2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
いつの間にか開通してた、石手寺~伊佐爾神社の裏道 2
2014 / 01 / 12 ( Sun )
前回の「いつの間にか開通してた、石手寺~伊佐爾神社の裏道」つづき、
書いたんだけど、「下書き」にしたまま、「公開」し忘れてました (^^ゞ


 遍路橋南から。
城下町を見守り続ける巨大なお大師さんの像が目印の石手寺。
新しい道は、お大師さんのおわすお山の左側の谷から、石手寺さんの裏山の裏にあります。


石手寺正面の丁字路交差点を右へ曲がり、
 郵便局の先の、
 石灯籠がある丁字路を左へ。

石の鳥居をくぐると正面の丘の上に、お大師さんが、どん!
 突き当たりの大山積神社前を左折。
 ひとまず、「道後村めぐり」の第11番「風土記の丘」目指し
 石手寺の本坊裏の通りを進みます。
 石手寺の裏口。

平日午後もお線香の煙が絶えない境内は、今回はパスし、
 坂道を登ります。
左は石手寺の裏山、右はお大師さんのおわすお山、左右のお山にはミニお四国も点在。
墓地がある谷間を登っていくと、
 石手寺の洞窟マントラの裏口。

相変わらず、真っ暗ですが、子どもの頃からよく来てるから、怖さゼロ。
もちっと登ると、
 石手幼稚園。
 その手前に
 道後村巡り「風土記の丘」スタンプ台。
幼稚園のちょこっと先、石手寺さん、またなんか作ってます。
 巨大なヤカンみたいな、
 変なものができてました。
88ヶ所ビジネスは相当、儲かるんですねぇ (^^ゞ
石手寺の裏は一貫性のない建物やオブジェが作られては朽ちてます。

 さあ、ここからが新しい道です。
以前、ここは右に曲がるカーブになっていました。
直進部分が、新しくできた道です。
 当時の名残。
前は道後村めぐりやお遍路さんが歩く遊歩道・遍路道だけ、徒歩のみがまっすぐ進めたんですが、
歩道も備えた、すっかり、いい道になってます。

石手寺裏山の山頂へ、境内へ行ける道の入口。
歩道を自転車を押し押し登って峠部分へ。

石手寺側は昔からあった畑が道の両側に残ってます。

 道路に分断された畑。
 道後側へ。
 以前はここが行き止まりでした。
ちょっと急な坂を下ると、

昔、武道館があった平らな場所、道後姫塚のテニスコートんとこに出ます。
 テニスコート沿いに下った丁字路は、
左はユースホステル、つかさビューホテル方面、右は道後駅に下る急坂と
 伊佐爾神社の裏へ。

いつの間にか開通してた石手寺裏の道でした。

クルマ的にはずっと1.5車線、国道に出る部分も狭いし、
撮影当時もタクシーが何台か通ったくらいで、裏道・抜け道って感じかな。

ちょっと負荷のかかるお散歩を楽しみたい人にはいいコースです。
交通量少ないから安全だし、エスケープルートも多彩。

そうそう、石手寺裏山山頂にも久しぶりに寄り道してきました。
火災で焼失した宝厳寺も覗いてきましたが、それはまた別の回で。
関連記事

15:50:13 | コメント(回答)(1) | page top↑
ダイオウイカのメス、確保っ (*^o^*)<<古い方< 最新記事 >新しい方>>雑誌『TRAMPIN'』に寄稿しました
コメント
--石手寺裏山--

年明けに僕も行きましたよ!
街中ながらお山気分が味わえて良いですよね!
武道館があの場所にあったんですね、びっくりです。
by: KUR * 2014/02/06 01:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

ダイオウイカのメス、確保っ (*^o^*)<<古い方< 最新記事 >新しい方>>雑誌『TRAMPIN'』に寄稿しました