2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11  
青春18きっぷ旅 2 8日目 小淵沢~清里
2015 / 06 / 01 ( Mon )
 八ヶ岳鉢巻道路で山梨県入り。
正確には、山梨県側は「八ヶ岳高原ライン」。
小淵沢インターと清里を結ぶ道路で、僕が川上村にいた頃はまだ有料道路でした。
料金所をかわせる抜け道があったけど、舗装のない凸凹道で、ローカルはみんな、使ってました。

僕にとっては、幸せな思い出も、死にたいくらい辛い思い出もある道だったりします。


山梨県に入ると、県立八ヶ岳牧場の牧草地が、森の合間に何度も現れます。
清里にいい加減近づいた場所にあるのが、自然公園として開放されている、
 「まきば公園」。
この日、月曜日が休園日で、物産館やレストラン、動物ふれあい広場もお休みでした。
写真が傾いてるんじゃなく、こんな風に傾斜したロケーションなんです。


まきば公園から数分で清里です。
清里に寄り道する理由は「清泉寮」。
3分ほど走り、案内表示に従って南へ下る道へ逸れ、なにげにまた道を逸れてみたら、
「清泉寮」の新館、宿泊施設棟にたどり着きました。
2009年にオープンした、ちょいとリッチな宿泊施設でした。
でも、目指すものはここにはないので、表の道まで戻り、坂を下ってたどり着いたのが、
 「ジャージーハット」。
清泉寮の名物は、ジャージーミルクを使った美味しさ濃厚なソフトクリームです。
清泉寮まで来て食べなかったことはありません。

ソフトクリームを売ってる建物はこちら。
曇り空で、おまけに風が肌寒いくらいの陽気だったので、お客さんは数えるほどしかいませんでした。
真夏なら、行列必至だけど、

すんなり、買えました、360円。
 まさにクリーム色。
あと二つ三つ、食べても飽きないくらい、美味しかったです。
川上時代に連れてきてもらったのが最初でしたが、あの頃は清里自体がバブリーでした。
 あの頃はなかった足湯。
足湯のあるテラスからの眺め。
ちなみに、お土産用のアイスクリームも売ってます。

本館の方にも行ってみました。
本館は宿泊棟のほか、レストラン、ギフトショップなどがあります。

ちなみに、が遅くなりましたが、清泉寮は、キープ協会により運営されている宿泊研修施設です。
清泉寮が建てられたのは、1938年(昭和13年)、キリスト教指導者研修施設としてでした。
「清里の父」と呼ばれている米国人のポール・ラッシュ博士が中心となって建設しました。
博士は、キリスト教に基づく民主主義を社会に普及、定着させることを目的にキープ協会を設立します。
Kiyosato Educational Experiment Project(清里教育実験計画)の頭文字で、キープ(KEEP)です。
戦後は、日本の農山村における新しい農村コミュニティの建設を通して農村の問題解決を目指しました。
「食糧・健康・信仰・青年への希望」の4つの理想を掲げて活動・実践。
現代はさらに、「環境教育」「国際協力」を加え、自然と触れ合う体験型学習の推奨や環境保護活動を行っています。


清泉寮の敷地は広大です。
やまねミュージアム、清里聖アンデレ教会、八ヶ岳自然ふれあいセンターなど、本館と離れた場所にあります。


清里の町にも寄ってみました。
清泉寮の坂道を下れば、すぐに清里駅前です。

僕が川上にいた頃、清里は「高原の原宿」と呼ばれたほど、バブリーな時代をまだ謳歌していました。
夏になるとananやnonnoで清里特集が組まれ、若者らが大勢押しかけました。
駅前の通りにはタレントショップやファンシーショップが建ち並び、周辺にはペンションが乱立しました。
ビートたけしの「北野印度会社」で、僕もカレーを食べたことがありました、美味しかったです。

清里で、特に観光客がたむろしていたのが、
 踏切のそばにあった、

清里の中心施設の一つだった「清里ワンハッピープラザ」。
当時は、グッズ販売店やぬいぐるみ店など、約20を越すお店が並んでいました。
出会いを求めてうろうろしてる若者が車道まであふれるほど、賑わっていました。
けれど、バブル崩壊以降、客足はぱたっと止まり、いまは開いてる店などひとつもなく、廃墟同然でした。
当時の姿をとどめたまま、廃墟となっているショップが通りのあちこちにあります。

清里のブームが去った理由にバブル崩壊など、経済的な理由をあげる人は多くいます。
けれど、最大の理由は、ブームに便乗し、金儲け主義に陥った経営者らのホスピタリティの欠如でしょう。
土産物はどこの観光地でも買えるグッズに清里の文字を入れただけ。
ペンションは、途切れない宿泊客に対して、いつしか感謝の気持ちを失い、サービスが低下。
客が来放題だったことが徒となって、努力を怠り、感謝する気持ちさえ次第に麻痺してしまいました。
客と経営者がともに喜びを共有する関係が崩れた町はついに、見捨てられたのです。

 SLが展示されてる清里駅。

廃墟ばかりが取り上げられがちな清里ですが、当時から今日まで営業されてるお店もあります。
清里ワンハッピープラザも、新たなオーナーの元、生まれ変わろうとしています。
また、バブリーな頃の清里を懐かしんで訪れる観光客も少なくありません。
この日も小海線が到着した駅舎から、当時、たむろしていただろう、年格好の観光客が出てきました。
ホスピタリティを取り戻した高原が、再び脚光を浴びる日も近いかも知れません。


清里にさよならし、川上へ向かう途次にある野辺山高原へ。

野辺山は清里ほど、バブルに踊らされることはありませんでした。
スキー場やゴルフ場は建設されましたが、もっぱら、高原野菜の産地として名を馳せています。
国立天文台野辺山宇宙電波観測所・太陽電波観測所があり、星の町とも呼ばれています。

標高1300mもの高地にある野辺山には、JRの最高地点がふたつあります。
駅の最高地点と、線路の標高地点です。

線路の標高地点、標高1,375mは、
 国道沿いの踏切です。 
 「日本鉄道最高地点」の標柱が立ってます。
赤い鳥居は「鉄道最高地点神社」。
 御神体としてレールが祀られています。
鈴の代わりに、レールをとめる「犬釘」がぶら下がっています。

 その名も「レストラン最高地点」。
あとで川上で聞いたんですが、ここのソフトクリームは、近隣で一番美味しいんだそうです。
清泉寮よりもって、川上での評判は高いそうです。
知ってたら、食べたのに…。

神社の反対側には、「八ヶ岳グレイスホテル」があります。

 さらに高く大きな石碑も。
 碑の側面には「幸せの鐘」があります。
ロープがちょっと高いところにあるので、幸せを掴むのに少し苦労します。


写真を撮ってたら、小海線の列車が通過してゆきました。


つづく。


青春18きっぷ旅 メニュー

1日目
松山→岡山→相生
相生→大阪→福知山→東舞鶴

2日目
東舞鶴→
東舞鶴→小樽
小樽港→小樽駅

3日目
小樽
キロロリゾート
キロロ→小樽
札幌→由仁町

4日目
由仁町→夕張
ホテル マウントレースイ
マウントレースイスキー場
夕張本町
石炭の歴史村 石炭博物館 1 2
夕張
夕張~由仁~新千歳~苫小牧
苫小牧東港~

5日目
秋田港~秋田駅~千秋公園
千秋公園 1 2
秋田市内 1 2

6日目
秋田~酒田~新潟

7日目
新潟~長野
長野
長野~松本~穂高
穂高
諏訪~茅野~諏訪

8日目
諏訪~茅野
小淵沢~清里
川上村
八千穂~蓼科
白樺湖~諏訪

9日目
諏訪大社 上社本宮
松本~大坂
大坂~
~東予港
関連記事

00:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 2 8日目 諏訪~茅野<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 8日目 川上村
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 2 8日目 諏訪~茅野<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 8日目 川上村