2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
凍った滝を見に行こう! 白糸の滝編 2 白糸の滝
2014 / 02 / 15 ( Sat )
僕のお疲れデジカメがフラッシュなしで撮れるギリギリの明るさのうちに到着できました。

と云うことで、白糸の滝でも珍しく大きな写真で。

白猪の滝に比べ、氷結具合は少ないようでした。
でも、標高的には白糸の滝と白猪の滝はさほど変わりがありません。
立地的に白猪の滝の方が奥地にあり、平野の気温に左右されることが少ないから、よく凍っているのでしょう。

滝壺の様子、雪まみれ、氷まみれです。

滝を正面から撮ろうと、その滝壺の方へ入ってみようとしましたが、
やはり、雪は柔らかく、すぐにあのつぼ足状態になってしまったので、引き返しました。

 ぎりぎり正面からパチリ。

その滝壺周辺ですが、飛沫が凍り付き、様々に面白き表情を見せていました。
 滝壺に向かえる雪の先に
 滝に向かって成長する”逆つらら”、氷筍の種。
 岩を覆う氷の鎧。
 滝の脇で成長するつららのカーテン。
 つららん♪
 つららん、らん♪

 横から。

 滝の落ち口。
さらに凍ってます。

 写真もいっぱい撮って大満足。
凍った白糸の滝を見られたのはこれで2度目。

僕は、駐車場も整備されて観光地っぽい白猪の滝より、
いつ来てもひっそりとしてひとりきりで楽しめる、この白糸の滝が好きです。

 ベンチセットのテーブルの上には、
 ラブラブな雪だるまが (^^;)チュッ

 ゴジラのトゲトゲ背中みたいな雪。


と云うわけで、凍った白糸の滝を充分堪能し、足下注意で帰路につきました。

 凍った水面。
水面に張った氷の裏を水が通る度にできる、まるで生き物みたいな影が面白かったので、
 動画を撮ってみました。
暗くなりかけの状況でデジカメで撮ったので、写りは悪いです <(_ _)>

 ひとつ目の橋の下でも動画を撮りました。

氷が脈打って生きてるみたいでしょ (^_^)

転ぶことなく、帰ってこられました。

帰り道、細かな雪が降ってきました。
東京など関東では大雪になった雪ですが、松山は夜半には雨になりました。
寒さ的にはもう峠を越えたようです。
凍った滝も見納め、と云うところでしょうか。


以上、凍った白猪の滝、白糸の滝を見に行ったよ、終わりです。

冬の滝見物は、くれぐれも軽アイゼンなど滑り止めを用意してお出かけ下さい。

あ、滝からの帰り、モンベル・ストアまで脚を伸ばし、軽アイゼンを見に行きました。
僕の持ってるような4本爪の簡易軽アイゼンは2000円。
固定ベルトがラチェットのヤツが欲しいんだけど、6本爪のは5700円。
買おうかなぁ (^_^)
関連記事

15:02:29 | コメント(回答)(0) | page top↑
凍った滝を見に行こう! 白糸の滝編 1 アクセス<<古い方< 最新記事 >新しい方>>元気だったよ、剣山のクマの親子 (^(ェ)^)
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

凍った滝を見に行こう! 白糸の滝編 1 アクセス<<古い方< 最新記事 >新しい方>>元気だったよ、剣山のクマの親子 (^(ェ)^)