2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
スタンプ集めで今治城 1
2015 / 08 / 22 ( Sat )
JR四国がやってる「四国お城スタンプラリー&スイーツめぐり」のスタンプ求めてお城廻り。

今回は、今治市にある 今治城

つい最近、海水を取り込んでるお堀に迷い込んだサメがニュースになってた今治城です。

今治にはここ数年、ちょくちょく、温泉通いしてまして。

当然、スクーターでお山越えしてね。

前は「清正乃湯」が定番だったけど、いまは「かみとくの湯」にずっぽり。

しょっぱい高膨張性な温泉のトリコになってやす。

で、温泉通いのついでに今治城を訪問し、スタンプをゲットしやした。


今治城については、以前にも紹介したことがあるので、今回は駆け足で。



昭和55年(1980)、鉄筋コンクリート建て、5層6階の姿で再建された天守閣。

ちなみに、今治城に天守閣があったのかどうか、実は不明で、確固たる資料は見つかっていません。

今治城を築城した藤堂高虎によって解体され、丹波の国の亀山城に生まれ変わったと云う説があり、
再建の際、明治初年に撮影された亀山城の古写真や平面図を参考にしたそうです。
(最上部はデザインが異なっています。)


正面から、6階建て。

 正面玄関。
受付は玄関入って右。

 一般は、500円。

 お城の中は靴を脱いでスリッパで。

 階段だけ見れば、ビルの中みたいです。

展示資料は前来たときにちゃんと見たので、一気に最上階まで上がりました。


今治城内も撮影禁止です。

撮っちゃダメなお城、多いですねぇ。

お城に展示してある資料は、全部が全部、市や県の持ち物じゃありません。
個人が所有してる古地図や甲冑、刀剣も多々、展示してあります。
オーナーさんが「撮影禁止の方向で…」って条件で貸し出ししているものがフロアに一つでもあれば、
全体的に撮影禁止とせざるを得なかったりするようです。

「撮影禁止」表示された資料以外は撮ってもいいよって親切なお城もあるけど、
大体は、区別するのも、いちいち注意するのも面倒だから、全面撮影禁止で楽してるとこが多いみたいです。

ちなみに、カメラのフラッシュによる退色って、都市伝説に近いらしいです。
それより、照明や窓から入ってくる外光の方がよっぽど、悪いんです。
フラッシュ撮影が悪なのは、まわりにいる人がまぶしくて迷惑だから、って方が大だと思います。

あと、もう写真撮ったから売店で写真集とか絵はがきとか買わなくていいや、ってなっちゃうから、
撮影禁止にしてるとこもあるみたいです、美術館とか特にね。

 6階・最上階へ。


外に出られる大きな開口部が3方にあるので、とっても涼しかったです。


東、海側。


南、朝倉方面。


西、今治市街地側。


北、しまなみ方面。

 本丸に同居する吹揚神社。


二の丸北西隅に立つ山里櫓を見下ろして。

 お堀の北西側。

 二の丸表門の鉄御門と武具櫓。

 二の丸東隅に立つ御金櫓。


つづく。
関連記事

12:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
高松城、丸亀城 7 丸亀城 4<<古い方< 最新記事 >新しい方>>スタンプ集めで今治城 2
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

高松城、丸亀城 7 丸亀城 4<<古い方< 最新記事 >新しい方>>スタンプ集めで今治城 2