2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
遭難まとめ 4月6日~12日
2014 / 04 / 27 ( Sun )
春山シーズンを迎えても、高山は残雪深く、
テントもツェルトもない軽装での緊急ビバークは生死に関わります。

4月6日(日)

読売新聞から、

御嶽山で「動けない」52歳男性下山せず不明に

 6日夕、長野・岐阜県境の御嶽山(3067メートル)に単独で向かった静岡県長泉町の男性(52)が下山しないと、途中まで同行し先に下山した登山仲間の女性2人から長野県警木曽署に届け出があった。

 同署は7日、県警ヘリで捜索する一方、木曽地区山岳遭難防止対策協会メンバーとともに地上から山頂付近を捜索したが見つからず、同日の捜索を打ち切った。
天候が良ければ8日もヘリで捜索する。

 同署によると、3人は同じ山岳会に所属し、6日朝、日帰りの予定で王滝村から入山。
同日昼頃、体力的に困難と判断した女性2人が引き返した。
同署が午後6時前に「動けない」と聞き取ったのを最後に、男性の携帯電話は通じなくなった。


続報:産経新聞から、

御嶽山で静岡の男性死亡

 長野県警木曽署は9日、長野・岐阜県境の御嶽山(3067メートル)で6日から行方不明になっていた静岡県長泉町中、会社員、渡辺浩志さん(52)を県警ヘリコプターで収容し、死亡を確認した。

 木曽署によると、山頂付近の登山道から約150メートル下の雪面にうつぶせで倒れていた。
渡辺さんは6日に仲間2人と日帰りの予定で入山。
途中で仲間と別れ1人で剣ケ峰方向に向かった後、連絡が取れなくなっていた。


御嶽山



中日新聞から、

遭難男性が無事下山 大野・荒島岳

 大野市の荒島岳(1523メートル)で六日昼に越前町の男性会社員(46)が遭難し、県警機動隊や市消防本部、地元の山岳会「荒島愛山会」の会員ら約四十人が捜索・救助に当たり同日深夜、無事下山した。
男性は雪の残る高山に一人で登っており、専門家は単独登山の危険性を指摘している。

 救助に同行した荒島愛山会の会員によると、男性の発見場所は登山道から大きく外れた急斜面。
頂上から下山直後に猛吹雪に襲われ、登山コースを外れたとみられている。

 4月とはいえ頂上付近には1メートルほどの積雪があり、ふもとでは雪が降る悪天候。
男性はアイゼンを履くなど冬山の装備は整えていたものの、会員は
「ベテランでも冬山の単独登山は危険」
と訴える。

 また早春は、急に濃霧に襲われることも珍しくない。
県防災ヘリコプターは今回、現場周辺で霧に包まれ空からの救助を断念。
夜の雪山を歩くしか救助の手だてがなかった。

 荒島愛山会の高松誠会長(62)は
「単独だと限界が分からない。自分の登山の技量を見極めることが大切」
と強調。
「登山中に2回怖いと思ったら、そこまでが自分の限界。引き返す勇気を持ってほしい」
と注意を促している。

 県内唯一の日本百名山に数えられる荒島岳は、年間約2万7千人が登る人気の名峰だが、県警によると過去10年間で14件の遭難事故が発生しうち5人が死亡、うち3人が冬山で命を落としている。


荒島岳



4月7日(月)

チューリップテレビから、

唐松岳で遭難か 長野の30歳男性と連絡取れず

 7日、黒部市の北アルプス・唐松岳付近へ日帰りでスノーボードをするために入山した長野県の30歳の男性が、夜になっても下山せず連絡が取れなくなっています。

 警察は、遭難の可能性があるとみて、8日朝から男性の捜索を始めました。

 7日午後9時40分ごろ、長野県白馬村のアルバイト従業員畔上尚己さん(30)が、日帰りの予定で入山した唐松岳付近から下山しないと、知人から黒部警察署に連絡がありました。

 畔上さんは、7日午前9時ごろに、白馬村の八方尾根のふもとから入山したあと、標高2696メートルの唐松岳の山頂付近まで登り、スノーボードで沢をくだって下山する予定でした。

 富山と長野の両県警は、遭難した可能性があるとみて8日朝からヘリコプターによる捜索をおこなっていますが、まだ、畔上さんは発見されていません。


唐松岳



4月8日(火)

西日本新聞から、

井原山で遭難、深夜救助 糸島の3学生

 8日午後7時10分ごろ、福岡、佐賀県境の脊振山系の井原山(983メートル)に登っていた福岡県糸島市の男子学生3人=いずれも(19)=から
「遭難して下山できない」
と佐賀県警に携帯電話で110番があった。
警察官10人が捜索し午後11時半ごろ、佐賀市富士町の中腹で発見し救助した。
3人にけがはなかった。

 佐賀署によると、3人は佐賀市三瀬村などをドライブし、午後4時ごろ、富士町の古場岳キャンプ場近くの登山口から登り始めた。
軽装で懐中電灯や食料は持っておらず
「暗くなって方向が分からなくなった」
と話したという。


井原山



4月12日(土)

毎日新聞から、

滑落:フェイスブックで男性救助 仙台・大東岳

 12日午前8時20分ごろ、仙台市太白区の大東岳(標高1366メートル)を登山中の男性が滑落し動けずにいるとの通報が宮城県警にあり、市消防ヘリが男性を同10時45分ごろ発見、救助した。
男性が携帯電話で交流サイトのフェイスブック(FB)に位置情報などを書き込み、それを読んだ東京都在住の知人男性が通報した。
県警仙台南署は
「FBがきっかけの救助要請は珍しい。救助につながり良かった」
と話している。

 同署によると、救助されたのは同市泉区の会社員、古川立人さん(55)。
胸の骨を折った疑いがあるが命に別条はないという。
11日午後3時ごろ、1泊2日の予定で1人で入山。
12日午前3時ごろ、
「大東岳付近で20メートルほど滑落し、緊急ビバーク。腰と足をやられて身動きできない。
明日まで回復しないようなら救援依頼する」
などの書き込みを、自分の写真や緯度、経度の情報とともに投稿した。

 国内外の知人から「心配です」「無理せず救助要請を」などと数十件のコメントが寄せられ、古川さんも
「体中激痛がありまだ動けない。情けなく涙が出る」
などと回答。
朝になって知人男性が県警に通報し、「ヘリが出動する」などと励ます書き込みを続けた。

 仙台管区気象台によると12日朝の仙台市の最低気温は2.3度。
同署によると、現場付近は一面に残雪があった。
救助後、古川さんは
「電波状況が不安定で電話できず、FBに書いた」
と説明したという。


大東岳

電話できないからって、なぜ、facebook経由?
facebookに書き込みできる環境なら、メール等で救助要請もすべきでは?
他人に不要な不安を抱かせる前に、まずは自分から。
自分の遭難もリア充ネタのひとつってこと?
意地悪い勘ぐりだと思われますか?


明日は我が身。
関連記事

14:45:03 | コメント(回答)(0) | page top↑
石鎚山で滑落遭難死亡事故 追記&登山道情報<<古い方< 最新記事 >新しい方>>遭難まとめ 4月17日~23日
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

石鎚山で滑落遭難死亡事故 追記&登山道情報<<古い方< 最新記事 >新しい方>>遭難まとめ 4月17日~23日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。