2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
高松城、丸亀城 7 丸亀城 4
2015 / 08 / 13 ( Thu )
天守、本丸を後にし、三の丸まで降りてきました。

お城山をぐるっと一周する形状の三の丸を見て回ることにしました。

三の丸の広場の南側にひときわ大きな文字が彫られた石碑がありました。
 「勤王碑」。

勤王碑

 幕未から明治初めに活躍した郷土の勤王志士土肥実光(大作)、村岡宗四郎が大正8年贈位されたのを記念し、勅王志士遣烈列表彰会が大正12年に建立した。
 土肥大作は天保8年現城西町で生まれ、征討軍参謀を経て新治県(茨城県)参事在任中明冶5年3月36歳で死去した。
 村岡宗四郎は弘化2年魚屋町で生まれ、母は勤王室小橋家の息女。
その影響で勤王に志し活躍中、慶応3年1月22歳で死去した。




石碑の裏に「延寿閣別邸」と呼ばれる、丸亀藩主京極家の別邸「延寿館」の一部を移築した建物があります。

 別邸と石垣の間の道を入って行きます。

 左側に麓に下る道がありました。
南側の登城口まで降りられます。

高い石垣を右に見ながら木陰をまっすぐ歩いていたら、本丸から見えた井戸まで来ました。
 少し高いところにありました。

三の丸井戸

囲いは東西南北とも約3.5メートル、井戸の直径は約2.5メートルあり、山崎時代の絵図によると深さは31間(約56メートル)記されており、石垣と同じ花崗岩を使って丈夫に築かれている。
現在は空井戸となっていて、城外への抜け穴伝説のある井戸である。



 南西の角も櫓跡。

訪問時、市の職員さんらしい人がなにやら、調査してました。
やがて、丸亀市の名前入りの軽自動車が来ました。
この辺りまではクルマも入って来られるみたいです(一般車両は不可だけど)。

お山の眺め。

 北に向かって曲がり、西側へ。

 吉井勇の歌碑がありました。

 北西の角まで来ました。

 本丸から見えた櫓の跡。

櫓跡からの眺め。


お城を振り返って。

東に向かって曲がり、北側を歩きます。

 天守を見上げて。
こうして石垣とセットで見ると、なんとも勇ましい天守だこと。

 草に埋もれた石段がありました。
「二の丸搦め手」と云われる場所で、搦め手とは城の裏門・裏口のことです。

 丸亀の街を見下ろす北側の道。

隣町の坂出と岡山を結ぶ瀬戸大橋も見えました。

その後、ぐるっと一周し終わり、大手の広場まで降りた後、西側にある御殿跡の方まで足を伸ばしました。

 白壁に沿って西へ。

県の有形文化財「御殿表門」の前へ。

 左の白壁が途切れ、

 奥には小さな池がありました。

 表御門をくぐると、

芝生の広場がありました。

遊歩道を進んでいくと、
 丸亀市立資料館。 
丸亀市の歴史および民俗資料を収集、収蔵、展示紹介する資料館です。

さらに南側にはグラウンドがあったみたいですが、そっちには行きませんでした。

 涼みも兼ねて見学。
「丸亀城木図」という、丸亀城改築の際に幕府に提出された木型模型の写しがあるんですが、
残念ながら常設展示はされていないので、見ることができませんでした。

 と云うわけで、丸亀城の見学終了。

駅までとぼとぼ、歩いて戻り、売店でミネラルウォーター買ってホームへ。

夕方は岡山でラーメン食べて帰ろう、なんて、午前中は考えてたけれど、夏のような暑さでバテバテで、
素直に高松に帰ることにしました。


16時08分発、高松行き 快速サンポート南風リレーに乗って帰りました。


相当、疲れてたんだと思うんですが、車内で居眠りを、結構、ぐっすりな居眠りをしました。

エアコンが快適で、イヤホンから流れる曲が心地よくて、小刻みな揺れで夢の中へ、すとんと。

気配を感じて目を開けると、列車はとっくに高松に着いててびっくり!

車内にはどんどん、人が乗り込んで来てて、前の座席に座った人とか、変な目でこっち見てるし。

慌てて降りて行き先表示を見てみたら、「徳島」行き。

目が覚めてなかったら、どこまで行ってたやら…。


以上、高松城、丸亀城に行ってきたよ、話でした。


高松に着いた後、しばらくお散歩して、駅前で徳島ラーメン、食べて帰りました。


終わり。
関連記事

00:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
高松城、丸亀城 6 丸亀城 3<<古い方< 最新記事 >新しい方>>スタンプ集めで今治城 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

高松城、丸亀城 6 丸亀城 3<<古い方< 最新記事 >新しい方>>スタンプ集めで今治城 1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。