2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08  
青春18きっぷ旅 3 5日目 蔵王温泉スキー場 3
2016 / 02 / 21 ( Sun )
山頂のお地蔵様にお会いした後、山頂駅舎に戻って駅舎内を散策。

 温度計は、マイナス9度を示してました。


壁のデジタル温度計も、マイナス9.9度。

これは駅舎内の温度で、外気温はもっと低く、体感気温は強風でマイナス20度近くになっていました。


樹氷の見学やお地蔵様の参拝者向けに長靴が無料で貸し出しされています。

 ロープウェイ山頂線の基本データ。

 除雪道具や担架ソリ。

 屋上は展望スペースになっているようですが、悪天候で閉鎖中でした。

そのほか、レストランもあり、軽食を楽しむことができます。

トイレは階下にあり、階段の途中で、
 巨大な円盤が回転する様を見られます。


廊下には写真や「フニテル」=ロープウェイについての解説などが掲示されています。

スタッフエリアなどもあってか、階下は温かかったです。


寒けもおさまったところで、ボード、再開。

けれど、板を持って外へ出た途端に、持っていた板が飛ばされそうな強風に襲われました。

吹雪は収まるどころか、悪化していました。

山頂行きのロープウェイが運行停止になるのも時間の問題、と云った荒れっぷりでした。

 下り坂が始まるスタート地点まで数十mほど吹雪の中を移動。
僕のほかにも数名が寒さに耐えながら板を装着してました。

その装着中の仲間を待つスキーヤーも大変そうに立ってました。

なんか、まぶたが重たい…。

と思ったら、まつ毛が凍ってました。

ごしごし、まつ毛の氷を拭き落として立ち上がり、樹氷原コースへ。

でも、滑り出してすぐに、また、まつ毛が凍り付きました。

まさに霧氷が、目の真ん前でどんどん成長、視界が狭くなるほどでした。

いまさらですが、この日、ゴーグルをレンタルするの、忘れてました。

さすがに、吹雪の中では、ゴーグルは必須です。

時々、目をこすって氷を落とさないと安全に滑れなかったくらい、山頂は酷な環境でした。


緩やかな樹氷原コース、天気がよければ林立する樹氷を思う存分楽しむことができたでしょうが、
ホワイトアウトに近い状況では、時々立ち止まり、コース脇の樹氷を観察するのが精一杯でした。
 ごつごつした立ち姿。

風上に向かって成長する氷、「エビの尻尾」も間近で観察できました。

 雪の着ぐるみみたいな樹氷たち。
遭難したら、ただちにアイスモンスター化するでしょうね。

山頂付近は傾斜もあり、ブレーキかけても、すぐにまたスピードを取り戻せました。

その後は、ゲレンデマップを持ってなかったのとガスの影響で、分岐にさしかかる度、立ち止まって確認しつつ前進。

パラダイスゲレンデとの分岐以降ではやはり、緩斜面に捉えられ、引力だけでは進めなくなりました。

スケーティングして窮地を脱しつつ、ユートピアゲレンデに戻り着きました。

「ユートピア 標高1340m」。

まつ毛は凍らなくなったけど、下半身の冷えが治まりません。

ひとまず、ホテルに戻り、タイツをはき直してこよう、と決め、麓まで一気に滑り降りることにしました。

 ユートピア第1ペア乗り場とアストリア第3ペア終点。
その脇から、百万人ゲレンデへ滑り降りました。

「百万人」なんて名付けられるくらい、横幅は最大200m、狭いところでも100m、
スキー遠足や修学旅行など、団体客が右往左往しても大丈夫なくらい、めっちゃ広い1枚バーンです。

けれど、噴火警戒情報に始まった風評被害のせいで、がらがら…。

おかげで、思いっきりロングターンを楽しめました。

分岐ではまた立ち止まり、行き先をしっかり確認して、ようやく、山麓にある横倉ゲレンデへ。

ゲレンデの中ほどにある、赤い屋根のホテル、
 蔵王アストリアルホテル。
こちらも当然、冬はリフトかスノーモービル、雪上車でしかアクセスできません。

けれど、まさに自然のまっただ中、絶景と温泉を楽しむことができます。

こんな素敵なホテルが山頂に点在してる蔵王、やはりスケールが違います。

横倉ゲレンデを振り返って。
ホントにとても滑り甲斐があり、積雪も最高のゲレンデでした。

でも、足も腰もがくがく、疲労困憊でした。

こんなに巨大だとは…。

ゲレンデ最下部から振り返って。

 蔵王ロープウェイ山麓線の蔵王山麓駅。

 横倉第1ペアの乗り場。
 駐車場脇のレストラン・休憩所。
その後ろの灰色の建物は、「世界のタンゲ」、建築家・故丹下健三氏が手がけた「たかみや瑠璃倶楽リゾート」。

ワンランクもツーランクも上のリゾートホテルです。

 駐車場から外に出て、
 歩道をとぼとぼ、ホテルへと歩き戻りました。

ホテルに戻り、建物の裏から入る乾燥室に板とブーツを預けます。

今日の相棒はこんな板でした。

いま見ると、バインディングが少し、セットバックしすぎかな。

パウダーには向いてるんだけど、スイッチバック時にターンがしづらかったのはそのせいだったのかぁ…。


つづく。


青春18きっぷ旅 3 メニュー

1日目
松山~大阪
~名古屋

2日目
伊勢神宮内宮 1 2
伊勢神宮外宮
伊勢~東京

3日目
靖国神社
北の丸公園
皇居東御苑 1 2
丸の内 秋葉原

4日目
上野~福島
福島~山形
山形市内
山形城跡
蔵王温泉へ

5日目
蔵王温泉スキー場 1 2 3 4 5
蔵王温泉街 1 2

6日目
蔵王温泉~山形~仙台
仙台城跡 1 2
仙台~福島~黒磯~東京

7日目
東京~小淵沢
小淵沢~塩尻~名古屋~大阪

8日目
今宮戎神社・十日戎
大阪城 1 2 3
大阪の夜

9日目
安土へ
安土城 1 2 3 4
京都東山散策 1 2 3
関連記事

12:44:34 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 3 5日目 蔵王温泉スキー場 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 5日目 蔵王温泉スキー場 4
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 3 5日目 蔵王温泉スキー場 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 5日目 蔵王温泉スキー場 4