2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
青春18きっぷ旅 3 7日目 小淵沢~塩尻~名古屋~大阪
2016 / 03 / 06 ( Sun )
 11時37分発の松本行き普通列車に乗車。
てっきり、小淵沢始発だと思ったら、実は甲府発で、座席が結構、埋まっていました。

優先席しか空いてなかったので着席。

向かいの優先席に、荷物を並べ、ふんぞり返って座っている中国人らしい乗客が歯抜け顔でニヤニヤしていて、
不気味、と云うか、気色が悪かったので、後ろの車両に移動。

移動したらしたで、今度は、ぶつぶつ独り言を云う奴がいて、気になってしょうがないので、また移動しました。


県境を越え、ついに長野県入り。

次の、その名も信濃境駅のホームには、かき寄せられた雪がありました。

 畑も一面の雪。


すずらんの里駅に着く手前で動画を撮ってみました。

やっぱり、冬の長野には雪がないと格好が付かないです。

 もうひとつの思い出の駅、茅野。
けれど、昔のように心がざわざわ騒ぐこともなく、おとなしくスルーできました。

その後、列車は諏訪湖畔を西へ向かいます。


諏訪市街地から諏訪湖畔沿い。

雪があったのも諏訪、岡谷までで、トンネルをくぐり、塩尻側に出ると雪は遠くのお山にしか見当たらなくなりました。


12時35分、塩尻到着、列車は松本に向かって北へ走り去って行きました。

ひとつ先のホームにはもう、中津川行きが到着していたので、急いで階段を登り降りして乗り換え、席を確保。


中津川行き。

とは云え、発車まで30分ほどあったので、うろちょろ。


改札とホーム間移動通路。

通路から見た、北側のパノラマ。

北東部の岡谷と塩尻の市境を成す山並み。

鉢伏山山頂。

高ボッチ山山頂。

 北アルプス方面。

残念ながら、奥穂高や間ノ岳は雪雲の厚いベールに覆われて見通せませんでした。

塩尻駅は、JR東日本に属する中央本線の東線、篠ノ井線、JR東海に属する西線が分岐し、交わる場所です。

左に行く線路は諏訪、山梨、東京本面の中央東線で、右に消える線路は木曽、中津川、名古屋方面の中央西線です。

 フルーティな駅名標。

待っている間、次々に列車が通り過ぎてゆきました。

そのなかで印象的だったのは、

「いろどり」という名前のジョイフルトレイン、団体専用臨時列車でした。

 全席宴会仕様になっているようで、
どの窓辺にも缶ビールや日本酒の小瓶がずらっと並んでいました。

車両により、向かい合って座るテーブル席や、6名個室など様々で、なにより、乗客の皆さんがご機嫌な様子でした。


そろそろ、列車が出る頃になり、中津川行きの列車に戻りました。

発車間際に入線した別の列車からの乗り換え客で空席は埋まりました。

13時06分、出発。

列車は木曽路を南下します。


 木曽路はすべて雪の中。
多いところで、屋根にも30センチほど積もっていました。

木曽福島がピークで、長野県内はずっと雪がありました。

これが今日の雪景色の見納めになるだろうと思って、ずっと見続けていました。



冬だからかも知れないけど、三連休なのに、下車する観光客がとても少ない気がしました。

昨年、一昨年の夏に通ったときは、バックパッカーな外国人観光客もたくさん見かけたけど、今回は全然。

この前年の2014年9月に発生した御嶽山噴火災害の風評被害がまだ尾を引いているのだと感じました。

でも、噴火、噴煙による被害は山頂周辺に限られ、麓の観光地はまったく、被害を受けませんでした。

むしろ、団体客の宿泊キャンセルが相次ぐなど、風評被害による経済的なダメージの方が大きかったくらいでした。

蔵王温泉も風評被害でお客さんが激減して困ってた。

蔵王にも木曽路にも、かつての賑わいが戻るのは何年後だろうか。


倉本駅で見つけた、中央アルプス空木岳登山口。


雪は南木曽でめっきり少なくなり、県境を越え、愛知県に入ってすぐの坂下駅ではもう、日陰の残雪だけになりました。

 列車は木曽川を何度も渡ります。


たくさんの家並みとその奥にそびえる恵那山が見えたら、間もなく、終点の中津川。


15時14分、塩尻から2時間かかって中津川着。

いつもの習慣で急いで乗り換えましたが、今度の名古屋行き快速は多連結車両で、余裕ありまくりでした。

 写真を撮りに行った最後尾はがらがら。

15時19分、発車。

好きな席にゆったり座れて、ごきげんさん。

居眠りしそうなほど、車内は暖かく快適だったけど、忘れないうちにと、時刻表アプリで乗り換え等をチェック。

そのとき、ふと、昨年の夏旅で気になった一場面を思い出しました。

それは、名古屋で乗り換えたときのことで、乗り込んだ列車に、ひとつ前の金山駅で降りた人がなぜかいたことです。

混んでて座れなかったこともあり、余計に不思議に感じて、調べてみたのです。

すると、金山駅には、名古屋で乗り換える予定の米原行きなどが、先に停車することが判明。

行列ができるほど、乗降客が多い名古屋より、金山から乗るほうが座れる確率が高いってことです。

今回の乗り換えでも使える技かと調べてみたら、今日の米原行き快速も金山に停車することが分かりました。


16時30分、金山で下車。


初めて降りた金山駅は、中央本線と東海道本線が分岐・合流する駅で、たくさんのホームが並んでました。。

乗り換え時間が15分ほど、でも、駅の勝手が分からないので、急ぎ足でホームを探して移動。

 豊橋発の米原行き快速到着。
座席は埋まってましたけど、次の名古屋駅で空くことが分かっていたので、喜んで乗車。

16時53分、発車。

次の名古屋では、滑り込んだホームにはたくさんの行列ができていました。

でも、すでに車内にいたおかげで、名古屋で降りる客と入れ替わりに座ることができました。

ドアが開くと、人がわっと乗ってきて、通路まで人がいっぱいになりました。

金山乗り換え、正解でした、よかった (^_^)


尾張一宮辺りから雨でした。

岐阜や大垣で多数が下車。


日が暮れた頃、タブレットのバッテリーが10%を切り、危険水域に。

慌ててポータブルバッテリーを繋いだけれど、消費スピードに追いつけず、空っケツになってしまいました。

そうなると、時刻表も見られないし、日記も打てず、ぼーっと米原まで過ごした。


18時11分、米原着。

米原での乗り換えは、向かいのホームで楽。

通路側に座ってたおかげで、すぐに下車、真っ先に乗り込めたので、窓際の席を確保できました。

18時18分、発車。

雨は大津辺りまで降ってたようだけど、京都以西の道路は乾いていました。


19時42分、大阪着。

ホームに降り立つ前から心臓がどきどきしていて、圧倒的な人の多さに負けそうでした。

キャリーバッグを持って人の流れを横切るのも一苦労。

まだ8時前、梅田の街も店もまだ明るいから、少し散歩していこうかと、列車の中では思ってたけど、
いざ降り立ってみると、お腹はペコペコ、シャリバテ状態で、早く横になりたい。

予約していた、ミナミのカプセルホテルへ直行することにしました。

地下鉄で梅田から心斎橋へ。

難波で降りなかったのは、やっぱり、大阪の街を感じてみたかったから。

心斎橋もすごい人出で、それも中国人だろう、外国人観光客が右往左往。

道頓堀の引っ掛け橋はさらにカオスで、疲れ倍増、心斎橋で降りたことを後悔。

アーケードを足早に抜け、
 カプセルホテルにチェックインしました。
長野や北海道を行ったり来たりしていた頃、大阪の定宿にしてたカプセルホテルです。

気づけば、泊まるのもそれ以来、十数年ぶり。


フロントに上がるエレベーターの前に、「本日満員」の看板が立っててびっくり。

気まぐれに目的地を変更しても大丈夫なように、旅の後半の宿泊予約はぎりぎりまでしてませんでした。

でも、去年の夏旅で、ホテルが一杯で結局、カラオケボックスで一夜明かした新潟の夜の二の舞だけは御免なので、
山形から東京に戻った晩に予約しておきました。

飛び込みでも大丈夫だと高をくくってたら、大変なことになってた、まったく。


階下のコインランドリーで、明日明後日に必要最低限なものだけを洗濯。

洗い上がるまでの30分間、レストランで食事。

美味しかった思い出のある唐揚げ定食を注文、今回はうどんが付いててお腹いっぱい、相変わらず美味しかったです。

食後、コインランドリーに戻って、乾燥機に放り込み、完了まで、同じフロアの大浴場で入浴。

十数年前に来たときとほぼ、変わってない大浴場。

露天風呂から見える街並みも環状線の高架も昔のまま。

自分だけが変わってしまったような、おかしな感覚になりました。

そして、あの頃は、こんな大人になるなんて、想像すらしなかったと感慨にふけってしまいました。

風呂上がり、洗濯物を引き取り、カプセルルームへ。

カプセル内にはコンセントがあり、スマホもバッテリーもウォークマンもばっちり充電。


横になり、テレビを見ながら、明日は何処へ行こう…と、考える。

夕方5時からは、大阪に住む兄との食事会があるので、それまでなにしよう…。


つづく。


青春18きっぷ旅 3 メニュー

1日目
松山~大阪
~名古屋

2日目
伊勢神宮内宮 1 2
伊勢神宮外宮
伊勢~東京

3日目
靖国神社
北の丸公園
皇居東御苑 1 2
丸の内 秋葉原

4日目
上野~福島
福島~山形
山形市内
山形城跡
蔵王温泉へ

5日目
蔵王温泉スキー場 1 2 3 4 5
蔵王温泉街 1 2

6日目
蔵王温泉~山形~仙台
仙台城跡 1 2
仙台~福島~黒磯~東京

7日目
東京~小淵沢
小淵沢~塩尻~名古屋~大阪

8日目
今宮戎神社・十日戎
大阪城 1 2 3
大阪の夜

9日目
安土へ
安土城 1 2 3 4
京都東山散策 1 2 3
関連記事

22:35:44 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 3 7日目 東京~小淵沢<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 8日目 今宮戎神社・十日戎
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 3 7日目 東京~小淵沢<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 8日目 今宮戎神社・十日戎