2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
今年のGW中の山岳遭難事故、ここ10年で最多
2014 / 05 / 19 ( Mon )
さきのGWはお山での事故が多かったですね。

石鎚山でも相次ぎました。

さきの冬が大雪だったからでしょう、
下界に春が訪れても高山地帯では残雪おびただしく、
さらにはひとたび、天候が悪化すれば冬に逆戻りする、危うい状況でした。

朝日新聞から、

GWの山岳遭難者、過去10年で最多 警察庁まとめ

 大型連休中(4月26日~5月6日)の山岳遭難者は全国で201人で、記録が残る2005年以降最多だったことがわかった。
警察庁が12日に発表した。
遭難者の約75%(152人)が40歳以上。
死者は22人に上り、担当者は
「体力と技量に見合った登山をしてほしい」
と話している。

 中高年の登山ブームを映し、遭難者のうち、世代別で最も多かったのが60代の55人。
40代の34人、50代の33人が続いた。
70代は19人、80代も11人いた。
22人の死因は滑落が15人(68%)と最も多く、転落(2人)、病気(同)、道迷い(同)、疲労(1人)が続いた。

 遭難の発生件数も155件で過去10年で最も多く、昨年を14件上回った。
警察庁は天候が悪くなればすぐに引き返す▽警察署などに登山届を出す▽環境に適した装備を整える――ことなどを呼びかけている。


発表された資料は、こちら↓

 警察庁 → 春の連休期間中における山岳・行楽地等に係る警察措置について(pdf)

資料によると、4月26日(土)~5月6日(火)の11日間の山岳遭難の発生状況は、
 発生件数155件
 遭難者201人
 死者22人
 行方不明者8人
 負傷者72人
とのこと。

遭難は致し方ない部分もあります。
装備・経験がいくら優れていても、千変万化する自然に完璧に対応することはできません。
優れた装備・経験は、生き抜くためのものです。

遭難時、セルフレスキューは基本ですが、
遭難者だけではどうにもならない状況が訪れたとき、
外部からの助けだけが唯一の生還手段となります。

そのときのための命綱が登山届、入山届の類いですが、
過去のGW中に起きた事故を精査すると、
遭難者のおよそ8割が見届けだったそうです。

東京新聞から、

GWの登山、届けも忘れずに 遭難8割が提出なし

 2010~13年のゴールデンウイーク(GW)に、全国の警察が把握した山岳遭難事故495件のうち、80%の400件で登山届が提出されていなかったことが27日までに、警察庁や山岳関係者らへの取材で分かった。

 登山届の提出は一部の自治体で義務化が進むが、大半は登山者の任意。
遭難時に救助の可能性が高まるため「命を守るザイル」とも呼ばれており、山岳関係者は積極的な提出を訴えている。

 警察庁によると、GWとなった10年4月29日~5月9日の遭難事故は121件で、うち102件(84%)で登山届が未提出だった。
11年4月29日~5月8日は129件のうち105件(81%)、12年4月28日~5月6日は104件のうち85件(82%)、13年4月27日~5月6日は141件のうち108件(77%)で、それぞれ登山届が提出されていなかった。

 昨年4月に長野・白馬岳で雪崩に巻き込まれ、1人が死亡したパーティーは、メンバーが親族宅に登山計画書を残していたが、警察へは登山届を出していなかった。

 日本山岳協会などによると、登山届に決まった書式はないが、名前や連絡先、歩行ルート、緊急時の対策、下山予定などを記入。
目的地の山を管轄する警察に出したり、登山口に設けられたポストに入れたりするのが主な方法という。

 近年、若者らを中心に登山が人気で、気軽に楽しむ人が増える一方、十分な計画や装備がないまま遭難することも少なくない。
登山届についても、同協会は「提出する意義が浸透しきっていない」と分析している。

 また、個人情報保護への意識から、名前や住所、連絡先などを記載することを避ける人もおり、提出が増えない背景になっているとみられる。


理由はいずれにせよ、届けを出すことにためらいを感じるなら、
せめて、家族、友人、知人、いずれかの人に、
どこのお山に、いつ行って、どう歩いて、いつ帰るか、
最低、これだけの情報は伝えておいて下さい。

今年のGWもほとんどの人が未提出だったんだろうなぁ。

観光登山者の届け出に対する意識が低いのは仕方ないにしても、
登山を趣味にしている人で、登山届けポストがあるような高山に行かれる方は、
登山届けをぜひ、出して欲しいです。

と云っても、例えば石鎚山で登山届けポストに投函してる人なんか見たことがない。

きっと、自分は死なない…。

人間は心のどこかでそう思ってる、そこが一番の理由なんだろう。
関連記事

13:05:12 | コメント(回答)(0) | page top↑
遭難まとめ 5月5日~5月17日<<古い方< 最新記事 >新しい方>>新たなビーコン(実験段階)、ヘリから数キロ先まで探知可能に
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

遭難まとめ 5月5日~5月17日<<古い方< 最新記事 >新しい方>>新たなビーコン(実験段階)、ヘリから数キロ先まで探知可能に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。