2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
青春18きっぷ旅 3 3日目 皇居東御苑 1
2015 / 12 / 31 ( Thu )
皇居は、修学旅行でちらと立ち寄ったくらい、当時の記憶もほとんどありません。

大人になって東京には数え切れないくらい来てるけど、皇居には用もないし、興味も湧かなかったから、
ほとんど、“初皇居”、些細なものも、新鮮で仕方ありません。


北の丸公園と皇居を分断する車道を歩道橋で渡り、
 北桔橋へ。
北桔橋は、“きたはねばし”と読みます。


橋の途中に制服を着た人が立っていて、こっちを見ています。

う~ん、入れないのかな?

 ひとまず、見所含め、案内図でお勉強。

と云うのも、皇居に関する基本的なこと、まったく調べも、知りもしなかったので、

・皇居には誰でも入れるの? 

・いつでも入れるの?

・入場料は?

んな事柄を中心に、文字を追ってみました。


ひとまず、皇居の基本です(案内図には、んなこと書いてないけど)。

天皇の住居「御所」、儀式・応接・政務が行われる「宮殿」がある皇居は、
言うまでもなく、元は徳川家の居城、幕府の政庁だった江戸城の跡地です。

明治維新後、東京を都として奠都(てんと。遷都ではない)し、明治天皇が東京に行幸され、
「東京城」と名を改めていた旧江戸城に滞在するようになり、「皇城」と称されるようになりました。

その後、新宮殿が造営されて以降、戦前までは「宮城」と呼ばれていました。

現在の「皇居」は、戦後の昭和23年に廃止されてからです。

「江戸城」→「東京城」→「皇城」→「宮城」→「皇居」と変遷してきました。

江戸城は外堀まで含めると、とてもとても広大な敷地を有していましたが、現皇居の敷地は以下の通り。
 環境省から。
大きく分けると、宮内庁が管理する「皇居」と、環境省が管理する「皇居外苑」があります。

「皇居」は、上図の黄色い部分で、「西地区」「吹上地区」「東御苑地区」の3つの地区に分けられます。

「西地区」は、江戸城の西の丸があった区域で、宮殿や宮内庁庁舎があります。

「皇居一般参観」を事前に申込んでおけば、宮内庁庁舎や宮殿東庭、宮殿などを見学することができます。
(ただし、参観は平日のみ。事前申し込みはインターネットからが便利です。)

天皇誕生日や新年一般参賀は、宮殿内の長和殿前で行われています。
(こちらは、事前申し込み不要)

「吹上地区」は、吹上御苑とも呼ばれ、御所や、自然観察会が行えるほど豊かな森があります。

「東御苑地区」は一般に開放されていて、皇居の東側、旧江戸城の本丸と二の丸、三の丸に当たる部分です。

そして、「皇居外苑」は、さっき歩いてきた「北の丸公園」と、東京駅、丸の内に面する「皇居外苑」のふたつです。


これから散策する「皇居東御苑」は、事前申し込みや入園料は不要ですが、

休園日は、
(1)月曜日・金曜日
 ただし,天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開。
 なお,月曜日が休日で公開する場合には,火曜日を休園。
(2)12月28日から翌年1月3日まで
(3)行事の実施,その他やむを得ない理由のため支障のある日

公開時間は、
3月1日~4月14日 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
4月15日~8月末日 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
9月1日~10月末日 午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日 午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)

となっています。

実は後で、もう一度入園したい事情が発生し、門の前まで行ったのですが、
僕が訪ねた1月6日は午後4時まで、入園は3時半までとなっていて、そんなに早く閉まるとは知らず、
門番さんと文字通り閉まった門を前にして、疲れた足を引きずるように引き返しました。


東御苑の案内図です。

宮内庁から。

皇居東地区の旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を皇居附属庭園として整備し、
面積約21万平方メートル、桃華楽堂や三の丸尚蔵館,楽部・書陵部の庁舎などがあります。


さて、今日は公開日で無料だってことも分かったので、堂々と北桔橋門に向かいます。

北桔橋までは、東の 「平川濠」 と西の 「乾濠」 を分ける土橋構造になっています。

 橋の手前に詰め所があります。
正確には「皇宮警察本部坂下護衛署北桔橋門警備派出所」。

ちなみに、天皇・皇族の護衛、皇居、御所、御用邸などの警衛を担当する職員は「皇宮護衛官」と云います。

警察官ではありませんが、警察庁の公安職、皇宮警察本部に所属しています。

皇居内には、皇宮護衛官を育成するための「皇宮警察学校」があったりします。

 派出所の向かいにあった石碑。

桔橋と書いて“はねばし”と読みますが、江戸時代はホントに文字通りの跳ね橋だったそうで、
橋の片方を滑車で引き上げて敵の侵入を防ぐ構造になっていたそうです。

いまは固定されていますが、門に当時使われていた滑車が残っています。

 東の 「平川濠」 。
 西の 「乾濠」 。
橋から見下ろすと、旧江戸城側は水面からかなりの高低差があり、石垣も美しいです。

この立派な石垣と大きな壕が、ほんの百年ちょっと前まで、江戸城だったことを再認識させてくれました。

 北桔橋門。
皇居を見学、と云うより、気分は、江戸城址を散策、です。


つづく。


青春18きっぷ旅 3 メニュー

1日目
松山~大阪
~名古屋

2日目
伊勢神宮内宮 1 2
伊勢神宮外宮
伊勢~東京

3日目
靖国神社
北の丸公園
皇居東御苑 1 2
丸の内 秋葉原

4日目
上野~福島
福島~山形
山形市内
山形城跡
蔵王温泉へ

5日目
蔵王温泉スキー場 1 2 3 4 5
蔵王温泉街 1 2

6日目
蔵王温泉~山形~仙台
仙台城跡 1 2
仙台~福島~黒磯~東京

7日目
東京~小淵沢
小淵沢~塩尻~名古屋~大阪

8日目
今宮戎神社・十日戎
大阪城 1 2 3
大阪の夜

9日目
安土へ
安土城 1 2 3 4
京都東山散策 1 2 3
関連記事

19:29:46 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 3 3日目 北の丸公園<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 3日目 皇居東御苑 2
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 3 3日目 北の丸公園<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 3日目 皇居東御苑 2