2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12  
青春18きっぷ旅 2 4日目 夕張 2
2015 / 04 / 24 ( Fri )
石炭の歴史村のおじさんに行き方を教えてもらったラーメン屋さんへ。

ラーメン屋さんの名前は「のんきや」。
レースイの食券でも食べることができたお店だったので、何度か食べに行きました。
坂の上にあった、それはそれはおんぼろの一軒家でした。
カウンター席だけで、5、6人でいっぱいになる狭さ。
そのカウンターが斜めってたから、出てきたラーメンの汁がこぼれそうになるくらい。
ラーメンは醤油と塩、僕は塩がおすすめでした。
どちらも昭和生まれの僕には懐かしい美味しさでした。
狭い厨房にはおばあちゃんがひとり、目の前の大鍋で麺を茹で、かまぼこ、ネギ、チャーシューを切る。
会計もそろばん、お釣りは小ダンスの引き出しを開けて。
この店でインストの面面と会ったのがきっかけで名前を覚えてもらったりしました。
並んでも食べたい一杯でした。

うろ覚えだったので、たどり着けず、歴史村のおじさんに教えてもらったんです。
場所は、先に行ったホテル シューパロの裏でした。
急坂を上ると、え、ホントにここ?って思ったくらい、
 新しい姿に生まれ変わった「のんきや」さんがありました。
店舗を建て替えたって話はネット検索済みでした。
けれど、更地が増えたり道の付け替えなど、周囲の風景も変わってしまってました。
たどり着けなかったのも当然なほどに。

お店は昭和26年の開業、昭和43年におばあちゃんが旦那さんからバトンタッチ。
平成17年のお店を建て替え後、しばらくして、おばあちゃんは亡くなられました。
現三代目店主はおばあちゃんの娘さんです。

 またまた、残念ながら開いてませんでした。
心から(お腹から)、残念でした。


夕張を離れる時間が迫ってきました。
雨も強くなり、今夜の船が出る苫小牧まで、もう一気に行ってもいいかな、と思いながらクルマを運転。
車窓越しにレースイに別れを告げ、そのとき、同じプールで働いていた子を思い出し、
レースイの湯の前を通って、彼女が住んでた団地を撮影。
当時は、あんな水色な塗装はなく、地味だった記憶。

 その団地のそばにあったスーパーの「かね安」。
買い出しに行った店だけど、一番覚えてるのは、店の前でキタキツネに魚肉ソーセージをあげたこと。
皮剥いて差し出したら、人には慣れてる感じで、すーっと寄ってきて、がぶ!
結構、指の近くまで牙が来たのでびびりました。
すると、キタキツネは、少し食べて、残りを雪の下に埋めました。
後で食べるつもりかなぁ。
あの頃は、野生動物にエサをあげちゃいけないって知らなかったからあげちゃったんだけど。
キタキツネには寄生虫がいたりするから、噛まれたら危ないよって、地元の人に注意されました。
人間の高カロリーな食べ物を覚えるとゴミを漁ったり、町をうろついてクルマに轢かれる原因にもなる。
ちなみに、キタキツネの寄生虫に汚染されてる恐れがあるから、北海道の沢の水とか飲んじゃダメなんだよ。

道道に戻り、夕張トンネル近くの若菜丁字路へ。
そこで、夕張最後の日に乗ったバス停を思い出し、寄ってみました。
丁字路を直進したところにある、
 夕張鉄道本社バスターミナル。
3月一杯でバイトを終えた日、札幌行きのバスに、このターミナルから乗りました。
インストだった女の人も、行き先は違うけどバスを待っていて、バスが来るまでお話ししました。

レースイのスキー・インストラクターさんの中で特にお世話になった、久慈さん。
バスターミナルで会ったのは久慈さんの彼女さん(その後、結婚)。
久慈さんは、とっても明るい人で、スキー技術は抜群、シュプールラインも惚れ惚れするほど美しかったです。
のんき屋さんにもよく、彼女さんと一緒に来てました。
ちなみに、平成4年(1992)に史上最年少でSIAデモンストレーター認定。
以来、2013年まで20年間もずっと認定デモンストレーター!
世界スキー教師選手権日本代表3回! インタースキー日本代表3回!
そんなに凄い人が、いまでもあのレースイでレッスンされてるんですよ。
夏はニュージーランドでレーシングコーチされてるので会えなかったけど、あの滑り、もう一度見たかったなぁ。
彼女さんも2008年まで認定デモンストレーターされてました。
二人はホント、いつも一緒で仲良く笑ってて、絶対に結婚するんだろうって思ってました。
でも、結婚の話を振ったら、できたらいいけど、みたいなことを話されて。
見えない将来が不安にさせていたようだけど、その後、無事結婚。
夫婦揃って、ジュニア選手も育成に励んでられるご様子、うれしい限りです。


バスターミナルまで来たので、さらに寄り道。
映画「黄色いハンカチ」のセットがある、「幸福の黄色いハンカチ 想い出ひろば」へ。
バイト時代も行ったことがなかったので、ナビ頼みでたどり着きました。
でも、直前でナビが狂い、全然通り過ぎて、山間の集落まで行ってしまいました。
狭い道で必死でUターンし、着いたときには、大粒の雨に風も吹いて、ちょっとした荒れたお天気。
散策はあきらめて、写真も車の窓を開けて撮りました。
 入口。

昔は無料でいろんな建てものを見て回れましたが、いまは大人520円。
冬は雪のせいで閉鎖、見られるのは春から秋までの間です。

広場にあるのは、理髪店と、倍賞千恵子さん演じる奥さんが黄色いハンカチを掲げてた炭住の長屋。
長屋のひとつには、撮影で使われたセットや小道具、赤いファミリアも展示してあります。
先日、高倉健さんが亡くなられ、BSの特番で久しぶりに「黄色いハンカチ」を見ました。
僕の記憶に近い北海道がスクリーンのなかにありました。
石炭で潤い、賑やかな夕張の姿で、いまはもう見る影も無い本町の商店街も懐かしかったです。
映画では、いまの石炭の歴史村の方へ走って行き、この場所にやって来ます。
地図で見ると、石炭の歴史村から若菜交差点にワープ。

「想い出ひろば」から下山し、道道をさらに進んで、

「夕鹿」と書いて“ゆうか”と読む「夕鹿の湯」へ。
僕がいたちょっと前にできた温泉で、あの頃は「ユーパロの湯」って名前でした。
でも、市の破綻で一時閉鎖されたんですが、名前を変えて再スタート。
これまた「本日休館日」で、残念ながら、でした。

駐車場脇にあった大煙突、説明文はまだユーパロの湯のまま。


さて、今度こそ、帰るか…。

と思いつつ、後ろ髪を引かれすぎて、
 気がついたら、レースイの前。

おいおい…。

戻ったホントの目的はお土産。
夕鹿の湯も、お土産帰る場所がないかと寄ったのでしたが、開いてなくて。
道道端にも1軒もお土産屋さんがなくて、仕方なく、レースイまで戻りました。
でも、レースイのショップは閉まってたことを思い出し、ホテル シューパロまでバック。
恐る恐る入るが、ショップにはシャッターが降りてました。
ここもダメか…と思いつつ、フロントの人に尋ねてみたら、すぐに開けてくれました。
夕張のゆるキャラ「メロン熊」を大量買い。
「雨だし、平日だし、どこのお土産屋さんも開いてなくて。助かりました」
お礼を云って、初めて入ったシューパロを後にしました。


今度こそ、きちんとレースイにお別れをして、夕張を去る決心をしました。

バブル崩壊以降、ずっと頭打ちの経済状況で、跡形もなくなってしまった思い出の地は少なくありません。
なかでも特に厳しかった夕張。
けれど、レースイはがんばってる。
おかげで僕の中にいろんな思い出がよみがえりました。
レースイはまるで、思い出の器、みたいな感じがしました。
これからもいつまでも、いろんな人の思い出の舞台になり続けて欲しいと願うのでした。


夕張トンネルまで来たけど、そこで、また思い出にブレーキを踏まれました。

ホテルのショップで働いてた地元の女の子の家に遊びに行ったことがありました。
夕食をごちそうになって…。
彼女の住んでた団地がトンネルのそばだったんだけど、
いざ来てみたら、似たような姿の団地が並んでて、特定できない。
 分からず仕舞いに終わりました。


みんな、幸せにしてるといいなぁ。

いや、きっと、幸せに違いない。

僕の心配なんて大きなお世話なくらいに。


粘りに粘った夕張も、今度の今度の今度こそ、終わり。
 トンネルをくぐれば、さようなら。


自然に朽ちてるレストランな建物。

 また来るから。
それまで元気でいてね。


つづく。


青春18きっぷ旅 メニュー

1日目
松山→岡山→相生
相生→大阪→福知山→東舞鶴

2日目
東舞鶴→
東舞鶴→小樽
小樽港→小樽駅

3日目
小樽
キロロリゾート
キロロ→小樽
札幌→由仁町

4日目
由仁町→夕張
ホテル マウントレースイ
マウントレースイスキー場
夕張本町
石炭の歴史村 石炭博物館 1 2
夕張
夕張~由仁~新千歳~苫小牧
苫小牧東港~

5日目
秋田港~秋田駅~千秋公園
千秋公園 1 2
秋田市内 1 2

6日目
秋田~酒田~新潟

7日目
新潟~長野
長野
長野~松本~穂高
穂高
諏訪~茅野~諏訪

8日目
諏訪~茅野
小淵沢~清里
川上村
八千穂~蓼科
白樺湖~諏訪

9日目
諏訪大社 上社本宮
松本~大坂
大坂~
~東予港
関連記事

06:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 2 4日目 石炭の歴史村 石炭博物館 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 4日目 夕張~由仁~新千歳~苫小牧
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 2 4日目 石炭の歴史村 石炭博物館 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 4日目 夕張~由仁~新千歳~苫小牧