2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
青春18きっぷ旅 1 8日目 善光寺→松本
2015 / 02 / 08 ( Sun )
夜中、やっぱり寒くて寝付けず、服を着込み、袋につま先を突っ込んでようやく、眠れました。

朝5時起床。
こんな場所で寝てました。

近所の人が起きてくる前に退散、出発。

 昨晩、立ち寄った城山公園へ。
お手洗いで朝の身支度。
 城山公園は善光寺の東側。
動物園や美術館、東山魁夷館、プールやテニスコートなどがある公園です。

身ぎれいになったところで、善光寺へ。
駐車場も、昨晩、見つけておいた、お寺の西側の塀のすぐ外。
なぜか、また来たくなる善光寺さん、数年ぶりの参拝に自然に笑顔、早足になってしまう。
お寺の駐車場を抜け、経蔵の脇を通り、
本堂の方へ出ましたが、やはり、山門から歩き直したくなり、一旦、境内を南へ向かいました。
お土産屋さんが立ち並ぶ通り、奥にあるのは仁王門。

山門へ。

 見上げるほど、立派な門。
造りの大きさに、お寺に対する篤さ・深さを感じます。
 山門の鳩字の額。
“善光寺”の文字には、5羽の鳩が隠れています、ぽっぽー。
“善”は、「牛に引かれて善光寺」の牛に似ています。
 山門から振り返って。

正面が本堂、右がお守りなどを買うことができる授与品所。

実は、期待してた“あること”あって、でも、始まる様子がなく、もう終わってしまったのかと思い、
読経が本堂からも聞こえてくるし、遅かった、と思いながら、本堂に入りました。
 本堂内は撮影禁止。
声には出さなかったけど、入った途端、これこれ! ここに来たかった! と歓喜の歌状態。
吹き抜けのような堂内、奥行き約54m、高さは約26mも。
まず、体の思わしくない場所を撫でると御利益があると云われる「びんずる」さんの像を、なでなで。
本堂の左側、ぎょろっとした目で参拝者を見渡し、心を見透かしている閻魔様にもご挨拶。
本堂の約3分の2は「内陣」と呼ばれる、約150畳敷きの畳の間が拡がっています。
1400年の間、絶えることなく燃え続けている「不滅の常燈明」の優しい明かりの許、
居住まいを正した僧侶らの読経が堂内にこだましていました。
正面奥に安置されている御本尊「一光三尊阿弥陀如来像」は秘仏。
ご開帳は7年に一度。
長野に永くいたころ、ご開帳のときに参拝することもできました。
ご開帳の特別な感じをもう一度、味わいたいなぁ。

あ、今年2015年こそ、ご開帳の年だ!
行かんと!

内陣に入るには大人500円、自販機でチケットを購入します。
「お戒壇巡り」という、内陣・瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、「極楽の錠前」に触れるぷち探検付。

 外に出て。
本堂前の香炉から山門まで、石畳の中央部分、なにやら工事中。

授与品所でお守りを選んでたら、境内中央の石畳に人々が並び始めました。
楽しみにしてた“あること”は、これからでした。
僕もすぐに並び、そして、ひざまずきました。

 「お数珠頂戴」。
お上人さまから直接頭を数珠で撫でていただき、功徳を授けていただく儀式です。
お上人さまがお朝事に御出仕される行きと帰りに行われます。
お朝事の開始時間は、日の出に合わせて分単位で日々変わります。
お数珠をいただきたかったら、とにかく、日の出ころには境内にいないといけません。
今回は帰りのお数珠、いただけました。
さわって感じで撫でて行かれました。

 お上人さま、「大勧進」へお帰り。

クルマに戻る前に、境内を散策。
 本堂の裏手。

経蔵。
ぐるぐる回せる大きな八角の輪蔵があって、回すと『一切経』読んだのと同じ功徳が得られるんですが、
朝は開いてなくて入れませんでした。
後で知ったのですが、文化庁の方で建物調査してて、しばらく誰も入れないそうです、残念。


駐車場に戻る道沿いに高い柱が林立していました。
御開帳のときに参道の中央に立てられていた歴代の回向柱でした。
前立本尊の右手に結ばれた金糸が五色の糸、白い善の綱に変わって高さ約10mの回向柱に結ばれます。
よって、回向柱に触れば、前立本尊に触ったのと同じ、同じ御利益を得られます。
お役目を終えた歴代の柱は、古いものはもう膝下ぐらいしかありませんでした。


駐車場へ。

すっかり、晴れ晴れとした気持ちで、善光寺をあとにしました。

 クルマから見た中央通り。
石畳に変わってました。

次は、レンタカーを返しに松本へ。
国道403号線を南下。
お数珠の御利益か、体調も運転も快適、空まで晴れてきました。

 北アルプスにはまだ雲がまとわり。

国道は安曇野の側を通るので、行ってみようか、とも思ったけど、渋滞してきたのでやめました。

 犀川。

松本市内に入り、スタンドで給油。
長野中、右往左往したけど、ガソリン代は5000円ちょっとでした。
レンタル料含め、2万円ほど、車中泊で宿泊代も浮いたし、なにより自由を得られた。
クルマがなかったら、バス便のない八千穂にも行けなかったろう、レンタカーにして大成功。

 松本駅んとこへ返却。
前に云ったけど、このとき初めて、借りてたクルマがヴィッツじゃなく、フィットだと気がついたのでした (^^;)


つづく。


青春18きっぷ旅 1 メニュー

1日目
松山→瀬戸大橋
岡山→大阪

2日目
大阪→熱海
大船→江ノ島→鎌倉
横浜中華街

3日目
東京
東京スカイツリー 1 2

4日目
上野→秋葉原→東京駅
国立科学博物館

5日目
東京→小淵沢
小淵沢→川上村
川上村

6日目
川上村
小淵沢→茅野→車山高原
車山高原

7日目
諏訪→長和→八千穂
八千穂高原

8日目
善光寺→松本
松本
大阪→岡山→松山
関連記事

00:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 1 7日目 八千穂高原<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 1 8日目 松本
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 1 7日目 八千穂高原<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 1 8日目 松本