2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
青春18きっぷ旅 3 8日目 大阪城 1
2016 / 05 / 03 ( Tue )
地下鉄に乗って大阪城に移動。

堺筋線恵美須町駅から乗車、堺筋本町で中央線に乗り換え、谷町四丁目で下車。

 地上に出ると、そこは中央区のビル街。
写真左のビルはNHK大阪放送局、右は大阪歴史博物館。

 ビル前の広場は、

7世紀中葉から8世紀末にかけて、古代難波にあった都「難波宮」の跡地の一部でした。

大極殿基壇や八角形建物などが復元された難波宮跡公園は、阪神高速を挟んだ斜め向かいにあります。


5世紀頃に建設された巨大な高床式倉庫「法円坂遺跡復元倉庫」もありました。

 大阪歴史博物館とNHK大阪放送局を繋ぐ球体ドーム。


大阪府警本部の南側にあった、大坂冬の陣関連の遺構発掘調査の解説板。


 信号を渡り、大阪城公園へ。


思えば、小学校の修学旅行以来の大阪城公園。

 修学旅行なんて昔のこと過ぎて、初めて来たみたいに新鮮。

綺麗な岩垣の南外堀。


南外堀

大阪城二の丸の南に位置する堀で、西が大手口、東が玉造口である。
石垣の総延長は約2キロメートル、堀の最大幅は約75メートルあり、寛永5年(1628)、徳川幕府による大坂城再築第3期工事により、豊臣時代大坂城の堀跡に改めて石垣が築造された。
幕府の命令によって動員された大名は肥前佐賀藩鍋島家・加賀金沢藩前田家・因幡鳥取藩池田家・筑前福岡藩黒田家など57家。
内側の石垣上には東から一番櫓から七番櫓まで七棟の隅櫓が建造された。
櫓は明治維新の大火により四番・五番・七番を失い、さらに第二次大戦の空襲により二番・三番を失って、現在は一番櫓と六番櫓だけが残る。


豊臣時代にはなかったお堀です。

豊臣時代のお堀は、冬の陣の和議を履行した際に埋められ、現在に至るまで一部しか発見されていません。

そして、石垣も徳川政権下で築造されたものです。

 お堀に沿って北へ。


「大坂冬の陣・夏の陣」から400年を迎えて企画された「大坂の陣400年天下一祭」の幟。


立ち並ぶいろんな看板を過ぎると、

大阪城本丸への入口のひとつ、大手門の土橋。

土橋から見た西外堀。

 千貫櫓。

 大手門は修復作業中。

どうもこの頃、行く先々の寺社仏閣城跡史跡で「○○年ぶりの修復工事」ばかり…。

 門内は、防御の鉄則、枡形。

 長屋状の建物・多聞櫓も修復中、見えるのは一部分。


西の丸へ入ってすぐ、目に入った、大きな岩。

 訪問時、大阪城ではプロジェクションマッピングのイベントが行われてて、
道端のテントは夜のイベントに備えたものでした。

大阪城が機械仕掛けになったり、燃え落ちたり、なかなかの迫力だったみたい。

 左に道が折れた先には、
 西の丸庭園の入口がありました。
今回はパス。

二の丸入口にあった南仕切門の跡を通過。

 門跡の石垣も、石と石の面がぴったし。

二の丸へ。

 「石山本願寺推定地」の碑。

大阪城はもともと、あの織田信長と11年もの長きにわたって死闘を繰り広げた石山本願寺の本拠地がありました。

当時の大阪は荒れ地が広がり、商業の中心地はずっと南の堺でした。

「大坂御坊」と呼ばれ、石垣を巡らした城塞のような構えであったと云われています。

本願寺が信長と講和し紀州へと去ると、信長は「大坂之御城」として整備されました。

信長亡き後、豊臣秀吉が引き継ぎ、自らが黄金の瓦と漆黒の壁に装飾された天守を建造。

二の丸、総構えが増築され、秀吉の死後も整備は続き、三の丸の完成は秀吉入城から14年後でした。

大坂冬の陣の後、徳川家康の言いなりで堀を埋め、同時に二の丸、三の丸を失いました。

続く夏の陣で本丸が焼失し落城、豊臣氏は滅亡しました。

戦後、摂津大坂藩藩主となった松平忠明が大阪の戦災復興にあたる中、大阪城の再建もスタート。

豊臣大阪城の跡地には数mの盛り土が行われ、石垣もみな、地下に封印されました。

徳川幕府の直轄地となった大阪に豊臣大坂城の約2倍の規模で徳川大阪城が完成したのは9年後のことでした。

天守台含めて60m近い高さを誇った巨大天守でしたが、火には勝てず、焼失。

焼け落ちた江戸城や多くの城同様、再建はされませんでした。

いまの大阪城天守は、昭和6年(1931)に復興されたものです。

鉄筋コンクリート製の天守ですが、太平洋戦争時でも焼け落ちず、豊臣・徳川大阪城より、ずっと長命です。

 この岩垣も秀吉時代のものではありません。


水のない内堀に沿って少し歩くと、

堀の反対側に露店が立ち並んでいて、その先に鳥居が立っていました。

豊臣秀吉、息子の秀頼、秀吉の弟の秀長を御祭神として祀っている豊國(ほうこく)神社の鳥居です。

ちなみに、京都にある、読み仮名と国の漢字が違う豊国(とよくに)神社は、秀吉のみを祀っています。

 秀吉公の銅像がお出迎え。


狛犬コレクション。


秀吉にあやかって出世の神様として人気の豊國神社。

 合掌。

大阪城公園もアジア系観光客が多く、多言語が飛び交っていました。

韓国系観光客も参詣してたけど、ジャパンバッシングのお題目・朝鮮の役を起こした張本人をお祀りしてるだけどなぁ。


大阪城本丸へ、内堀を土橋で渡って向かいます。


重要文化財の「桜門」越しに天守閣が見えてます、うきうきわくわく。

ここ、桜門も入ってすぐはクランク状に道が折れ曲がる枡形になっていて、
 訪問者を感歎させる仕掛け、巨石が
ありました。

このような巨石は移動するだけでも相当な人数の労働者が必要です。

つまりは、多くの労働力を動員できた権力の証、なのです。


戦前は陸軍第四師団司令本部、戦後は大阪市立博物館として利用されていた建物の前を行くと、大阪城が、
 どんっ!  どんっ!
 どんっ!

修学旅行以来のご対面 (^_^)

 チケット売り場。
大人600円、中学生以下は無料です。


石段を上がると、城内に7つある井戸のひとつ「金明水井戸」があります。

 エレベーターでも上がれます。

 さぁ、天守閣へ!


つづく。


青春18きっぷ旅 3 メニュー

1日目
松山~大阪
~名古屋

2日目
伊勢神宮内宮 1 2
伊勢神宮外宮
伊勢~東京

3日目
靖国神社
北の丸公園
皇居東御苑 1 2
丸の内 秋葉原

4日目
上野~福島
福島~山形
山形市内
山形城跡
蔵王温泉へ

5日目
蔵王温泉スキー場 1 2 3 4 5
蔵王温泉街 1 2

6日目
蔵王温泉~山形~仙台
仙台城跡 1 2
仙台~福島~黒磯~東京

7日目
東京~小淵沢
小淵沢~塩尻~名古屋~大阪

8日目
今宮戎神社・十日戎
大阪城 1 2 3
大阪の夜

9日目
安土へ
安土城 1 2 3 4
京都東山散策 1 2 3
関連記事

13:15:35 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 3 8日目 今宮戎神社・十日戎<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 8日目 大阪城 2
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 3 8日目 今宮戎神社・十日戎<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 3 8日目 大阪城 2