2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
警報中だった蔵王山にも侵入者
2015 / 07 / 04 ( Sat )
長野・御嶽山の開山の記事で、入山規制区域に無断侵入した人がいたことも取り上げました。

山形県と宮城県にまたがる 蔵王山 でも、それも複数いたらしいです。

それもまた「ヤマレコ」で発覚…。

河北新報から、

<蔵王山>警報中に登山客侵入?サイト投稿

警報発令中、警戒範囲の熊野岳山頂を訪れたとみられる写真などが投稿されているサイト「ヤマレコ」 宮城、山形両県にまたがる蔵王山(蔵王連峰)に火口周辺警報(火口周辺危険)が発令された4月13日~6月16日、お釜周辺の警戒範囲(避難勧告区域)に複数の登山客が立ち入った疑いがあることが2日、分かった。

 登山情報交換サイト「ヤマレコ」に警報発令期間の日付で、警戒範囲を訪れたとする記事や写真が複数投稿されている。
投稿が事実なら、いずれも山形県側から立ち入ったとみられ、県が対応策を検討している。

 仙台管区気象台は4月13日、蔵王山の火山活動活発化に伴い、お釜を含む想定火口域(馬の背カルデラ)から約1.2キロの範囲に警報を発令。
山形市や宮城県蔵王町など関係自治体は同範囲に避難勧告を出した。

 投稿の一つは、6月6日に蔵王温泉スキー場から登山道に入り、警戒範囲にある熊野神社(熊野岳山頂)、馬の背登山道、刈田嶺神社(刈田岳山頂)、蔵王レストハウス避難小屋などを訪れたとする記事、写真、ルート図を掲載している。

 熊野岳山頂の写真には、「ここで本日初めて人と出会う」とのコメントが添えられており、他にも警戒範囲に立ち入った登山客がいた可能性を示唆している。

 サイトには5月6日と6月7日にも、別の登山客が警戒範囲に侵入したとみられる投稿もある。
「(熊野岳)山頂は火山警戒レベル発表の影響と思われるが、2~3人しか登ってなかったです」
と記されている。

 災害対策基本法は、市町村長が「警戒区域」を設定した場合、許可無く立ち入ると10万円以下の罰金などと定めるが、「避難勧告」には法的な強制力がない。
警報発令中、関係自治体などは登山口に警戒範囲を知らせる看板を設置し、立ち入らないよう呼び掛けた。

 警報は既に解除され避難勧告も解かれたが、宮城、山形両県は登山客の安全を最優先し、自主規制として想定火口域への立ち入りを引き続き制限し、一部登山道を通行止めにしている。

 山形県危機管理課の橋本仁課長は
「警戒範囲に入った行為を堂々と投稿しており、事実であれば残念だ。
リスクに対する感性の問題と言わざるを得ないが、行政としてリスクの伝え方が十分だったか、宮城県と共に検証したい」
と語った。

 全国では昨年9月に噴火した長野、岐阜両県の御嶽山でも登山客が入山規制区域に立ち入り、撮影したとみられる写真が同サイトに投稿され、地元の自治体が警察に通報している。



正月明け、僕は蔵王温泉スキー場を訪ねていました。

「蔵王山頂の火口湖「御釜」が噴火する? そんな風評被害でお客さんがめっきり減ってね」
宿泊したホテルの人が嘆いてました。

リフトもゴンドラもすぐ乗れたので、個人的には楽しかったものの、
スキー場に隣接する温泉街は閑古鳥状態。
あちらこちらで吹き上がってた湯煙も、どことなくはかなげでした。

地震の類いは滞在中、一度も感じたことがありませんでしたが、
4月には火山性地震が増え、噴火警戒レベルが2の「火口周辺規制」に引き上げられました。
けれど、2ヶ月後の6月には、レベル1の「活火山であることに留意」に引き下げられました。

無断侵入があったのは、噴火警戒レベル2中。

法的な強制力がないのをいいことに入山したのでしょう。
「自己責任」ってやつを振りかざして。

下山後も黙ってればいいのに、自慢満満ありありで投稿。
心の中の「褒められたい」君、「認められたい」君が黙ってられなかったのかな。

で、世論を完全に読み間違え、単なる愚行に転落と…。


ま、そんなバカオロカはどうなろうとどうでもいい。

蔵王温泉、とってもいいお湯でした (^_^)

強酸性で白濁してて、雪まみれの露天風呂、朝も昼も晩も、暇があったら入ってました。

風評被害、風って書くぐらいだから、一時も早く、吹き飛んでって欲しいです。

また行きたいなぁ、蔵王温泉。
関連記事

21:12:42 | コメント(回答)(0) | page top↑
御嶽山でも開山式(開山祭改め) and 規制区域内に登山者侵入か<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚頂上社に道後の湯を奉納
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

御嶽山でも開山式(開山祭改め) and 規制区域内に登山者侵入か<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚頂上社に道後の湯を奉納