2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09  
2年ぶりの石鎚山へ 2
2017 / 08 / 04 ( Fri )
2年ぶりの石鎚登山のつづき。

成就から続く表参道コースが通る尾根が見える場所まで来ました。

三の鎖下の合流地点は間もなくです。

そこに向かって階段の傾斜角度もアップして行きます。

でも、ヤッホーの子供たちはちょっと、限界だったようでした。

最後尾を歩いていた一番小さな女の子がぐずり始めました。

東陵分岐の休憩地をスルーしたツケが、やっぱり、まわってきた…。

リーダー格のお母さんが「もうすぐベンチがあるから」と声をかけて歩いていましたが、
そもそも、全体が落石注意なこのエリアに、腰を下ろせるベンチなんか、ありません。

三の鎖下の休憩地は、まだまだ坂を登らないといけません。

今日は往来する登山者も少ないので、丸太の階段にでも腰を下ろして休めばいいのに…。

もうすぐと云う言葉を信じてみんな、歩き続けていました。

女の子は、泣いたら負ぶってくれるとでも思って、ホントは嘘泣きだったかも知れないけど、
歩き続ける姿はちょっと可哀想でもありました。

大人には小さな段差でも、子供には胸突き八丁の坂となります。

また、僕はチューブで給水できるので、歩きながらでもノドを潤せるけど、
そんな装備のない子供たちは、立ち止まらないと水一滴、口にすることもできません。

ノドが渇いたら飲む、では遅すぎます。

こまめな給水が登山の基本です。

お山は涼しいけど、オーバーヒートした小さな子供は熱中症になりやすいので、
子供の体力、機嫌にあわせてたくさん、小休憩しましょう。


 僕も疲労しながらようやっと、二の鎖下まで到着しました。

ぐずる女の子もなだめすかされながら、到着できました。


表参道コースと合流する二の鎖下。

子供たちは階段に腰かけてぐったりしてました。

でも、ここから先、山頂までの600mが石鎚登山の本番、ゲームで例えるなら、最後の攻撃、です。

高低差60mオーバーの鎖場が連続するし、迂回路も、切り立った崖に設けられた階段が連続し、
足を滑らせたら一巻の終り、足がすくむような場所しかありません。

休憩できる場所も限られているので、給水も間食もまとめてしておきます。


さて、石鎚山山頂付近はここ数年でトイレなど、設備が大きく更新されました。

石鎚山そのものをご神体とする石鎚神社を中心に、西条市、久万高原町などが参加、
特に問題だった、事実上、垂れ流しだったトイレは、環境配慮型に生まれ変わりました。

 鳥居をくぐり、石段を登った先に新しいトイレができました。

 左側が、営業していない二の鎖小屋。

 右側が、環境配慮型トイレです。

 左は休憩所入り口、右がトイレの入口。


トイレ利用はチップ制になっていて、入口横に、チップを入れるボックスがあります。

チップ=協力金によって、日常清掃や保守点検などが行われています。

協力金クーポン券をロープウェイ乗り場や頂上山荘、土小屋売店、道の駅などで購入するか、
100円以上の現金をボックスに投入します。


休憩所は、無人小屋として宿泊利用も可能で、施設利用協力金として500円以上を、
休憩の方は、お気持ちで!ってことになっています。

側面にハシゴがあり、厳冬期、積雪したときでも小屋の中に出入りできるようになっています。

宿泊はできるけど、決して広くはありません。

アテにして来てみたら、すでに先客でいっぱい、結局、野宿か有料で山頂小屋に宿泊ってことになりかねません。

ご注意を。


さて、「ここからが本番なので、充分、休憩した方がいいですよ」とお母さんにアドバイスしたので、
ヤッホーの子供たちみんな、小屋の前の日陰で休憩してました。

でも、じっとしてられないのが子供ってもんで、石垣の上に立ったりして、大人をハラハラさせてました。

ぐずってた女の子も一緒になってうろうろしてました。

まぁ、逆に、動ける状態ってことは、元気がまだまだ残ってるわけで、安心ちゃ、安心です。


 残念ながら、雲との競争には負けてしまいました。

 負けが確定したので、迂回路をゆっくり上がります。

 小屋を見下ろして。


鉄製の階段とグレーチング状ですけすけの鉄網の通路の迂回路。

ストックは穴に刺さったりして危ないので、二の鎖下を出発する前に仕舞っておきましょう。

と云うか、僕も階段まで来て思い出して、慌てて仕舞ったんだけどね。

 丸太の階段も結構あります。

 一息付ける、踊り場のような場所。
見上げれば、弥山山頂は指呼の先、最高峰天狗岳も見上げればそこに。

丸太に腰を下ろして休んでいたら、復活したヤッホーの子供たちが元気に追い越して行きました。

そこから少し登ると、

面河渓からの登山道と二ノ森縦走路がひとつになった道が、右から合流してくるポイントです。


面河・二ノ森方面の道標が新しくなっていました。

その分岐からわずかで、三の鎖下になります。

 三の鎖小屋もリニューアル。

 ここにあった垂れ流しトイレは撤去され、基礎だけが残ってました。
あの香ばしい匂いは、もう、していません。


北側斜面に表土が大きく剥離した場所があるのが見えました。

面河・二ノ森方面の登山道の直上っぽい場所です。

あの辺は、数年前の春先、残雪期に、女性が滑落して亡くなった辺りじゃなかったっけ?

登山道周辺も表土ががっさりと落ちる可能性が無きにしも非ず。

安心はできませんね。

ま、地面ごと落ちたら、人間なんてどうしようもないけど。


登って、登って、また、登って。

 さっきの崩落地点、まぁまぁ、剥げてますね。

曇ってるし、景色見る元気もなく、足下だけ注意して、とぼとぼと階段を上がりました。

ついには足に身が入って、ふくらはぎがパンパンになってしまいました。

ダメだなぁ、すっかり、体力、脚力、落ちてるなぁと、幻滅に幻滅を重ねながら、階段を登り詰め、
 ついに山頂直下の最終コーナー、到着。 


視界が開け、二ノ森、西ノ冠岳、おもごの山並みが現れました。

朝、拡がっていた見事な夏空が、白い雲で満たされようとしていました。

 頂上山荘横の石段を登れば、
 弥山山頂に到着です!

バンザ~~~~~イッ!

心の中で、大きく万歳。


コースタイムの2時間半と同タイムで山頂に立てました。


 1982mと記された山頂標。
でも、正確には、ここは弥山の山頂、1972m。


ホントの山頂、最高峰・天狗岳はガスに包まれようとしていました。

今日は天狗岳には行きませんでした。

このお天気じゃ、見晴らしも期待できないから。

 弥山山頂には石鎚神社の奥宮・頂上社があります。

今回、頂上まで足を運びたくなったのは、実は、頂上社で御朱印をいただきたかったからです。

ここ数年、御朱印をいただくのが旅の楽しみのひとつになっていて、
石鎚神社は、麓の口之宮本社、中宮成就社、土小屋遙拝殿の3つはすでにいただき、
残すは頂上社だけとなっていました。

ザックから御朱印帳を取り出し、頂上社真横の授与所へ。

石鎚神社四社、コンプリートです。

 山頂の磐座もリニューアル。

 2礼2拍手1礼、帰りも無事、下山できますように。


三の鎖。


頂上社下の広場でお昼しました。

 ヤッホーの子供たちは、頂上山荘でカップヌードルを買ってお昼に。
道中では、カレー食べるって云ってたけど。

で、食後はわいわいがやがや、終いには兄妹げんかして、あのぐずってたおチビちゃん、泣かされてました。

おいおい、お山で女の子泣かすと、天狗が怒って雨降らすぞ!



山頂は、雲が湧いたり、一瞬晴れたり。

天狗岳まで行く人も少なくなかったです。

プラカード掲げて記念撮影する人も雲間から見えました。

パノラマもちょっとの間、楽しめました。


ふと見上げると、雲の奥に、積乱雲が盛り上がる姿がチラ見できました。

雨が来る…。

スマホを取り出し、雨雲レーダーアプリで雨チェック。

赤や黄色で表現された強雨エリアが西から近づいてきていました。

1時間以内には石鎚山も雨になりそうでした。

知ってか知らずか、ヤッホーの子供たちは先に下山して行きました。

僕も予定を切り上げて、遅れること20分ほど後、雨粒が落ちてきたので下山しました。


二ノ鎖下に到着する前に雨が落ちてきました。

でも、通り雨ほど激しくなく、頭上の木が傘になってくれて、カッパを着るほどでもありませんでした。

二ノ鎖下もほぼスルーして下山。

東陵分岐の休憩所までノンストップで下山しました。

ベンチに着いた頃にはもう、雨も止んでいました。


途中、石鎚講の白装束姿の高齢の女性二人とすれ違いました。

先頭の女性は、背丈ほどの箱を背負っていました。

御幣かなにか、入っていたのかな?

山頂山荘に宿泊し、朝、頂上社でお祓いしてもらうのでしょう。


そのほかにも軽装な登山者とすれ違いました。

日帰り登山なら、ちょっとぎりぎりかも、石鎚スカイラインの閉門までに下山できればいいけど。


東陵分岐の休憩所で休んでいたら、あの黄色いヤッホーが聞こえてきました。

どうやら追いついたみたい。


日当たり良好すぎの急坂で追い越しました。

が、ちょうどそのとき、ゴロゴロ~ンと西の雲間から雷鳴が響いてきました。

お山で遭遇するカミナリは地上とはまた異なる危険があります。

子供たちも急いで下山して欲しいけど、走れば逆に転倒などして逆に危ないし。

と云うか、山頂でお兄ちゃんが妹泣かすから天狗が雨を降らせたんだぞ!


 ゴロゴロ、空が鳴る中、無事、登山口まで戻ってこられました。

土小屋遙拝殿に感謝のお詣りしました。


駐車場の端にある白石ロッジ売店前の自販機でコカコーラを買い、のどを潤し、リフレッシュしました。

東屋で休んでると、ヤッホーの子供たちも無事下山。

雨が降る前に下山できてヨカッタですね、とお母さんたちと登山の無事を喜び合いました。

やがて、下山してきた人々は次々とマイカーで下界へと返って行きました。

香川ナンバーや鳥取ナンバーのクルマも下って行きました。

ヤッホーの子供たちは愛媛ナンバーのワンボックスで、リーダー役のお母さんが運転して帰って行きました。


僕は東屋で、スクーターと一緒に雨宿り。

雨雲レーダーアプリで強い雨が近づいているのを見ていたからです。

30分も待てば通過しそうな雰囲気でしたから、ゆっくりしてから下ることにしました。

スクーターにカッパは積んでいたけど、汗で濡れた服の上に着たくなかったし。


ちなみに、このとき、小田の獅子越え峠では、短時間に100mmの大雨が記録されたり、
日本各所でゲリラ豪雨が観測されていました。

面河まで真っ赤に表示された雨が来ていたのですが、土小屋はそんなには降りませんでした。

霧雨くらいになったところで、僕も土小屋を離れました。



駐車場から見えた石鎚山。

 山頂はこのあとすぐ、雲にまかれ、見えなくなってしまいました。


帰路は、川内のさくらの湯に入浴するため、黒森峠越えして帰りました。

面河ダム周辺はアスファルトも乾いていて、雨は、馬の背を分けるほどピンポイントで降っていたようでした。


あ、黒森峠は2カ所で道路工事してて、1時間に10分だけ通れる時間制通行止めを実施中。

僕は、工事が終わった夕方5時頃、通ったので問題なかったけど、
工事のある平日に黒森峠を通って帰る予定の方は、要注意です。


と云うわけで、2年ぶりの石鎚登山、終了でした。


最後に。

石鎚山は小さいお子さんでも登ることができます。

でも、水や間食は背負っても苦にならないくらいは用意しましょう。

ノドが渇いたと思う前に給水し、ぐずる前に休息はこまめにとりましょう。

夏山は天候が急変しやすいです。

石鎚山は特に雲が湧きやすいので、雨具の用意も必要でしょう。

土小屋コースは、閉門時間を、
成就表参道コースは、登山ロープウェイの最終時間を、
それぞれ気にしながらの登山となります。

登りは、2時間半から3時間の長丁場となりますので、いろいろ心してお出かけ下さい。

関連記事
00:58:43 | コメント(回答)(0) | page top↑
2年ぶりの石鎚山へ 1
2017 / 08 / 04 ( Fri )
7月末、石鎚山に登ってきました。

ここ数年、毎年登ってきた石鎚山、でも去年はついにお山歩できず、この夏やっと、頂を踏むことができました。

土小屋ルートで登りました。


朝5時に起床し、前日まとめておいた荷物を背負い、スクーターにまたがり、
熱帯夜の余韻が残る街を後に、ひとまず、三坂峠へ向かいました。

松山の空は青空に雲が散らかった、今日も暑くなりそうな夏空をしていました。


現在、国道33号線は三坂道路開通以降、峠越えの道ではなくなってしまいました。

でも、三坂道路は自動車専用道、50CC原付は通行不可です。

昔ながらにちんたらと峠越えを強いられます。

三坂道路、通れたら、久万まであっという間なんだけどね。

法定最高速度が時速30kmな原付がいたら、折角のバイパス効果が半減するかも、ってことくらい理解できるけど、
現実的には50kmまでスピードを出そうと思えば出せるエンジンなので、
自動車専用道区間だけ、最高速度を50kmまでOKにして通行可能にしてもらえないかな…、と夢想しながらの峠越えです。


 久万の町は霧の中に沈んでいました。

雲海に突っ込んでいく飛行機みたいに、下り坂を久万の町に向かって下って行きました。

経験上、下界の天気がいい朝ほど、久万の町が霧に覆われていたことが多かったので、
まるで雲の中を走っていても、天候に関して不安になるようなことはありませんでした。

大抵、旧面河村辺りでいつも雲海を抜け、青空と再会できたからです。

だからみなさんも、朝、久万の町でガスに巻かれても、あきらめたり、不安がるのはまだ早いです。


湿った空気は冷たく、下界の夏仕様な格好じゃ肌寒い。

石鎚山山頂の気温にあわせた服装だったけど、涼しい風が当たり続けてると、風邪を引きそうなくらい。

その一方で、熱帯夜で寝苦しい日々を過ごす下界の身には、エアコン入らずがなんとも羨ましい久万の町でした。


コンビニでお弁当と朝食のおにぎりを買った後は一気に、石鎚スカイラインまでノンストップ。


 石鎚スカイラインの入口、関門に立つ大鳥居。

あ、そうそう。

石鎚スカイラインの方へ左折する角、関門橋のたもとに建ってた、
 「面河観光センター」が無くなってました。

もうだいぶ前から営業はしてなかったけど、ランドマーク的建物だったので、無いなら無いでちょっと淋しい気持ち。


夏の石鎚スカイラインは、朝7時から夕方8時まで通行可能です。

夜間通行止め時間中はゲートが閉まっちゃうので、入山・下山時間は注意が必要です。

また、雨量が40mm、もしくは連続雨量200mmの降雨が観測された場合も通行止めとなります。


関門~土小屋間は約17.1km。

途中、短いながら下る区間があるけど、ほぼほぼ、上り傾斜。


この日最初に見えた石鎚山と、二ノ森・堂ヶ森に至る山並み。

 石鎚山山頂。


天狗岳・南尖峰、弥山山頂の石鎚神社頂上社。

鞍瀬ノ頭から二ノ森を経て石鎚山へ連なる山嶺のパノラマ。

 二ノ森山頂。

いいお天気です。


 関門から13.1km地点にある長尾尾根展望台。

 展望台からのパノラマ。

 ここから見る石鎚山は三角錐、ピラミダルに尖った姿。

今年は雨不足で水量が心配だったけど、
 「御来光の滝」を遠望することもできました。


土小屋ルートが通る石鎚山東稜線。


今年、中古だけどスクーターを買い換えました。

おかげで、前来たときより十数分も早く、土小屋に到着できました。


月曜日だったからか、駐車場はがらっと空いてました。

 ターミナル中央にある土小屋の碑。

 東屋と公衆トイレ前の空きスペースに駐車。

神社前の駐車場は空きもあるくらいで、今日は静かなお山歩が楽しめそう。


とっとと支度を調え、お山歩開始です。


まずは、石鎚神社土小屋遙拝社に参詣し、神様に入山の挨拶をいたします。


拝殿入り口に、入山者のための善人杖がたくさん用意してありました。

 2礼2拍手1礼、安全登山をお願いします。

 拝殿の横を通って、

石鎚山土小屋登山口へ。

ついに、念願の石鎚登山スタートです。

登山口ではなぜか、結界の中に踏み込むような心持ちになるのは僕だけでしょうか?

 登山口すぐは、木陰で薄暗い登山道。
下界は雨が少ないけど、石鎚周辺はスポット的な夕立が結構、発生するので、路面は湿っています。

そんなぬかるみを避けながら、両手ストックでひょこひょこ歩きます。

ここ数年、ちゃんとしたお山歩はしてこなかったので、どことなく、歩き方がぎこちない…。

早足にならないよう、大股にならないよう、どかどか地面を踏みつけないよう、
正しい歩き方を思い出しながら、しばし、一歩一歩、大切に歩きました。



枝葉の額縁越しに瓶ヶ森が見えます。

背後に湧きだした雲が気になる…。

夏の石鎚山は朝晴れていても、お昼には雲に覆われることが多々あります。

一日中、晴れているのは、春先は秋の頃。

夏の石鎚は、雲の山。

よくまぁ曇るので、できるだけ早く山頂に立ちたいのですが、いまの体力・持久力じゃ、急いでも疲労するだけ。

晴れた山頂に立ちたければ、一刻も早く、登山口を出発することが、一番の早道だったりします。

 よく整備された登山道。

 急傾斜地も安心です。

「ヤッホーーーーー!」

道の先から子供の楽しげな黄色い声が聞こえてきました。

夏休みに入ったばかりだし、親子登山かな。

石鎚山は西日本最高峰だけど、幼稚園児だって頑張れば登れるお山です。


最初の休憩地に到着。

エアコンが効いた部屋のように圧倒的に涼しいのに、久しぶりの登山で汗びっしょり。

ザックの中の2リットルのアクエリアスを、ハイドレーション・チューブでごくごく吸引。


この休憩所からしばらく、西側が開け、目指す石鎚山頂も視界の中に。

心拍数が落ち着いたら、再出発。

 しばらく、日陰のない急坂が続きます。

土小屋ルートで一番の踏ん張りどころです。

見晴らしを楽しみつつ、一段一段、焦らず、歩みを進めます。

風でもあれば気持ちがいい場所なんだけど、夏は直射日光にあぶられるから、汗タラタラになって登りました。

途中、坂の上に向かってカメラを構えている女性の横を通り過ぎました。

レンズの先には、さっきから何度も聞こえてるヤッホーの正体、数人の子供たちが手を振っていました。

 再び、休憩所へ。

ヤッホーの子供たちがお母さんらと休憩中でした。

黄色い声だったので、幼いだろうことは分かってたけど、思ったよりちびっ子でした。

後で分かったのですが、幼稚園年長の女の子3人、ちょっと大きいお兄ちゃんは小2。

「こんにちは」と声を掛けると、「こんにちは」とめっちゃ元気なお返事。

その元気が山頂まで保つといいけど、心の中で思ったり。

再び、太陽燦燦の急坂パート2へ。

急坂は休憩地をはさんで2部構成です。

えっちらおっちら、高度稼ぎの坂を登り終え、
 峠のような場所へ。

 下り階段、尾根の反対側へ導かれます。

 気持ちのいい木陰が続きます。
おまけに、傾斜も緩やかで助かります。

 ああ、山頂後ろに雲がもくもくと…。

 山頂にもうっすらガスが…。
今日の雲は足が早そうだ。


 東陵分岐にある休憩地。

距離的には、土小屋ルートの3分の2くらい、来た場所にありますが、体感的には、本番はこれから。

ザックから、2割引シールが貼られた塩大福を取り出し、間食タイム。

塩大福、美味しかったけど、どちらかと云えば喉が渇く系な食べ物だったので、食べづらかったなぁ。


自然解説板の後ろに、ヤマアジサイがたくさん咲いていました。

撮ってると、ヤッホーの子供たちが追いついて、でも、子供ら自ら休憩パスして先に行ってしまいました。

ベンチ、当分無いのに、大丈夫かな?

僕は充分に休憩を取って出発しました。

 東陵分岐からずっと日陰・木陰の道。

 天狗岳直下の急傾斜地をゆるゆると高度を稼いで行きます。


整備用の丸太が積んであるところもありました。

いつかのときのために、一本一本、背負い、担いで運び込まれた丸太です。

足下の木道も、地形に合わせて丸太を一本一本、加工し、設置されたものです。

ヤッホーの子供たちすら安全に石鎚山に登れるのは、全然、当たり前なんかじゃないんです。

親子登山される方は、近くの花や遠くの景色ばかりじゃなく、足下のことも話題にして欲しいなぁ。

当たり前は当たり前じゃないって。


 柔らかいスカートの裾の細かいひだのような小さな谷が連続、
地形に沿って巻く木道を進みます。

急坂ではないけど、常に登り勾配なので、疲れもたまります。



落石注意ゾーン、さっさと通過します。

通過後、ちょっと気になり、落石ゾーンを見下ろせるカーブで立ち止まっていると、
案の定、ヤッホーの子供たちが見晴らしがいい場所だからと崖下で記念写真を撮り始めました。

そこで立ち止まらないで、と声をかけようか迷ってるうちにまた歩き始めてくれたけど、ハラハラしました。

お母さんたちは、先を歩く子供の背中が見えなくなると「ストップ! ストップ!」と必ず声を掛けてたくらい、
単独行動にならないよう、子供の動向には気を払っていたので、その点は安心でした。

過去、足の遅い親を後に、先行した子供が結果的に単独行となって遭難する事例が多々あります。

合流するはずだった山頂に子供の姿はなく、実は途中で滑落していて、親は気づかず現場を通り過ぎていた、
そんな遭難事例が、それは石鎚山での話じゃないけど、ありました。

お山では、パートナー、メンバーみんな一緒に行動するのが基本です。

ましてや、小さな子供からは目を離さないのは、下界と一緒です。

ただ、下界には落石注意なところはそうそう、ありません。

上から落ちてくるのは、洗濯物か、カラスの糞くらい。

お山は気をつけて欲しい、危険な場所だらけだけど、落石注意看板がある場所くらいは素直に気をつけて欲しいです。

立ち止まって写真なんか撮ってたら、落石一発で家族全滅、なんてこともあり得ます。

 落石注意な谷は、立木がなくて、こんな風に抜けがいいので、
立ち止まりたくなる気持ちは分かるけど、神経は崖側に向けてとっとと通過して下さい。


土小屋ルートは、東陵休憩地以降、天狗岳の切り立った東壁をずっと移動するので、
木々に覆われた部分でも、基本的には常に落石には注意すべきだけど、

 分かりやすい落石ゾーンはもう一カ所あります。

また立ち止まって記念写真やられたら危ないので、ゾーン手前で立ち止まり、
 蝶を撮るフリして、一団が通り過ぎるのを見守りました。

今回は記念写真無しで通過してくれ、ほっとしました。


つづく。

関連記事
00:04:58 | コメント(回答)(0) | page top↑
最新記事