2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
nexus7(2012)を android 5.1 にアップしたよ
2015 / 03 / 13 ( Fri )
今宵はお山話じゃなく、タブレットPCのお話。

ウチのタブレットPCは、Google の nexus7(2012)Wi-Fi バージョン。

OSは最新の 5.0.2 だったんですが、それがまぁ、酷い、クソOSでして…。

口汚い言葉を使って申し訳ありませんが、そんな言葉を使いたくなるほど、欠点だらけのOSなのです。

この頃じゃ、突然、画面が固まってフリーズも度々。
真っ黒画面は、まるで文鎮状態。
タッチしても無反応、電源ボタンを長押ししてもシャットダウンもできない…。

操作中、突然、落ちて再起動したりも、日に一度はおこる始末。

原因が分からないと云うか、OSを 5.0 にあげて以来、ずっと悩まされてきました。
その後、公開された 5.0.1、5.0.2 にアップデートしてもダメ。

いっそ、4.4.4 に戻した方がいいのでは…、と思ったりしましたが、
ダウングレードはアップグレードよりやっかいなので、それだけは避けてきました。

Googleも問題があることは承知しており、改良が行われているらしい話が漏れ伝わっていました。


3月に入ってやっと、最新の 5.1 が公開されました。

OSのアップグレードは、じっと待っていれば、“天から降ってきます”。

けれど、状態最悪のままで nexus7 を使い続けるのもしんどい。

いつ降ってくるのか分からない、いわゆる「OTAアップデート」をじっと待つのもつらいので、
手動でアップすることにしました。

lolipop 5.0 以降、5.0.1 も 5.0.2 も手動でアップしました。


手動アップの方法は以前、ブログに書きました。
 → nexus7(2012)を android 5.0.2 へ、アップグレード

やり方はほぼ同じ。

違うところは、差分ファイルの場所くらい。
(差分ファイルとは、相違部分をまとめたファイル。)

5.0.2 (LRX22G) と 5.1.0 (LMY47D) の差分ファイルは以下の所から。

 → Nexus 7 (2012) WiFi - [LMY47D from LRX22G, 102MB]

nexus7 と PC を USB で繋ぎ、PC で android-sdk の ADB sideload を発動。

慣れれば簡単な作業です。

でも、今回もエラーに見舞われ、なかなか前に進めませんでした。

「error : more than one device and emulator」

今回のエラーの原因は、PC 内で起動していた android のエミュレーターでした。
裏で動いていたエミュレーターと、USB接続された nexus7 、
ふたつの android を同時にアップすることはできないので、エラーとなったのでした。

エミュを終了した途端、あっさりとアップデート開始。

無事、アップ完了。

 設定の「タブレット情報」を見ると、
 「Android バージョン」がちゃんと、5.1 になってます。

さて、5.1 の最新機能は、以下の15項目。

AndroidLover.Net の Android 5.1 Lollipopの新機能・追加機能・変更点・使い方まとめ。から、

1 デュアルSIM対応
2 クイック設定パネルからWi-Fiや接続するBluetoothデバイスの切り替えが可能に
3 インターネット接続できないWi-Fiを記憶してその後は再度自動で接続させない
4 Device Protection(端末保護機能)を搭載
5 HDボイス対応
6 ロック画面上で開いたクイック設定パネルを1スワイプで閉じると同時にロック解除も可能に
7 クイック設定パネルに手動で追加した機能をロングタップで削除することができるように
8 クイック設定パネルの自動回転オン/オフのアニメーションが変更
9 ポップアップ通知(Heads Up)を上にスワイプで画面上からは消しつつ通知領域にはそのまま残しておくことが可能に
10 アプリのアップデートなどのイベント履歴やその時のバッテリー残量がグラフ化された「Volta」が追加
11 時計アプリ内のアイコンにアニメーションが追加
12 Androidのシステムアイコンがマテリアルデザインに変更
13 共有メニューにおけるAndroid Beamのアイコンがマテリアルデザインに変更
14 音楽を再生中に音楽の音量だけでなくシステム音量の調整も可能に
15 時計アプリ内で簡単にアラームの音量の調整ができるように改善



目玉は、4番目の「Device Protection(端末保護機能)を搭載」。

端末の紛失、盗難時に役に立つ機能で、悪意を持った人が端末を工場出荷状態にリセットしても、
Googleアカウントでサインインしない限り端末のロック解除ができないという、強力な保護機能です。

でも、 Nexus 6 や Nexus 9、これから Android 5.1搭載で出荷される端末でしか利用できんらしいけど。

うちの nexus7 で確認できるのは、Wi-Fi や Bluetooth デバイスのかんたん切り替え。
画面上部から下へなぞると出てくるクイック設定パネルで、
 Wi-Fi や Bluetooth の所に、
▼マークが付き、なぞると、
 Wi-FiやBluetooth の設定画面に行かなくても、接続先を選べました。

いまのところ、5.1 は快適に使えてます。

アプリの切り替えも速いし、ゲームがもたつくところもありません。

でも、メモリーリークと呼ばれる現象は、2日ほど経たないと分からないらしいので、
明日になってみないと、ってところはありますが。

少しはマシになったようです。

OSのアップグレードはそんなに難しくないので、
5.0 5.01 5.0.2 に不満たらたらで、OTA を待ちきれない方はお試しあれ。
関連記事

21:56:11 | コメント(回答)(0) | page top↑
Googleの地図、「松山」部分更新<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 1日目 松山→岡山→相生
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

Googleの地図、「松山」部分更新<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 1日目 松山→岡山→相生