2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12  
お山で疲れない歩き方
2014 / 07 / 29 ( Tue )
とうとう、真夏… (>_<。)

みなさん、大丈夫ですか?

熱中症で亡くなった人も出たこの前の猛暑日は、風通しの悪い蒸し暑い現場で仕事してました。

自販機でスポーツドリンクを何本も買って、
でも、飲み干したそばから汗になって出てしまうような過酷な一日、
よくまぁ、倒れなかったもんだ。

ここ数日はそんな疲労困憊な毎日、正直、ブログを書く気力もまったく失せてました (^^;)

でも、あの日本晴れな空の下、お山登ってた人も多いんでしょうね。

いいなぁ、うらやましいなぁ。

子供たちは夏休み突入だし、早速、家族揃って行ってきたよって方もいるんだろうなぁ。

無尽蔵かと思えるほどの元気いっぱいな子供たちに振り回されて、
足がぱんぱん、膝もがくがくだよ~って親御さんもいらっしゃるでしょうね。

さて、今回はお山ではお山なりの歩き方についてです。

町と同じ歩き方をしてると疲れるし、ヘタすると足を痛めることもあります。

夕刊フジ・zakuzakuから、

足裏全体を使い歩幅は狭く 山で疲れない安全な歩き方

 いよいよ猛暑がやってくる。
平日は暑さに耐えるしかないが、週末には暑苦しい街を抜け出し、爽快な風を浴びに山に出かけてみよう。
NPO法人日本トレッキング協会で顧問をしている小副川照曹さんは「低い山でも十分に涼める」と教えてくれた。
無理せず、見栄を張らず、自分の体力に合った山とコースを選ぼう。

 また、舗装された街ばかり歩いている人は、歩き方にも気をつけよう。
小副川さんは、山で疲れない安全な歩き方や歩くペースについて、次のようにアドバイスする。

 (1)「フラットフィッティング」で歩く。
足裏全体を使って、猫の足のようにフワッと地面に足裏を置く。

 (2)歩幅は狭く、平均的な身長の男性なら40センチくらいを目安にする。
「足裏全体を使って歩幅を小さく歩くと、万が一、足を滑らせたりバランスを崩してもすぐに次の足で支えられ、リカバリーできます」

 (3)この歩き方は、登山をする山の最寄り駅やバス停で電車やバスを降りた時から始めること。
「朝イチの30分がその後のペースを作ると言われています。
登山道に入る前の舗装路では、つい街歩きのようなつもりで歩きがちですが、すでに山登りは始まっています」

 (4)長い時間歩くと膝が痛くなるような人は、この朝イチの30分の時に股の内側を意識し、膝が外に逃げないように歩く。
その歩き方が定着すれば、その日1日は痛くなく歩ける。

 (5)ゆっくり慌てずに歩き、30分ほどたったら体をほぐすストレッチをして山登りの準備をする。
数人で一緒に登るのなら、広めの場所を見つけてそこでストレッチを行う。
股関節や足首、腰をほぐしたり、思いっきり胸を広げて肺に空気を入れる。
「30分くらい歩いてからの方が、ストレッチするのにちょうどいいくらい体が温まります。
きっかり30分でなくてもいい。
登山道に入る前のキリのよいところでやりましょう」
 山に入る前の時間が、その日のコンディションを決めるのだ。


ある夏の日、新居浜の海辺にある100mもないお山へ行った際、
下山中の階段で突然、ふくらはぎに鉄球が当たったような変な痛みが走り、
そこからずっと足を引きずるようにして下ったことがありました。

アキレス腱が切れたのかと思ったくらい、一歩一歩が激痛。

幸い、駐車場までの距離がたいしたことがなかったので、なんとかたどり着けましたが、
あれがもし、石鎚山とかの長い登山道で起きていたら、と思うととても怖い体験(失敗)でした。

激痛の正体は肉離れ。

脱水症状が原因で起きたものでした。

蒸し暑い平地にあるお山に登ったり、ちょっとした観光もした後で、
スポーツドリンクなどで水分もそれなりに摂ってたと思うんだけどなぁ、
足りなかったみたい。

また、最後の山道はコンクリート舗装の遊歩道で、足への負担もそれなりで、
突然、ぷっつん!

以来、入山前には足のストレッチは必ず行い、小股で歩き、どかどか歩かない、
特に下山中、段差のある場所ではそ~と足を降ろすようにしています。

一見、スローペースで歩いてる風に見えるけど、
全体を通してみたら、休憩の数も少なく済んで、結局、ゆっくりの方が早かったりします。

下山時の膝痛もほとんど経験しなくなったし、
翌日、筋肉痛で歩けないよ~ (>_<) みたいなこともなくなりました。

下山後、いつも筋肉痛になるって人は歩き方やペースが悪いのが原因かもしれません。

歩幅や足の運びをチェックしてみてはいかがでしょうか。
関連記事

17:19:44 | コメント(回答)(0) | page top↑
映画『永遠の0』(ブルーレイ版)を早速見て、うるうる<<古い方< 最新記事 >新しい方>>アイガー北壁 冬期単独登頂 最速記録 2時間47分33秒
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

映画『永遠の0』(ブルーレイ版)を早速見て、うるうる<<古い方< 最新記事 >新しい方>>アイガー北壁 冬期単独登頂 最速記録 2時間47分33秒