2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
ヘルメット、買おうかなぁ
2014 / 08 / 06 ( Wed )
登山にヘルメット

高いお山を中心にこれから常識になっていくかもしれません。

メットのおかげで、落石事故や滑落から生還した、軽傷で済んだ、
登山情報誌やお山関係のニュースでそんな話を目にすることが増えてきました。

北アルプスなどの山小屋では、メットのレンタルも始まってますし。

信州毎日新聞から、

傷ついたヘルメット、有効性一目で 涸沢の案内所に展示

黒いシールが剥がれ傷ついたヘルメットを案内所前に置く救助隊員。<br>ガムテープに事故があった日時や場所を記した 北アルプス涸沢(標高約2300メートル)の県涸沢山岳総合案内所の前に日中、傷ついたヘルメットが置かれている。
涸沢と奥穂高岳を結ぶ登山道で、7月に滑落した登山者が実際にかぶっていたものだ。
穂高連峰一帯は、県山岳遭難防止対策協会がヘルメット着用を促す「着用奨励山域」5カ所の一つ。
ヘルメットが身を守ってくれることがあると示す実例として、注意喚起に役立っている。

 ヘルメットは7月31日午前6時40分ごろ、涸沢から穂高岳山荘に向け登っていた山口県下関市の男性(66)が、バランスを崩し約10メートルほど滑落した時着けていた。
男性は両手足に擦り傷や打撲の軽症を負ったが、頭は無事だった。

 男性は、涸沢ヒュッテが昨季から始めたヘルメットの有償貸し出し(1日千円)を利用。
「涸沢ヒュッテ」と書かれたシールがえぐるように剥がれており、岩に頭を打ち付けた衝撃を物語る。

 同じ登山道では同31日午後、転倒し、顔と足に打撲を負った仙台市の女性(66)もいた。
夫、息子と3人で岳沢小屋から前穂高岳(3090メートル)、奥穂高岳(3190メートル)を経て穂高岳山荘に泊まる予定だった。
だが、雨予報を知り、その日のうちに涸沢まで下りることにした。

 午後1時すぎ、両手でストックを持ち、岩場を下っている時、左のストックが引っ掛かり、バランスを崩して左前に転倒、顔と膝を打った。
女性は
「1回転したのが自分でも分かった。後は下りるだけという気持ちだった。疲れもあった」
と振り返った。

 転倒の約5分後に、パトロール中の県警山岳遭難救助隊員と夏山常駐パトロール隊員が通りかかり、女性らと一緒に涸沢まで下った。
救助隊員の川瀬秀一郎さん(25)は
「前転したようで心配だったが、ヘルメットをしていたので頭は大丈夫だった」
と話した。
女性は自前のヘルメットを着用しており、左前部に岩にぶつけた跡があった。

 ヘルメット着用の奨励は昨シーズンから本格的に始まり、まだ登山者に十分浸透していない。
救助隊などが涸沢ヒュッテと涸沢小屋の夕食時、注意を呼び掛ける出前講座で傷ついたヘルメットを宿泊者に見せ、有効性を伝えている。

 涸沢ヒュッテの山口浩一さん(36)によると、今は1日20個ほどのヘルメットを貸し出している。
「実際に事故に遭ったヘルメットを見て借りる人もいるようだ」
という。


どうせ、帽子かぶるんなら、(登山ショップで数千円もする帽子を買うくらいなら、)
安全性の高いメットを買うのも悪くない。

メットしてたら、上級者っぽく見えるかも。

と云いつつ、まだ夏、暑いからなぁ。

町近郊でのお山歩が中心のおいらにとってメットは蒸れそうだけどね。

けど、ムチのように跳ね返ってくる枝とか、
帽子を引きはがす、トゲトゲが怖いイバラから守ってくれそうな予感。

スズメバチとか、黒髪に反応して頭を攻撃してくるって話もあるし。

通気性(価格も)優先で、物色してみようかなぁ。
関連記事

14:59:02 | コメント(回答)(0) | page top↑
堂ヶ森にエコトイレができたそうな<<古い方< 最新記事 >新しい方>>また下関へ 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

堂ヶ森にエコトイレができたそうな<<古い方< 最新記事 >新しい方>>また下関へ 1