2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03  
ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 岡山・岡山城 2
2016 / 06 / 22 ( Wed )
 真っ黒い外観の岡山城の中に入ります。

 大人の入場料は、300円、安いです。
後楽園や林原美術館、オリエント美術館とのお得な共通券もこちらで買い求めることができます。

入場時間は、9時から17時です。

 入城口。

 入って右側に券売場があります。

 その奥には、岡山市の観光情報コーナー。


ちなみに、この入城口のあるフロアは、1階ではなく、石垣の中に位置するので、地階になります。

2層の大入母屋基部をふたつ重ねた上に、2層の望楼部を乗せた形をしている、3層6階建ての望楼形天守閣で、
 最上階は6階ということになります。


 「戦国合戦絵巻」と題した展示物。
宇喜多直家が戦国大名に出世するまでの歴史や、秀家の生涯、秀家と豪姫の子供に関する資料のほか、
国盗り合戦や秀吉による備中高松城水攻めなどを音と映像で紹介しています。

 中央にエレベーターがあり、4階まで行くことができます。

エレベーター横の展示物は、金のシャチホコと火縄銃。

 5、6階は階段で上ります。


と云うことで、一気に4階まで上がり、あとは階段で6階まで上がりました。


 6階・最上階。
内部もシックな造りです。


岡山城も残念ながら回廊がなく、このような格子の入った窓からしか、外を眺められません。

それぞれの窓には、方角や、窓から見える街がシルエットで紹介されています。

南西から南東にかけてのパノラマ。


東側、左から右へ蛇行する旭川。


北側、後楽園方面。


北西側の眺め。


撮影してる間に、僕ひとりだけになりました。

後楽園を見下ろして。

 「岡山名所案内」。

 中央の階段。

小さい窓からパノラマを鑑賞したら、あとは下りながら、各階の展示物を見て回ります。


つづく。


ご開帳と葵祭と姫路城の旅 メニュー
1日目
松山→大阪→長野 1 2

2日目
長野・善光寺 1 2
長野市
戸隠へ
戸隠神社中社
戸隠神社奥社 1 2
戸隠神社宝光社
裾花峡温泉

4日目
京都御苑 1 葵祭
京都御苑 2 3 4
京都散策

5日目
姫路城 1 2 3 4 5
岡山・岡山城 1 2 3
関連記事

17:16:44 | コメント(回答)(0) | page top↑
ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 岡山・岡山城 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 岡山・岡山城 3
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 岡山・岡山城 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ご開帳と葵祭と姫路城の旅 5日目 岡山・岡山城 3