2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
ご開帳と葵祭と姫路城の旅 4日目 京都散策
2016 / 06 / 15 ( Wed )
京都御苑のお散歩を終え、表に出たのは昼2時過ぎでした。

どろどろに溶けたチョコレートしか食べてなくて、いい加減、お腹が空いたので、
次に移動する前になにか食べておきたいと思い、烏丸丸太町の交差点に出て、キョロキョロ。

で、御苑の向かいの角にあったすき家に入って、
 チーズ牛丼を初めて食べました。

昨日、大阪ミナミの映画館で「脳内ポイズンベリー」を見たんですが、真木よう子演じる主人公がチーズ牛丼を食べてて、
それまでは、牛丼にチーズなんて、とんでもないって思ってたのに、美味しいかな?とか思い始めて。

で、食べたら、美味しかったです、タバスコもあってたし、でも、カロリーは相当なもんだけどね。


食後、烏丸丸太町のバス停からバスに乗車しました。

 下車したのは、 四条京阪。

鴨川のたもと、四条大橋の東側です。

お正月過ぎの蔵王温泉スキー場旅の帰りに立ち寄った八坂神社へ。

前回訪問時は、南楼門が修復中でしたが、今回は、境内中央の、
 舞殿がすっぽり覆われてました。

 2礼2拍手1礼。

その後、奥の八坂公園にある、

坂本龍馬と中岡慎太郎に挨拶して、

 清水寺を目指しました。

 二年・三年・清水坂を歩いて、

 清水寺へ。

 三重の塔。

今回、清水寺まで行ったのは、境内の裏手にある、あるものを見たかったからです。

それは、
この、千体石仏群を見たかったからです。

清水寺には何度も来たことがあったのに、こんな場所があったことは全然知りませんでした。

これら、たくさんの石仏さまは、もともとは京都の町のあちこちにお祀りされていたお地蔵さまでした。

明治初期の神仏分離令による廃仏毀釈と地蔵取除令により、石仏は水路や塀の石材などに再利用されてしまいました。

けれど、京都の人々は地蔵信仰が篤く、石材にするなど畏れ多いと、こちらに運び込んだんだそうです。

哲学者・梅原猛さんは、

「明治の廃仏毀釈が無ければ現在の国宝といわれるものは優に3倍はあっただろう」

と考察されてます。

さらには、近代日本には、明治維新の時の廃仏毀釈、修験道の禁止の二回の神殺しがあったとも語っておられます。


これらのお地蔵さまは、数少ない、神殺しの嵐の生き証人なのです。

これまで普通にあったものを、新世界が始まった途端、否定する…。

けれど、それだけ、明治維新という新世界の到来は、市井の庶民にまで熱狂的に受け入れられた証拠なのでしょうね。


 清水の舞台へ。

 大黒様。

舞台からの眺め。


舞台を抜けたところにある地主神社にもお参り。


狛犬コレクション。


奥の院からの眺め。

 少し移動して。

舞台からは、谷を挟んで、
 こんな風に見える子安塔にも足を運びました。


真っ赤な三重の塔、子安観音をお祀りし、安産に大きな信仰を集める子安塔。

子安塔から見た清水の舞台。

 音羽の瀧。


舞台は、下から見ると、その造りがとても興味深いです。


八坂からの帰り道、電車に乗って帰る前に祇園をちょっと歩いてみました。

 でも、たくさんの人、クルマまで往来してて、雑踏すぎ。

風情が全然、感じられなかったので、すぐ、Uターンして、出ちゃいました。


その後、新京極をぶらぶらして、
 四条河原町から阪急で大阪に帰りました。


大阪ミナミにまっすぐ戻り、トンカツと唐揚げのセット定食を食べ、ホテルに帰ったのは、もう夜の10時半頃になってました。


つづく。


ご開帳と葵祭と姫路城の旅 メニュー
1日目
松山→大阪→長野 1 2

2日目
長野・善光寺 1 2
長野市
戸隠へ
戸隠神社中社
戸隠神社奥社 1 2
戸隠神社宝光社
裾花峡温泉

4日目
京都御苑 1 葵祭
京都御苑 2 3 4
京都散策

5日目
姫路城 1 2 3 4 5
岡山・岡山城 1 2 3
関連記事

17:14:24 | コメント(回答)(0) | page top↑
ご開帳と葵祭と姫路城の旅 4日目 京都御苑 4<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 姫路城 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

ご開帳と葵祭と姫路城の旅 4日目 京都御苑 4<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 姫路城 1