2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
青春18きっぷ旅 3 3日目 北の丸公園
2015 / 12 / 31 ( Thu )
靖国神社参拝を終え、早稲田通り沿いの車止めにちょんと腰掛けてぼんやりしてたら、
靖国通りの向こう、木立の上に武道館の“大きなタマネギ”が目に入りました。

おやおや、そんなところに武道館。

武道館、行ったことなかったなぁ点。

早速、ネット検索。

地図を見てたら、東京駅まで歩けない距離じゃないなぁ(ヒマだし)と思ってきました。


皇居を抜けてくと大体3キロくらいの距離です。

靖国通りを歩道橋で渡った、目と鼻の先に北の丸公園の入口があったので、
武道館もナマで見たことなかったので、行ってみることにしました。

 歩道橋から神田神保町方面を撮影。
靖国通りのずっと奥に、
 東京スカイツリーが見えました。

歩道橋を渡り終えたところに、2体の銅像がありました。

 こちらは、品川弥二郎。
高杉晋作らと共に吉田松陰の松下村塾で学び、尊皇攘夷運動に傾倒し、
英国公使館焼き討ち、禁門の変、薩長同盟、戊辰戦争、西南戦争など、維新の様々な場面に登場、
維新後は新政府の高官を歴任し、明治33年まで長生きした人物です。

 騎馬像は、大山巌。
幕末、薩摩藩士らが同士討ちした寺田屋事件の現場にいた大山は、維新後の西南戦争では、薩摩の反乱士族を鎮圧、
日清戦争では陸軍大将、日露戦争では元帥陸軍大将として日本の勝利に大きく貢献しました。

 「千鳥ヶ淵」に架かる「田安橋」を渡ると、
この地が江戸城だった記憶を色濃く残す「田安門」の「高麗門」があります。

田安門は、江戸城の創建から現存する唯一の建造物で、重要文化財に指定されています。

 「北の丸公園」。
「北の丸」は江戸城内だったけど、重臣の屋敷や、千姫、春日局など大奥の女性らの隠居所となった場所でした。

 環境省から。

高麗門をくぐると、田安門内は、城跡でよく見られる、四方を石垣と門、櫓で囲む防衛構造「枡形」になっています。

 渡櫓門。
田安門とは、高麗門、渡櫓門含め、この枡形全体を云います。

旧江戸城田安門(重要文化財)

江戸城は、長禄元年(1457)に太田資長(道灌)によって創られたとされる。
天正18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構が完成し、大城郭としての形が整えられた。
その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持された。
 田安門は、北の丸北部に位置する枡形門であり、正面の高麗門と、その右手奥の櫓門からなる。
門の創建年代は明らかではないが、現在の門は高麗門の扉釣金具に残る刻銘から寛永13年に建てられたものであると考えられている。
しかし、櫓門の上部は破損のため大正末期から昭和初期にかけて撤去されていたものを、昭和36~41年度の修理で復旧整備したものである。
田安門は、江戸城の総構完成当時に遡る現存唯一の建物であり、高い価値を有している。



 北の丸に入り、渡櫓門のすぐ左に狛犬がありました。

 「弥生慰霊堂」の狛犬コレクション。

緑なす公園の歩道をたどっていると、
 おお、これが武道館かぁ!

東京オリンピックの柔道競技会場として建設された日本武道館。

地方に漏れ伝わってくる日本武道館は、一流芸能人のライブ、コンサート会場って感じだけど、
柔道や剣道、弓道、相撲、空手道など、日本武道の稽古や競技場として普段は使用されています。


でも、この日もダイアナ・ロスの来日ライブ会場として使用されてました。

 冬でも緑濃い公園。

東京って、ど真ん中に豊かな自然を有する皇居があったり、明治神宮、新宿御苑、上野恩賜公園など、
中小規模の公園・緑地が案外、点在しています。

この北の丸なんか、大きな建物はこの武道館と科学技術館くらいなもので、ほぼほぼ緑地。

都心で暮らしてる人には、森林浴しながら散歩できて、心洗われる場所なんでしょうけど、
自然が手に届くところにある地方人な僕には、大きな公園だなぁ、と思ったくらい。


北の丸、もうひとつの大きな建物、「科学技術館」。

“サイエンス・ミュージアム”ってくらいだから、楽しい展示物があるんかなぁ、と入ってみたけど、
受付やショップしかない1階は殺風景で、わくわくするものがなくて、入場料も720円もしたので、出てきちゃいました。

でも、展示室は2階から5階まであって、見て、触って、体験や実験ができる、様々な展示物があり、
なんだかんだと2時間ぐらいは楽しめるんだそう。


外に出て、地図をチェックしたら、近くに吉田茂の銅像があるみたいなので、探してみました。

科学技術館から武道館側へ少し戻る感じで、木立の中を進むと、ありました。


昭和53年(1978)に生誕百年を記念し、寄付が募られ、3年後の昭和56年 (1981)9月に建立されたそうです。


途中、首都高都心環状線をまたぐ橋を渡ったりしながら、皇居に向かって歩いて行きました。


首都高の北の丸出口、代官町出入口がすぐそばに接続してる大きな通りに出ました。

皇居は通りを渡った向こう側。


つづく。


青春18きっぷ旅 3 メニュー

1日目
松山~大阪
~名古屋

2日目
伊勢神宮内宮 1 2
伊勢神宮外宮
伊勢~東京

3日目
靖国神社
北の丸公園
皇居東御苑 1 2
丸の内 秋葉原

4日目
上野~福島
福島~山形
山形市内
山形城跡
蔵王温泉へ

5日目
蔵王温泉スキー場 1 2 3 4 5
蔵王温泉街 1 2

6日目
蔵王温泉~山形~仙台
仙台城跡 1 2
仙台~福島~黒磯~東京

7日目
東京~小淵沢
小淵沢~塩尻~名古屋~大阪

8日目
今宮戎神社・十日戎
大阪城 1 2 3
大阪の夜

9日目
安土へ
安土城 1 2 3 4
京都東山散策 1 2 3
関連記事

19:29:29 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 3 3日目 靖国神社<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 3日目 皇居東御苑 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 3 3日目 靖国神社<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 3日目 皇居東御苑 1