2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
雑誌『TRAMPIN'』に寄稿しました
2014 / 01 / 13 ( Mon )
山歩きの雑誌
= トランピン
愛読者さんもいらっしゃるかもしれませんが、

この1月9日に発売された、
 TRAMPIN' vol.16―Hiking & Backpacking

その、特集「山の基本Q&A100」、
Q09 地元ハイカーおすすめの日帰り名山を知りたい!」、

四国んとこに僕のおすすめが載ってます。

(^_^)テヘペロ


先月のいま頃、トランピン編集部からメールが来まして。

「突然のメールで申し訳ありません」

大体のメールは突然来るんで、唐突なのは内容の方だったりしますが。
みなみなみんなさまのメールも毎回、ドキドキハラハラ、読ませてもらっています (^^ゞ

「山歩きの雑誌を出しています、トランピン編集部の○○と申します。」

なになに? と、とらんぴん? とな。

んな雑誌の編集部から一体、なによ~、
おいらの文才を見抜いて、ライターに迎えたいってか、なんて、微塵もミジンコも思いもせず、
メールを読んでみると、

“次号の企画で、地元ハイカーが進める日帰り名山って云うのをやるので、
 四国のお勧めの山を教えて欲しい”

ってなお願いでした。

ローカルお山歩しかしてないおいら、偉そうに“おすすめ”しちゃっていいのかな。

ぷち逡巡しつつも、無下に断る理由もなかったので、
提示された条件に合わせて3座、紹介文を添えて返信しました。

おすすめしたのは、以下の3座。

旧別子銅山石鎚山皿ヶ嶺

でもね、ちょっち、勘違いしてて、(四国は)僕だけじゃないだろうと思って、
“ウチは愛媛の松山中心なので”と断った上で返信したんですが、
結果、四国んとこに載ってるのは僕だけ、愛媛のお山ばっかり… (^^ゞ

香川、徳島、高知のみなさま、ごめんなさい m(_ _)m

眉山とか、剣山とか、屋島とか、天狗高原とか、無視したわけじゃないのよさ。

それに、登ったことがあるお山ん中からたった3つに絞るのだって、相当、難産でした。

みなさんも、おすすめは?って訊かれて、即答できます?

四国じゃなく愛媛、それも僕のお得意の松山近辺ってくくりだったら、
淡路ヶ峠とか、御幸寺山とか、個人的には入れたかったです。

やっぱり、一山に絞りきるのは難しかったので、
石鎚山じゃなく「石鎚山系」、皿ヶ嶺じゃなく「皿ヶ嶺連峰」でお願いしたんですが、
採用してもらえませんでした。

イチオシの旧別子銅山の写真と解説を添付しました。

ちなみに、寄稿のお礼は見本として雑誌をいただきました。
あんな小さな記事で恐縮ですって感じです。

全体の4分の3を占める特集ページ「山の基本Q&A100」は、
お役立ち情報がいい感じでまとめてあります。

ぜひ、手にとって読んでみてくんなまし。
関連記事

00:05:55 | コメント(回答)(0) | page top↑
いつの間にか開通してた、石手寺~伊佐爾神社の裏道 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>「紅白歌合戦 イカ大王を探せクイズ 」 結果発表っ!
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

いつの間にか開通してた、石手寺~伊佐爾神社の裏道 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>「紅白歌合戦 イカ大王を探せクイズ 」 結果発表っ!