2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11  
松江出張 3 鳥取の菅沢ダムのダムカード
2014 / 12 / 24 ( Wed )
松江出張、二日目。

この日は午前中、市内で仕事をこなしてから、隣の鳥取県の生山(しょうやま)というところまで行きました。
夕方前からスタートの仕事で。

松江から生山までは、ナビで見ると1時間ちょっとの距離ですが、
生山はここ、生山のある日南町は県境の町、南は岡山県です。

生“山”だけど、お山じゃない、けど、中国山地のまっただ中、山間の集落。

松江から山陰道で米子西まで。

この日は前日の大雪が嘘みたいにとても天気が良くて、クルマの中から、
 雪化粧した大山がきれいに見えました。
真っ白い雪原の向こうに聳える大山とか撮りたかったんだけど、
仕事の移動中ってことで、停まってとは云いづらく、目に焼き付けるだけにとどめました。

米子西から国道180号線に遷移し、南下(標高的には南上)し、山中へ。

次第次第に雪の量が増し増して、賀祥ダムの横を通る頃には、森も雪まみれ。
日当たりの悪い谷間やカーブなどの路面は除雪しきれなかった雪で轍ができてました。

五輪峠と云う最高地点・標高450m位の前後は、まさに雪山、雪道。
雪が厚く凍ってました。
五輪峠

ちなみに、五輪峠の“峠”は「だわ」と読みます、「ごりんだわ」。

賀祥ダムに近づいたとき、前、集めてたダムカードのことを思い出し、早速、ネット検索したところ、
鳥取県内では、たった2カ所でしか配布してないことが判明。
賀祥ダムでは配布してなかったんだけど、もうひとつ奥にあるダムで配布していることが分かった。
なんという偶然。
雪道で車はのろのろしか走れなかったけど、仕事開始時間までにはまだまだたっぷりあったので、
国道沿いにあるそのダムに寄り道していただきました。

菅沢ダム

ダムカードをもらいに、管理事務所へ。
 管理事務所。
インターホン越しに「ダムカードを…」と問い合わせたら、
職員さんがカード一枚持って、わざわざ、降りてきて下さいました。
ホント、どこのダムの職員さんも親切ですねぇ。
人里離れた職場環境なせいで、みなさん、自然と人に優しくなるのかな。

事務所の前も雪まみれ。
少し時間をもらってダムも撮ってきました。


時折、枝に積もった雪玉がどっさと落ちる位で、ふんだんな雪に音が吸収されて、とっても静かでした。

いただいたダムカード。
 表。

ダムが造られた目的の「FAIP」
「洪水調節・農地防災」「かんがい」「工業用水」「発電」
ダムの構造や型の「G」は、「重力式コンクリートダム」。
バージョンは「2.0」。

 裏。

菅沢ダムについては、こちら↓
 日野川河川事務所 → 菅沢ダム

まさか、鳥取でダムカードを、それも2カ所しかない配布してないダムに立ち寄れて、
偶然とは云え、ラッキーでした。

この後、道はぐんぐん下り、山影の雪も凍って緊張する下り坂が続きました。

米子中ICから35キロ、倍ほどの時間をかけて、ようやく、生山の町に着いたのでした。


つづく。
関連記事

14:00:46 | コメント(回答)(0) | page top↑
松江出張 2 夜散歩<<古い方< 最新記事 >新しい方>>松江出張 4 生山の町は雪まみれ
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

松江出張 2 夜散歩<<古い方< 最新記事 >新しい方>>松江出張 4 生山の町は雪まみれ