2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
青春18きっぷ旅 2 8日目 八千穂~蓼科
2015 / 06 / 07 ( Sun )
川上村を出て国道141号線へ、次の目的地は八千穂高原。

松原湖沿いに八ヶ岳へ向かう県道へ。
曇り空だったし、山道を上るほどに寒くなってきました。

小海リゾートシティ・リエックスに寄り道。

小海リゾートシティ・リエックスは、小海町がバブルな頃に開業した第三セクターでした。
複合型リゾート施設としてゴルフ場、スキー場、ホテルが八ヶ岳の東麓に次々と建設されました。
僕が働いていた村営の八千穂スキー場に比べたら、お金のつぎ込み方が半端じゃありませんでした。
八千穂のお客さんも結構、奪われましたが、当時はスキーブームだったので、影響は小さく済みました。
クルマ持ってなかったので、滑りに行ったことはなかったけど、八千穂よりロングなコースは魅力的でした。
バブル崩壊後もなんとか持ちこたえ、いまは山梨のお菓子屋さんがオーナーとなっています。

 八ヶ岳を横断する国道299号線と合流。
そこからスキー場まで2kmほど、すぐに八千穂スキー場に到着。
お世話になってたレストラン「ジョイナス」に寄る前に、奧のペンションを先に見に行きました。

 「ぷち・は~ぶ」。
 「ラ・ルゥ」。
 昔働いてた頃は「ウイン・ベル」。


レストラン「ジョイナス」へ。
クルマを駐めて、短い夏草生えたスロープを上がり、ゲレンデへ。

 薪がいっぱい積んでありました。

 ジョイナスの正面テラスから見た、

ゲレンデには霧、と云うより、雲が低く垂れ込めていました。

店内を覗くと真っ暗で、ドアにも鍵がかかっていました。
でも、奧のコタツ部屋に蛍光灯の豆球が点いているのが見えたので、裏へ回り、裏口をノックしました。
すると、すぐ、いまは亡き社長の奥さんがコタツ部屋から出てきて、でもそのまま店の表へ。
僕も表にまわると、奥さんが正面のドアを開けてくれました。
お久しぶりですと声をかけると、やっと僕だと分かったみたいでした。
業者かペンション、スキー場のスタッフでも訪ねてきたと勘違いしてたみたいです。

勝手知ったるで、ストーブの前へ。

去年来たときより、少し痩せて見えました。
それもそのはず、なんと、今年の3月の始め頃、脳梗塞を患い、3ヶ月も入院していたのだとか。
3月はまだスキーシーズン中で、忙しい最中です。
厨房で意識を失うように倒れたらしく、現オーナーの息子さんがこたつ部屋まで運び、救急車を呼びました。
佐久病院に入院しましたが、早く処置できたおかげで、半身不随とか後遺症もないとのこと。
ただ、左足先が痺れて冷たいので、いつも温めてるって笑ってました。
歩けるし、まだ一人でお山で暮らしてるし、掃除や草刈りもしたり、めっちゃ元気で安心しました。

表の薪の山は、奥さんの弟さんが運んできたものでした。
弟さんとも一緒に働いてたので、元気だって聞いてひとつもふたつも安心しました。

ストーブを囲んで、病気の話、お山の景気、最後は去年も聞いた終戦の頃の話になりました。
今夜はこのまま、泊まってってもいいかなって思いました、別に用事もないし。
でも、脳梗塞で倒れたって話を聞いた後じゃ、夕食とか支度してもらうのも気が引けて、下山することに決めました。
そう告げると、奥さん、少しがっかりして寂しげな表情を浮かべました。

今度は冬に来ます、と云って玄関先でお別れしました。

心の中で、そのときまでお元気で、と云って。


そうやって今年も再会、無事終了。

さてさて、下山することにはしたけれど、今夜、どうしたもんか…。
スキー場を出たすぐのところでクルマを駐め、ナビの地図とにらめっこ。
で、決めたのが、お山の向こうの車山でした。

国道299号線のワインディングロードを駆け上り、標高2000m越えの、
 麦草峠を越えたら、
やっと太陽に出会えました、八ヶ岳の向こう側は天気が良かったみたい。
分かりづらいけど、写真左の森の中に立つ三角屋根の山小屋は「麦草ヒュッテ」です。

でも、太陽はとっくに傾いて、下界は黄昏でした。

雲海から顔を出す南アルプス。

蓼科の別荘地をくねくね下る国道はスピードも出せず、日没を迎え、辺りは夕闇となりました。
白樺湖、車山に向かうビーナスラインへの近道を走っていたら、

シカちゃんと遭遇っ、それもいっぱい!
そおっとクルマを駐めて車内から撮っていたら、

反対側にも大人のシカがいました。
写真は明るいけど、実際はもっと暗かったです。
クルマ慣れしてるシカちゃんたちは、しばらく、道端をうろちょろして、森の闇の中へと消えて行きました。
シカちゃんに会えただけでも、こっちに来た甲斐がありました。


つづく。


青春18きっぷ旅 メニュー

1日目
松山→岡山→相生
相生→大阪→福知山→東舞鶴

2日目
東舞鶴→
東舞鶴→小樽
小樽港→小樽駅

3日目
小樽
キロロリゾート
キロロ→小樽
札幌→由仁町

4日目
由仁町→夕張
ホテル マウントレースイ
マウントレースイスキー場
夕張本町
石炭の歴史村 石炭博物館 1 2
夕張
夕張~由仁~新千歳~苫小牧
苫小牧東港~

5日目
秋田港~秋田駅~千秋公園
千秋公園 1 2
秋田市内 1 2

6日目
秋田~酒田~新潟

7日目
新潟~長野
長野
長野~松本~穂高
穂高
諏訪~茅野~諏訪

8日目
諏訪~茅野
小淵沢~清里
川上村
八千穂~蓼科
白樺湖~諏訪

9日目
諏訪大社 上社本宮
松本~大坂
大坂~
~東予港
関連記事

00:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 2 8日目 川上村<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 8日目 白樺湖~諏訪
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 2 8日目 川上村<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 2 8日目 白樺湖~諏訪