2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
スマホやタブレットに内蔵のコンパスが狂ったときの直し方
2013 / 12 / 26 ( Thu )
仕事で長いことクルマ移動してるときなんか、タブレットのnexus7を起動して、
地図アプリを見ながら、刻々と移動する現在地表示を見て楽しんだり、
○○山はこっちかぁと地図を車窓の景色を見比べたりすることがよくあります。

でも、内蔵のコンパスがずれてることがよくあって、
新居浜辺を高松の方へ向かってるのに、画面上の進行方向が北を指していたり、
これじゃ、お山では使えないなぁ、と思うことがよくあります。

ネット検索してみると、スマホ、タブレット問わず、
コンパスが狂った、狂ってたってことはよくあるみたいです。

内蔵電子コンパスは、地磁気センサーと云って、電子部品のひとつですから、
持ち歩いてる間の衝撃や磁気を持っているものに反応して狂ったりしてしまうようです。

さて、その狂ったセンサーを直す方法、みなさんご存じですか?

販売店や電気屋さんに持ち込む必要はありません (^^ゞ

携帯電話を手に持ち、10秒程度、8の字を書くように振るだけです。

 Android用いつもNAVI向け Q&Aから
iPhone でも一緒です。

これは「8の字キャリブレーション」と呼ばれる動作です。

でも、これにはちょっと、あるコツがあります。

それは、8の字に回すとき、手首をぐねんぐねん回して、
手に持った機器が上下左右、表裏、東西南北、3D回転させてやること。

意味が分からない人のために、動画も載せておきますね。



なお、磁石でパチンと留めたりできるタイプのカバーを使っていると、
カバーの磁石と電子コンパスが干渉してずれちゃうこともあります。

ここ一番で使いたいときは、カバーを外した状態で確認した方がいいかもです。

でも、狂うのが分かっているようなものは登山じゃ命にかかわるので、
コンパスはちゃんと専用の方位磁石を使うべきで、
僕はそれプラス、コンパス内蔵の腕時計(Protreck)も使って方角を常に把握しています。

方位磁石落としちゃって、スマホやタブレットが命綱って場合もあるかもしれません。

その場合、狂ってるかもしれないセンサーのせいで、道に迷う可能性があるので、
まずは落ち着いて、8の字やって、方角を確認、ということが必要でしょう。
関連記事

14:53:20 | コメント(回答)(0) | page top↑
身近な遭難から学ぶあんぜん登山 5<<古い方< 最新記事 >新しい方>>謹賀新年
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

身近な遭難から学ぶあんぜん登山 5<<古い方< 最新記事 >新しい方>>謹賀新年