2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
青春18きっぷ旅 2 3日目 小樽
2015 / 04 / 12 ( Sun )
旅行3日目の朝は小樽で、寝不足。
隣室のテレビは結局、朝まで付けっぱなしだった…。

朝風呂でリフレッシュ。
今日はレンタカーを借りてドライブ予定。
くれぐれも居眠り運転しないよう、休み休み、仮眠も挟みつつ、安全に旅を続けよう。

朝8時にチェックアウト。

 小樽駅、快晴っ!
レンタカーはJRの駅レンタカーに予約を入れてました。
構内の受付を訪ねるも、9時からじゃないとダメらしい。
それまで散歩するとして、でも、荷物持って歩くのは面倒、なので、ホテルへ引き返しました。
荷物を預かってくれるサービスがあることを思い出したからです。

 中央通り。
 坂の下に海が見えます。

ホテルに戻り、キャリーバッグをフロントに預け、身軽になって外出。

駅の近くで行きたかった場所があります。
キロロでバイトしてたとき、社員さんに連れてってもらったピザ屋さん。
十数年前に行ったお店だけど、なんとまだ営業してるらしく、
あらかじめ、検索してたので、場所は分かってます。

駅前の長崎屋のふたつ裏の通り、5分ほど歩いた場所にある、

「おたるぴざはうす」。
北海道を離れてから十数年、楽しかった思い出の欠片を見つけられた気がしてうれしかったです。
ランチはこの店にしよう。

陽気もいいし、堺町まで足を伸ばそう。

 都通り商店街を歩き、

昨夜、迷い込んだ旧手宮線跡を歩いてみました。

レールの上を歩くのって、なんか気持ちがいい。

休憩所として復元された色内(いろない)駅。

大きな通りに出たので、坂を下るように左に曲がりました。
昨夜、坂の上に半月が見えた坂道です。
小樽がもっとも華やかなりし頃、大正末期に北のウォール街と呼ばれた色内大通りです。

昨日、月の下で青白く光ってた、日本銀行旧小樽支店金融資料館。
 小樽郵便局の奧に旧三井銀行小樽支店。
その小樽郵便局のある交差点を運河に向かって右に曲がると、小樽で一番賑やかな堺町に通じる通り。
途中、柳の並木が印象的な小さな川・妙見川を渡りますが、その川に沿った並木沿いの坂道は、
 寿司屋さんが多いから、通称・寿司通り。
小樽にいたのは一冬だけだけど、小樽でお寿司、食べたことありません。
札幌の手前、手稲の回転寿司で食べたっきり。

寿司通りを横切ると、
 堺町通り。
ガラス店や洋菓子店、雑貨店、お土産屋さんなど、観光客が足を止めたくなるお店がずらり。
また、お店の建物が、和モダンな古風な商家や洋館だったりするので、雰囲気は抜群です。
訪問時はまだ朝10時前だったので、ほとんど開店準備中。

小樽で休日を過ごしたときは必ず、来てました。
 堺町通りで一番好きなお店、「北一硝子」。
こちらはその三号館です。
建物は、明治中期に建てられた木骨石張倉庫で、当時はみがきニシンなど魚の加工品が納められてたそうです。

中に入ると、石畳の通路に、運搬用に使っていたトロッコの軌道が残されています。
通路の右はレストラン、左はガラス製品のショップとなっています。

きらびやかなガラス製品でいっぱいのショップ。
木の階段を上がったフロアから見下ろすと、キラキラ瞬くガラスが星のようで、とっても綺麗です。

一方、レストランがあるのは、167個のランプの揺れる灯りが幻想的なムードを醸し出すホール。

朝はそのランプ、ひとつひとつに火を灯す作業を見学することができます。
当然、お茶しながらでも、OKです。
ちょうど、その作業中で、ランプのシャンデリアを下ろし、火を灯しているところでした。
 デートに最適なんですよ、むふふ。

 3号館の向かいには同じ北一硝子のクリスタル館。
ガラス工房もあって、見学することができます。

堺町通りの一番奥、メルヘン交差点の角にあるのが、北一硝子の次にお気に入りの、
 「小樽オルゴール堂」。
こちらも、明治45年に建てられたものです。
2万5000点以上のオルゴールが展示・販売されています。
あ、まだ開店前だったので、中には入れませんでした。

 遠足か社会学習中らしい子供たち。

レンタカーの受付時間までの時間潰しだったのに、結構、遠くまで来てしまいました。
だったら…と、駅まで帰るついでに、運河まで足を伸ばしてみました、全然、遠回りだけど。

小樽運河。
 昼間の運河もいい感じ。
 こっちにも遠足っぽい子供たち、お揃いの帽子が可愛い。

さすがに明るいので、昨夜みたいに迷わず、駅まで戻れました。

 小樽のマンホールは、なぜかラッコ。


つづく。


青春18きっぷ旅 メニュー

1日目
松山→岡山→相生
相生→大阪→福知山→東舞鶴

2日目
東舞鶴→
東舞鶴→小樽
小樽港→小樽駅

3日目
小樽
キロロリゾート
キロロ→小樽
札幌→由仁町

4日目
由仁町→夕張
ホテル マウントレースイ
マウントレースイスキー場
夕張本町
石炭の歴史村 石炭博物館 1 2
夕張
夕張~由仁~新千歳~苫小牧
苫小牧東港~

5日目
秋田港~秋田駅~千秋公園
千秋公園 1 2
秋田市内 1 2

6日目
秋田~酒田~新潟

7日目
新潟~長野
長野
長野~松本~穂高
穂高
諏訪~茅野~諏訪

8日目
諏訪~茅野
小淵沢~清里
川上村
八千穂~蓼科
白樺湖~諏訪

9日目
諏訪大社 上社本宮
松本~大坂
大坂~
~東予港
関連記事

00:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 2 2日目 小樽港→小樽駅<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 3日目 キロロリゾート
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 2 2日目 小樽港→小樽駅<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 3日目 キロロリゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。