2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11  
nexus7(2012)を android 5.0.2 へ、アップグレード
2015 / 01 / 02 ( Fri )
1月前半の仕事予定ががら空きで、お正月明け早早、旅行に出かけることにしました。

また「青春18きっぷ」を使った安旅です。

どこに行きたい、とかなくて、いっぱいの雪を見られたら…、ぐらいな気持ちの、
お気楽、行き当たりばったり旅にしようと思っています。

(昔は、綿密な旅行計画のもとに旅をして、計画通りに行くことも旅の快感のひとつでした。
でもこの頃は、きっちきっちの旅をしても、正直、疲れる方が上になってきました  (^^;)
列車の乗り換えとか、綿密に調べた上で、行動はゆるゆるがいいですね)

先年の夏旅では、タブレットPC、nexus7 が結構、役に立ちました。
(nexus7 持ってるから、携帯、スマホじゃないんです…)

でも、ウチの nexus7 は、wi-fi でしかネットと繋がらないタイプ。
外では、ローソンとか、フリーのwi-fiスポットを探さないと検索もできないません。

旅行中もコンビニ探しとかで、結構なタイムロスを招きました。

なので、旅行から帰って早々、 「IIJ」と云う、安い MVNOサービスに申し込みました。
(スマホに買い替えるより、圧倒的に安上がりなので)

スマホ並みの環境を整えることができたので、お気楽にゆるゆる旅ができそうです。


が、しかし、新たな問題発生!

それは、nexus7 の OS 問題。

先日、Google が鳴り物入りで公開した android 5.0 にアップグレードしたんですが、
それがもう酷い クソOSで、突然、再起動するわ、アプリは切れまくる、立ち上がらない、重くなる…。
モバイルルーターからの wi-fi が繋がらない、などなど、不具合多発が原因のバッテリー浪費…。

widows で例えるなら、不具合だらけだった widows Me といったところ。
widows XP の域にはまるで達していません。

(クソOS状態から脱せないうちは、ソニーやサムスンなども 5 には手を出せないでしょうね)

このまま、旅行に連れ出したら、今度はコンセント探しで四苦八苦すること、必死。

悩んだ挙げ句、 android 5.0 を 5.0.2 にアップグレードすることにしました。

5.0.2 は、。nexus7(2012 wi-fi)だけに、Google がこっそり公開しているイメージファイル。

ほかの nexus は 5.0.1 が最新だけど、nexus7(2012 wi-fi)には特有の不具合があるらしく、
.1 をすっ飛ばして .2 を公開中しています。

ホントは、4.4.4 に戻した方が最善だろうけど、ダウングレードはアップするより大変。

また、OS のアップグレードは、待ってれば、自動でアップできるんだけど(5.0 もそれでアップ)、
待てど暮らせど、一向にお知らせすら、来ない…。

噂では、5.0.2 にもまだ問題があり、5.0.3 を準備しているとか…。

待っててもダメそうなので、年明け前から、手動によるアップグレードに挑戦してました。

けど、なぜか、上手くいかなくて、やっと、旅行直前の今日になって成功しました。

 設定 > タブレット情報
 ちゃんと、5.0.2 になってます。
 ビルド番号も 5.0.2 のファクトリーイメージ名になってます。

まだインストールしたてなので、5.0.2 の使い勝手はお話しできません。

いまのところ、不慮の再起動は起きてませんし、アプリも起動してますし、
とあるゲームアプリで、起動する度、重たかった部分も少し、軽減されてます。
もたついてたアプリ間の移動も随分、軽くなりました。


以前、4.4 の手動アップグレードの記事を載せた際、一部の人からコメントを頂いたりしたので、
nexus7 の 5.0 を、既存のデータを消さずに 5.0.2 にする方法を簡単に載せておきます。

一応、その方法は、「android 5.0.2」などで検索すれば大量にヒットします。

「adb sideload」と呼ばれる手法を用いるのですが、Google が用意してる手法です。
身元の正しいところから必要なソフトやファイルをダウンロードすれば、ウイルス感染の心配もなし。


簡単に説明すると、

1.必要なものは、まず、PC と USBケーブル。

2.PC に Android SDK なるソフトをインストール。
 最新情報ではないけれど、こちらが分かりやすい ↓

 androidlover.net 
  → Android SDKのインストール方法(Windows8.1)と最新のplatform-toolsをダウンロードする方法。

 ウチは Windows7 だけど、やることは同じ。

3.5.0 と 5.0.2 の差分ファイルをダウンロード ↓
 → nakasi LRX22G from LRX21P

4.PC と nexus7 をUSBケーブルで接続。
 もし、PC が nexus7 を認識できなかったら、USBドライバーを以下のサイトを参考にインストールして下さい。
 androidlover.net
  → adb sideloadによる手動アップデート時に「error: device not found」と表示されてアップデートが出来ない場合の原因と対処法。

5.adb sideload でインストール作業開始。
 こちらも以下↓のサイトを参考に。
 androidlover.net
  → Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にAndroid 5.0 Lollipopにアップデートする方法(ブートローダーアンロック/Root化/カスタムリカバリ不要)

 ここで、nexus7 を「Recovery mode」なるモードにする必要が出てきます。
 ちょっと分かりづらいし、失敗することがあるので、説明しておきます。

  一度、電源を落とします。

  電源ボタンとボリュームボタンの音量を下げる側を同時に長押しすると、
  ドロイド君のお腹が開いた絵と共に、普段、見たことがない画面が出てきます。
  (android 自体に元からある機能です、ウイルスとかに感染したわけじゃないので、ご安心を。)

  次にボリュームボタンを押して、「Start」から「Recovery mode」にし、電源ボタンを押します。

  少し待ちます。

  「コマンドが指定されていません。」という表示と、倒れてるドロイド君が出てきます。

  電源ボタンを押しながらボリュームアップボタンを、ちょん押しします。
  長押しじゃありません。

  すると、画面上部に、赤と青の色の文字列が出てきて、PCからOSを入れる作業に入れます。

 あとは、上記サイトを参考にやって下さい。

僕が躓いたのは、差分ファイルをコマンドプロンプト画面にドラッグ&ドロップで持ってくところ。
なぜか、zipファイルの解凍画面に移行していまい、読み込めませんでした。

また、コマンドプロンプト画面に「error: device not found」がでたら、USBドライバーがダメ。
上記を参考にドライバーを入れ直して下さい。

でも今日は、解凍画面を無視してコマンドプロンプト画面に戻り、Enter キーを押したら、
何事もなく、読み込み開始、そして、完了。

無事起動。


とまぁ、OSのインストールとか、全然平気な人じゃないと、手動アップグレードは取っつきにくいです。

難しいなぁ、と思う人は、待ってれば勝手にアップグレードのお知らせが降ってくるのを待ちましょう。


もう遅いかも知れないけど、5.0 アップのお知らせが来ても、絶対、無視しましょう。

目新しさに惹かれて、つい、アップグレードしたくなっちゃうけど、我慢、我慢。

機能や使い勝手、体感的には、全然、ダウングレードなクソOSですから。

5.0.3 が来るまで、いや、5.1 まで待ってもいいくらいです。

ソニーの Xperia や、サムスンの Galaxy シリーズが 5 を採用するまで待ってもいいと思います。

不具合でイライラ、アプリが重たくて待たされる無駄な時間を考えれば、
さくさく動く 4.4.4 を使い続ける方がいいし、5 でしか使えない魅力的なアプリなんてないし、
4.4.4 でもなにも問題ないのですから。


さて、ブログもなんとか書けたので、初詣に行こうっと。

バッテリー浪費アプリとして悪名高いゲーム「Ingress」を起動しなから、護国神社まで行ってみて、
5.0.2 の状態を確認してみよう。
関連記事

14:32:01 | コメント(回答)(0) | page top↑
Happy New Year!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ただいま、と、旅のおさらい 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

Happy New Year!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ただいま、と、旅のおさらい 1