曰く、「下の集落跡から、まっすぐな道がある、あっちは草刈りもしてると思うよ」。

地形図には⑥に向かってまっすぐ至る道が点線で描かれています。

林道側の入口には昔、小学校があったそうです。

とは云え、今回、⑥の地点では、草刈りされたような別の道は特に気になりませんでした。

落ちた橋が通行不能になった場合は、そちらが本道になることでしょう。


また、今回、すぐに記事にしたのは、林道で出会った、軽自動車に乗ったご夫婦に頼まれたからです。

実際、頼まれたのは、赤テープなど、物理的な目印ですが、それは用意してなかったのでできませんでした。

このブログにたどり着いてくれたら嬉しいのですが。


ちなみに、上ノ成付近は携帯電波の状況がとても悪いです。

山中ではネット検索できない可能性もあります。

お山に行く前に閲覧し、いつでも見られるよう、保存などしておいた方がいいと思います。


さて、コガノキに別れを告げたあとのお話を続けます。

コガノキ入口から550m、銚子の滝分岐・林道入口から1.4kmの場所に、大きなエノキへの入口があります。
 下から来るとこんなカーブ、
 上からだとこんな風に見えるカーブが入口です。

 倒れちゃってますが、白い標柱があります。
「エノキ 右(左)入る100m」とあります。

カーブ外側の余地に駐車し、
 草むした道へ歩を進めます。

 周囲にはこのような石積みが多数残っています。

 道に沿ってまっすぐ進みます。
2mくらいの幅のある道で、昔から利用されてきた生活道のようです。

 100mぐらい進むと開けた場所に出ます。

 神社の石段のようなものがあります。

 境内だったようです。
その一段高い広場に、

目通り3.2mもあるエノキがそびえています。


いまは落葉しているので、ボリュームはありませんが、真夏なら、もりもりと葉を茂らせて旺盛な姿でいることでしょう。

 生命力を感じる枝振り。

 邪魔になる木が広場内にないので、全身が撮りやすかったです。

広場のパノラマ。

 小さな祠が残されてました。


広場奥に注連縄柱が立つ道があったので、ちょっと歩いてみました。


一際大きな石積みがありました。

 スロープもあり、一般家庭のものではないような感じでした。

 集落跡はみな、このように植林されています。
自然に帰すための植林です。

 広場前の道はまだずっと続いています。

クルマのなかった時代、この道は山の暮らしに必要な道だったことでしょう。

300人を超す人々がこの場所に暮らしていた時代がありました。

一目見たかったなぁ。


以上で、延長戦も終わりです。

愛媛にもまだまだ、知らない場所、いっぱいあるなぁ。













関連記事
22:36:27 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 2 コガノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
 コガノキの広場に到着!
写真中央に姿をチラ見せしているのがコガノキです。

コガノキの樹勢を守るため、周囲の灌木はキレイに伐採、草刈りされていて、ここだけぽっかりと広場のようになっています。

下部はタケ林で、地下茎を伸ばして常に広場への侵出を狙っていることでしょう。

タケは外来種、あっという間に繁茂して太陽を独り占め、背の低い木は枯れちゃう。

 コガノキの解説板が倒れちゃってます。
タケを支柱にしちゃ、そりゃ腐って保ちません。


コガノキ

元禄時代(1688~1704)鉱山が発見され、大野山には鉱夫など300人以上の人々が住み栄えていたが鉱山の廃業と共に昭和後期に全員が町に移った。
ここには薬師堂がありコガノキは神木として崇められていたことであろう。

樹齢推定500年
目通り 5、800m 目通り=人が立って見た位置
コガノキ スクノキ科
カゴノキ(鹿子)とも言う
樹皮が鹿の子模様になるのでこの名がある
県内では最も美しく大きな木と思われる
この木の近くに住む人が通称コガ兄といわれていた



ホントはカゴノキだけど、“コガ兄”から「コガノキ」になったのね。


足下には、薬師堂への捧げ物だったのだろうか、徳利や杯、一升瓶などの欠片が散乱しています。

広場は緩く傾斜、コガノキの下に薬師堂の跡があります。

坂を登ってコガノキのそばへ。

横から。


コガノキです、めっちゃ感動したので、このブログでは珍しく、大きいサイズで。

いまさらだけど、やっぱ、大きい木は大きい写真でないと伝わりにくいらしい…。


斜面上部にあった石積み、石塔には「元和大菩薩」と彫られていました。

 後ろから接近。


根方に墓石のようなものが一塔あり、表は「先祖代々」ですが、裏は「天下泰平国家安全」の文字。

個人名がないので、集落のすべてを代表したものか、さらに天下国家の安寧も願い、篤い祈りのようなものを感じました。

 山道入口にあったものと同種の標柱。


巨樹は特に根元のごつごつっとした感じがたまりません。


本日2枚目のビッグサイズ。

大きすぎてレンズに収まりきれません、下がればほかの木枝が邪魔になるし、広場自体、そんなに広くないし。

パノラマ編集機能を屈指して作成しています。


上部は掌を開いたように枝分かれして、広場の屋根となっています。

 手のひら部分。


ごつごつ、こぶこぶ。


広場上方には道が続いていて、ピンクリボンが見えたので、冠山尾根方向へ向かう古道・作業道のようです。


次は下側から。


薬師堂があった石積みの壇があり、社はすでに倒壊、屋根だろう面影が残るのみです。


横の木の根方に、手水鉢のような、面がくぼんだ石もありました。

下部から近づくとき、薬師堂跡の裏側に伐採した竹が積んであるのですが、それが腐ってて歩きづらい…。


下から仰ぎ見たカゴノキ。

 上の方。

 こぶがあります。


どうしたらこんなこぶができちゃうのかな。


根元の小さな穴、砂がこぼれていたので、野ウサギらが雨宿りしたり、隠れ場所になっている雰囲気。

 右側から。

 空の迷路。


ごつごつした木肌。


こちらは、カゴノキの名の由来、鹿の子模様がはっきりと分かる木肌。


木を隠すなら森の中、と云いますが、その森の中にあっても圧倒的な存在感で、
苦労してたどり着いたのもあって、とても感動しました。

ハグさせていただきましたが、当然、手は届かず、ハグと云うより、貼り付いたって感じ。

広場に着いたときは、風の音しかしなかったのだけれど、気がつくと、いろんな鳥の声が空から降ってきました。

最初、警戒していたけど、この人は安全、と思ったのかな。

でもそれは、まるで森に受け入れられたような不思議な感覚でした。

正直、集落跡はちょっと怖い感じもあったけど、コガノキのまわりは居心地が良く、もっと長居したかったです。

去り際、名残惜しくて、最後にと、またハグしに行きました。

道の状態が良ければ、もう一度、訪ねてみたいです。


その道についてと、もうひとつあった大きな木については、次回。


つづく。

関連記事
02:22:28 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 1 上ノ成
2017 / 02 / 10 ( Fri )
先日、銚子の滝を見に行った帰り、看板で見つけた「巨樹 コガノキ」に会いたくて、
林道の奥にある無人の上ノ成集落跡を訪ねました。

けれど、案内看板の類いがひとつもなく、集落跡までは行けたものの、コガノキに会うことはできませんでした。

その帰り道、偶然立ち寄った稲荷山で、上ノ成の廃村時、遷宮した諏訪大明神に偶然出会い、不思議な縁を感じました。

次のお休み、晴れたら絶対、コガノキに会いに行こう!

そう、決めていました。

そしてその日は、五日後に早々と訪れました。


銚子の滝から流れてくる渦井川のほとりに戻ってきました。

松山道の高架の後ろには、上ノ成から遷宮してきた諏訪(須和)大明神が鎮座する稲荷山。

上ノ成までの道のり、林道大野山小又線の風景は、前回、紹介したので、端折ります。


 コガノキ・上ノ成の入口に到着。

前回の失敗を踏まえ、今回はお山歩装備をしてきました。

トレッキングポールにハンディGPS、ケモノよけにスピーカー、服装も軽めに。

道端で支度してたら、上から降りてきた軽自動車が目の前で止まりました。

僕より年上のご夫婦が乗っておられ、旦那さんが運転席から、コガノキに行かれるんですか?と訊ねてきました。

ご夫婦もコガノキを見つけられずに引き返してきたらしく、よくよく聞いてみると、前回の僕と同じ、
上ノ成の集落跡まではたどり着けたけど、なにも見つけられず、あきらめて下山したそうです。

今日はリベンジしに来ました、と答えると、
次来るときのために、赤テープでもいいので、目印残してきて下さいね、とお願いして、下って行かれました。


コガノキについて、ネット検索したものの、地図など、場所についての正確な記事は一切、ヒットしませんでした。

得られた情報は、上ノ成集落跡の上部、50mほど上がった開けた場所にある、と云うことぐらい。

でも、上ノ成集落跡の上部と云うことは、つまり、前回はもの凄く近くまで行けてたと云うこと。

それも、残り50m…。

あと10分、あきらめずに探していたら、見つけられた可能性大、大、大。

めっちゃ、悔しかったぉ。


さて、上ノ成集落跡までの様子も紹介済みなので、目印になるようなポイント以外は端折ります。


山道に分け入って最初の石積みを左に見た後、道が左折する場所にある、

イノシシのお風呂・ヌタ場。

 落ちた橋は、
 慎重に渡ります。

 路肩が崩れた場所もあるので慎重に。

 石積みに沿って歩き、
 林の中を上へ。


再び、石積みに沿って歩くと、石畳もあります。

 板状の岩に縁取られた小径を上へ。

 手前に石積みの角、奥に長大な石積み、ここが上ノ成集落跡入口の目印。
この景色に出会えたら、上ノ成集落跡まで、ちゃんと来られた証拠です。

 この長大な石積みまでは、前回、来てました。
そして、ここからどっちへ行ったら分からなくなって引き返したのですが、今回はあきらめません。

「集落の上部、50mぐらい登った辺りにコガノキがある」という情報を信じ、目を凝らして周囲をじっくり見回しました。

50mくらいなら、林の中でも見える可能性があります。

また、とあるサイトには、コガノキの周囲にはタケ林がある、とも書かれていました。

前回は石積みに向かって右に進み、諏訪大明神の跡を発見しましたが、
 よく見ると、左の方にも道は延びています。

この道も板状の岩に縁取られています。

前回、そっちには行かなかったので、たどってみることにしました。

 すると、ヒノキやスギとは姿が異なるシルエットが奥に見えました。

 更に進むと、タケ林も。

もう、間違いない。

右の石積みが終わると、視界が急に開けました。

 到着!


ここまでのルートについては、後ほど。


つづく。

関連記事
02:20:58 | コメント(回答)(0) | page top↑
最新記事