2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09  
線路をまたぐ四万十町庁舎
2014 / 05 / 22 ( Thu )
新しいカメラを買ってからこっち、お山歩以外でもあちこちでパシャパシャしてるんだけど、
せっかく撮ったので、って形で、ちょいと載せてみますシリーズ。

今回は、高知県四万十町、旧窪川町。

クルマで3時間半もかかる窪川まで、仕事で2度ほど、行く機会がありまして、
現場は、新しくできた四万十町の庁舎。

ローカルニュースでもちょっと紹介されたので見知ってる方もいらっしゃると思いますが、
新庁舎は全国的でも多分、ここだけっていう変わった庁舎です。

東庁舎、西庁舎のふたつの建物が渡り廊下で結ばれてる構造なんだけど、
渡り廊下の下をJRの線路が通っています。

庁舎のすぐ隣は窪川駅です。

写真右の茶色い建物が新庁舎、左が駅。
新庁舎は、四万十町産の木材を内から外から、受付のカウンター、応接セットにも使用するこだわりっぷり。

渡り廊下ですが、
 屋根付きガラス張り。
渡り廊下自体は庁舎に用のない人も利用できるのですが、エントランスの階段がとっても広々。

庁舎側とはこんな感じに、
 2階、3階と繋がっています。
繋がってる庁舎側にエレベーターがあります。

渡り廊下は3階の高さにあって、
 こんな感じの廊下です。

渡り廊下から見た、

窪川駅のある北側、
 南側。

と、こんな庁舎でお仕事があったのでした。

おまけ。

窪川には駅がふたつ、並んでて
 ひとつは、JR窪川駅。
 隣に土佐くろしお鉄道の窪川駅。

いま、窪川駅のある予土線では、新幹線の0系を模したホビートレインが走ってます。
でも、滞在中、一度も見ることができませんでした。

残念。

37番札所の岩本寺もお参りできんかったぉ。
関連記事

00:33:40 | コメント(回答)(0) | page top↑
「信州の山のグレーディング表」、主要登山道の難易度付けへ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>「山の日」 成立!
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

「信州の山のグレーディング表」、主要登山道の難易度付けへ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>「山の日」 成立!