2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
「やめて」じゃ、やめてくれないから、「禁止」に
2014 / 06 / 17 ( Tue )
先週末、また仕事で松江に行ってました。

島根の松江です、鳥取じゃないよ。

前回、訪れたときは雪も降る寒い、寒い季節で、
夕方、ホテルに帰る頃にはもう外は暗くて、
散歩した夜のネオン街は北国感たっぷりでした。

今回は7時過ぎてもまだ夕暮れって感じの明るさだったから、
昼間の顔を見ることもできました。

松江に行く途中、蒜山SA辺りから大山を車窓越しに見ることができます。

でも、前回は、重たい冬雲にお隠れになられ、山頂は一度も拝むこと叶いませんでした。

今回も往きは雨でダメでしたが、帰り暑いくらいに晴れたので、ばっちり見えました。

米子方面からは、梅雨空で少し霞んではいたけど、
伯耆富士と呼ばれるにふさわしい、八の字に裾を拡げた優美な姿や、
蒜山方面からは、のこぎりの歯のように荒々しい東稜線を望むことができました。

日曜日に運良く梅雨の晴れ間が訪れて、ラッキーなお山歩を楽しんでる人、いるんだろうなぁ…。

うらやましい気持ちいっぱいで、帰ってきました。

さて、その大山ですが、ご承知の方も多いと思いますが、
三角点や最高地点には行くことができません、立ち入りが禁止されています。

それは、弥山と呼ばれるピークから先の稜線が両サイドとも崩落し続けていて危険だからです。

にもかかわらず、無謀な登山者が後を絶たず、死傷事故が毎年のように発生しています。

「縦走は危険なのでやめて下さい  この先危険」

と書かれた看板もあるのですが、
自分は不死身だと思い込んでる全能感な登山者には通じないようなので、
それじゃあと、新しい看板に変えることにしたそうです。

読売新聞から、

大山縦走路に「通行禁止」看板設置へ

 大山で縦走中の登山者の遭難が相次いだことを受け、環境省と県、大山周辺の自治体、県警などでつくる大山遭難防止協会(会長=森田増範・大山町長)は13日、大山町役場大山支所で開かれた総会で、縦走路の入り口に「通行禁止」と書いた看板を設置することを決めた。

 大山では3月に縦走中の3人が死亡、5月には4人が立ち往生する遭難が発生。
現在の看板には「縦走は危険なのでやめて下さい」「この先危険」と書かれているが、無視して立ち入る登山者が多いという。

 会議では「遭難が続発しているだけに通行させるべきではない」「特に初心者への抑止力になる」などの意見が出され、近く「通行禁止」と明記した看板を設けることにした。

 また、2000年の県西部地震以降、登山道が崩落するなどして登山禁止になっている烏ヶ山(からすがせん)(1448メートル)について、禁止解除に向けて5月に行った5回目の調査結果を報告。
初心者に不向きなルートがあることなどから、さらに協議を進めることにした。


日本海新聞から、

大山縦走路の看板表現 「やめて」から「禁止」に

「通行禁止」と強い表現に改められる大山山頂の看板 大山遭難防止協会(会長・森田増範大山町長)の総会が13日、鳥取県の大山町役場大山支所で開かれた。
国立公園・大山(標高1709メートル)の山頂を尾根伝いに歩く縦走路で、今年に入り遭難事故が相次いだことを受け、「通行禁止」と書いた看板を設置することを決めた。

 総会には県山岳協会や大山周辺自治体、県警などから35人が出席した。

 現在、大山山頂の弥山と、ユートピアコースの避難小屋に「縦走は危険なのでやめて下さい」と書かれた看板が設置されているが、縦走をする登山客は後を絶たない。
今年は縦走路で2件の事故が発生し、3人が死亡している。

 総会では、安全確保を最優先に、弥山やユートピアコースの避難小屋の看板を刷新するほか、象ケ鼻(標高1550メートル)にも看板を新設して、通行禁止を強く打ち出すことを決めた。
併せて、登山届けも「縦走禁止」を強く呼び掛ける内容に改訂することにした。

 一方、2000年の鳥取西部地震による崩落で登山禁止になっている烏ケ山(標高1448メートル)の禁止解除については、登山の在り方について地元の江府町など関係機関が継続して協議することを確認した。


僕は以前から、町なかの看板や案内表示になぜ、「立入禁止」などの、
ストレートな文言を使わないのか、不思議でなりません。

例えば、最近増えてきた、部外者が入っちゃ困るドアの「Staff Only」とかもそう。

「立入禁止」を見て、気分が悪くなったこととか、一度もないから。

近頃は、叱ってくれる人がいない大人が増えて、
ちょっと注意されただけで腹を立てたり、イライラしたり、
ただの「立入禁止」にも、不愉快な部分を見いだしてしまうんだろうなぁ。

お山で誰も死んで欲しくない、ケガすらもして欲しくないと強く願うなら、
端から「やめて下さい」みたいな、お願いするような書き方はしちゃいけないと思います。

“誰も見てないし…、怒られないんなら行っちゃえ!”

などと、登山者に考える隙を与えちゃいけないと思うのです。

僕だったら、「この先、死亡事故多発」と書かれてたら、
速攻で、回れ右、します (^^;)

「事故後、登山届けを出していないことが発覚した場合、
捜索救助費用を全額、自己負担してもらいます」
も効果的かも。
関連記事

21:21:33 | コメント(回答)(0) | page top↑
パソコンのモニターを買い替え<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚山から赤石山までの縦走ガイドブック 「石鎚ロングトレイル」
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

パソコンのモニターを買い替え<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚山から赤石山までの縦走ガイドブック 「石鎚ロングトレイル」