2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09  
富士登山、子供の高山病に気をつけて
2014 / 06 / 23 ( Mon )
親子で富士登山。

一生の思い出になること間違ありません。

子供の頃、ウチは貧乏家だったので、家族旅行と云ったものはほとんどありませんでしたが、
親に連れて行ったもらった淡路島や屋島、三崎に釣りに行ったことなど、
よっぽど楽しかったのか、何十年経っても昨日のことのように覚えています。

富士山なんか一緒に登ったら、一生、忘れられないだろうなぁ。

さて、富士山に登った子どもの高山病について、
富士登山を終えた児童の55%が高山病を発症していたと、
日本旅行医学会が発表しています。

別の意味で忘れられないことになるかもで、注意が必要です。

毎日新聞から、

富士山:登った小学生55%「山酔い」2人に1人頂上断念

富士山に登る大勢の登山者<br>富士山吉田口7合目で

 富士山(3776メートル)に登った小学生の55%が「山酔い」と呼ばれる軽い高山病にかかっていたとの調査結果を、日本旅行医学会が19日公表した。
2人に1人が頂上に着く前に引き返していた。
昨年の世界文化遺産登録を受け、今夏も富士登山に挑戦する家族が多いとみられている。
学会は
「子供にとって富士登山は簡単ではない。
保護者は『必ず登頂する』と気負わないでほしい」
と訴える。

 2012年8月と13年8月の計6日間に富士山5合目で、下山してきた5〜12歳の245人に聞き取り調査した。
大半は家族で来ていたという。

 典型症状である頭痛に加え、吐き気、ふらつきなどがあったと答えた児童は55%。
大人の発症率は3000メートル級の山で3割程度とされ、それより高かった。
登頂できたのは50%にとどまり、体調不良や疲れで32%が8合目、10%が7合目で下山していた。
性別や年齢で大きな差はなかった。

 一方、前日に5合目より上の山小屋に泊まった児童は、発症率が63%と高かった。
それより低い場所に泊まった児童の発症率は37%と低かった。
同学会の篠塚規専務理事は
「結果的には、低い場所から1日で登った方が高山病にならなかった。
平地より低酸素・低気圧の山小屋に長時間いることが、体への負担になったと考えられる」
と話す。

 高山病は2000メートル以上の高所で発症し、悪化すると命にかかわる脳や肺の障害が起きる。
発症したら低い場所へ行くのが一番という。


登頂できたのは約半数かぁ。

3000mの高地は、子供には厳しい環境なんですね。

1日で登った方が…、とありますが、くれぐれも弾丸登山はやめて下さいね。

当然、大人も、です。

たまにいるそうですが、
体調を崩した子供を山小屋に置き去りにして山頂に行っちゃう親…。

もっと酷いのになると、下の駐車場で待ってろと、子供をひとりで下山させるケースも。

もうこうなると、「保護者」という枠からはみ出してる。

登山は青少年の人格形成を育むにおいても最適だったり、
「家族登山」は、親との信頼関係が増すそうです。

でも、その効能を間違えれば、親子関係をこじらせかねないかも、です。

それ以上に、高山病は悪化すれば命に関わります、
「高所脳浮腫」にでもなれば、2〜3時間以内に昏睡に陥ったり死亡することがあり、
とても恐ろしいのです。

一生の思い出作りに行ったつもりが、そこで一生が終わってしまった…、
なんてことにならないよう、
子供の体調には充分気をつけてお山歩を楽しんで下さい。
関連記事

00:44:54 | コメント(回答)(0) | page top↑
林道大引割線へ、再び! 維新の門<<古い方< 最新記事 >新しい方>>あの『神々の山嶺』が映画化っ!
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

林道大引割線へ、再び! 維新の門<<古い方< 最新記事 >新しい方>>あの『神々の山嶺』が映画化っ!