2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
次は川之江城 1 川之江は遠い…
2015 / 08 / 07 ( Fri )
大洲城を楽しんだ二日後、目指したのは真反対の方角にある四国中央市。

旧川之江市にそびえる 川之江城

はい。

当然、移動はスクーターです (^^;)

国道11号線を東へ、ひたすら走りました。

この日はとってもいいお天気。

日焼け止めクリームを塗り忘れていた肌は、新居浜を越えた頃には、じりり、じりりと灼け焦げ始めていました。

県境の地、川之江はスクーターじゃさすがに遠いので、ノンストップで走り続け、
ようやく足を止めたのは、土居。

 とある国道端。
ここは、法皇山脈に属する「二ッ岳」の土居側登山口。
四国中央警察署土居駐在所もある交差点です。

交差点のすぐ手前に小さな橋、下を流れる川の名前の付いた浦山川橋があって、その上に立つと、
 川の上流に二ッ岳が見えます。
一番奥の水色にかすんで見えるお山がそうで、
写真左の一番低い場所が「峨蔵越」と云う名の峠。
お山の南側、銅山川沿いから登る登山道と出会う峠です。
写真左に行けば「ハネヅル山」で、写真右にあるピークが二ッ岳です。

二ッ岳への稜線の途中、ぽこっと変な形に盛り上がった岩塊があります。
 その形から、この岩は「鯛の頭」と呼ばれています。
この岩塊を見て、サザンオールスターズのプライベートレーベル、
 「ビクタータイシタ」を思い出すのは僕だけ?


高速道路が四国に1ミリもなかったずっと昔、夜中まで働いた後、仲間のクルマでよく、ドライブしてた頃、
国道11号線を走って何度か来た無人ドライブインが土居にありました。

初めは普通のドライブインだったんだろうけど、僕らが遊びに来てた頃にはすでに無人で、
いろんな種類の自販機が店内に並んでいるだけでした。

なにがどうしたって云う、特段な思い出はないけれど、青春の一ページとしてしっかり、記憶に残っていて、
いつかもう一度、訪ねてみたいと思っていました。

まだありました。
まるで、ガラス張りの農業ハウスのような外観は昔のままでした。
当時は自販機の明かりが外に漏れ光り、真っ暗だった国道沿いでひときわ不夜城みたく輝いていました。

 いまはカラオケ屋になっているようでした。
土居も高速を使えば1時間足らずの距離になったけど、当時はひたすら国道を走ってった。
それも仕事終わりに。
若かったからこそ、できたようなもので、高知の桂浜なんかにも行ったなぁ、懐かしい。

その元ドライブインからちょっとの距離で再び、国道端に停車。
 ここで止まった理由は、
 この看板が目に入ったから。
先の二ツ岳登山口看板と同じ矢印形の「赤星山 登山入口」。

 矢印が指すこの交差点が登山口。
奥のお山はここからじゃよく見えなかったので、少し歩いて、
 見晴らしをゲット。

写真左のピークが赤星山かと思ったら「豊受山」でした。
赤星山は、写真右、三角形の尾根が連なった奥のなだらかなピークでした。

 赤星だと思って撮った豊受山山頂。


そこからしばらく、快晴の下、バイパスじゃなく、製紙工場群を突っ切る格好の旧来の国道を走行。
ここ最近はバイパスか高速ばかり走っていたので、工場に挟まれたエリアを通ったのは何年ぶりか。
さすがに、製紙工場から漏れ漂う、あの独特な臭いが漂ってました。

以前はもっと臭くて、山手を走る高速まで臭ってましたね。
さらにもっともっと臭かった頃、町内会の旅行の帰り、マイクロバスが工場の真ん前で立ち往生したことがありました。
工場で火事があったらしく、消火活動で国道は渋滞、気分が悪くなるような臭いが車内にも充満しました。
匂いは記憶と結びつきやすいと云うけれど、ホント、あれから何十年も経ってるのに、
製紙工場の匂いをかぐと、車窓から見えた製紙工場の正門や奥のプラントの映像が、ありありと甦ります。

工場地帯を抜けると、川之江の町。
川之江のお城や駅の方って、来たの、初めて。

 nexus7 のナビのおかげで、迷わず、海近い城山公園へ。

来た、来た! 川之江城っ!

でも、登城口の看板が見当たらず、一方通行な道にも振り回され、気がつくと、城山の下を一周。


プールやグラウンドのある川之江運動場の角が登城口でした。

 中央の坂道が登城道。
なぜか、徒歩じゃないと登れないような気がして、運動場の駐車場に駐めたけど、
 すぐに思い直して、スクーターで山頂を目指しました。

 「城山公園観光案内図」

お城のすぐ下まで乗り付けられるみたい。

登城・登山道は6つ、そのうち、車道は2つ。
今回利用した坂道は一番南にあります。

川之江城は北側が海に面したお山にあります。
お山は地図上では「城山」とだけ記されていますが、「鷲尾山」と云います。

 その海を見下ろせるカーブ。
ベンチがある休憩所には十三輪塔がありました。


ジグザグっと上ると、天守閣へ近道な遊歩道がありました。
 さらに進むと、右から車道が合流。
北東に入口がある登城道です。

自転車なら立ち漕ぎしても上れそうにない坂道、また途中に、
 看板が立ってました。

姫ヶ嶽

 天正10年(西暦1682年)6月10日川之江城主河上但馬守が三島宮に詣でての帰途、村松字崩の松原に於て、謀臣秋山嘉兵衛の為に殺され、城は秋山の内通により轟城主大西備中守の急襲を受けて、落城するに至った。
 この時、但馬守の息女年姫は横死の父のあとを追って、この断崖より燧灘に身を躍らして、はかなくも花の生涯を閉じたといわれている。
 春風雨秋380余年、落城の秘話として、今に伝えて、ここを姫ヶ嶽と呼ぶ。

姫ヶ嶽 海に見投ぐる いや果ても うまして入りぬ 大名の娘は
与謝野晶子



 姫ヶ嶽からすぐのところで行き止まり、駐車場。
と云うわけで、松山から4時間かけて、川之江城にやっと到着しました。


つづく。
関連記事

18:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
大洲城に行ってきた話 3 少彦名神社<<古い方< 最新記事 >新しい方>>次は川之江城 2 川之江城
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

大洲城に行ってきた話 3 少彦名神社<<古い方< 最新記事 >新しい方>>次は川之江城 2 川之江城