2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
久万の山岳救助隊
2014 / 02 / 28 ( Fri )
このところ、桜三里とか水ヶ峠とか越えてく機会がちょくちょくあるんですが、
路肩にこの前降った大雪がいまだに溶け残ってたり、
森に目をこらすと地肌が雪で白くなっていたり、
そんなに標高高くない場所なのに残雪だらけ。

石鎚スキー場のゲレンデで積雪1メートルだから、
石鎚山頂なんか、とんでもないことになってるんだろうなぁ。

(石鎚山に)今年の春は来るのが遅いかも。

雪崩とかも、ホント、気をつけないと、です。


さて、今回は、久万高原署の「山岳警備救助隊」のお話です。

去年の秋、皿ヶ嶺で偶然出会いました。

 訓練中!

毎日新聞から、

あい仲間:久万高原署・山岳警備救助隊 何があっても、いち早く現場へ /愛媛

 久万高原署の「山岳警備救助隊」は主に西日本最高峰の石鎚山(標高1982メートル)で、遭難者らの救助などに取り組んでいる。
30〜50代の署員7人で構成され、所属部署は刑事課、交通課、駐在所などさまざまだ。

 2009年4月から隊長を務めるのがメンバー最年長の宮地恵津男警部補(58)=川瀬駐在所。
旧三島署(現四国中央署)川滝駐在所に勤務していた1996年、「山の救助に生きる」と思って地元の山岳クラブに入会した。
山について学び、岩場など危険な場所での救助活動もできるようになったという。
07年から同隊に入った。

 最近の出動は昨年10月ごろ。
石鎚山の約1700メートル地点で女性が滑落する事故があり、同隊は約3時間かけて現場に到着した。
足を骨折した女性をヘリコプターが着陸できる地点まで運んだという。

 メンバーで登山経験者だったのは、宮地さんの他には1人だけ。
隊として夏冬1回ずつ石鎚山で泊まりがけの訓練を行うほか、各自が休日などに登山経験を積む。
宮地隊長もほとんどの休日で、山に登ってザイル(ロープ)やピッケルを使う訓練をこなしている。

 宮地隊長は昨年5月、担架に車のシートベルトを取り付けて背負って運べるようにした装備を開発。
山岳救助で担架を運ぶ人の腕の負担を減らしたもので、昨年10月の「警察装備資機材開発改善コンクール」で最高賞の警察庁長官賞を受賞した。
「日々訓練し、何かあればに早く駆けつけたい」
を信条に活動を続ける。


皿ヶ嶺で会ったのが9月だったから、
あのとき拝見した訓練も翌10月に起きた事故で早速役に立ったのかな。

ロープワークとか、ソリ搬出の仕方とか、ひとりの人がみんなに教えてるって感じで、
第一印象は、あれ? 救助のプロの集団じゃないのかな? でした。

消防署のレスキュー隊員さんが山岳救助の方法を学びに来てるのかな? と思ったりしてたんですが、
やっぱ、現メンバーで登山経験者だったのはふたりだけだったんですね。

それと、あのソリ搬出訓練で使われてたのも警察庁長官賞を受賞した装備だったんかなぁ。

ちなみに、警察庁長官賞を受賞したときの記事も載せておきます。
読売新聞から、

現場の声結集  最高賞/不思議現象 守りたい

◇山岳救助の輸送装備開発
川瀬駐在所警部補   宮地恵津男さん 58


 西日本最高峰の石鎚山を抱える久万高原署の山岳警備救助隊の一人。
担架に車のシートベルトを取り付け、担架ごと背負えるようにした装備を開発。
昨年10月に開かれた「第30回警察装備資機材開発改善コンクール」で最高賞の警察庁長官賞を受賞した。
「現場を重視して取り組む姿勢が評価してもらえた」
と喜ぶ。

 旧三島署川滝駐在所に勤務していた1997年、テレビ番組で地元のフリークライミングクラブの存在を知って入会した。
クラブで培った登山経験を買われ、赤石山系の難所・二ツ岳で救助作業に出動するようになった。

 久万高原署の川瀬駐在所に配属された2007年から、同署山岳警備救助隊で活動。
ベテラン隊員として若手ら6人を指揮する立場だ。
出品作のアイデアは、険しい山中での搬送作業に苦労する隊員の姿にひらめいた。
車のシートベルトを利用することで、強度と安定性を得た。

 審査では
「ありそうでなかった装備。現場の声が結集した作品だ」
とたたえられた。
県警からの出品が同賞に輝くのは24年ぶり。
この快挙に、県警は早くも製品化に向けて検討を始めた。
「高山のある全国の救助隊に普及してくれたら」
と期待している。

関連記事

00:07:59 | コメント(回答)(0) | page top↑
他人事じゃない、ヤマレコがハッキング被害<<古い方< 最新記事 >新しい方>>七折 梅まつり
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

他人事じゃない、ヤマレコがハッキング被害<<古い方< 最新記事 >新しい方>>七折 梅まつり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。