fc2ブログ



 2023 081234567891011121314151617181920212223242526272829302023 10  
2015年の夏 玉造温泉 2
2016 / 06 / 23 ( Thu )
島根松江の玉造温泉をお散歩中。

温泉街を歩いて、温泉街の外れにある、
 玉作湯神社を訪ねました。

玉作湯(たまつくりゆ)温泉

 玉作湯神社は、奈良時代の『出雲国風土記』〔天平5(733)年〕に記された古い神社で、式内社でもあります。
玉作りの神櫛明玉命、国造りと温泉療法の神大名持命(大国主命)、温泉守護の神少彦名命の3神を祀っています。

 神社境内は、国指定史跡出雲玉作跡(宮ノ上地区)の一画にあたり、花仙山周辺では最古の玉作り遺跡で、弥生時代末から玉作りが行われていました。
江戸時代には、「湯姫大明神」、「湯舩大明神」とも呼ばれ、藩主の崇敬が厚く、隣接する玉造御茶屋(松江藩の静養施設)に松江藩主が訪れる際には、必ず玉作湯神社に参詣しています。
藩主から神社へ品々の寄進もあり、それらは現在でも玉作湯神社に大切に保管されています。

 明治時代以後、天皇即位の式典に際しては、ここで作られた瑪瑙・碧玉製品が献上されていました。

     平成24年3月松江市教育委員会



 境内へ上がる石段の手前、社務所の前に、

「叶い石」と云う名前のお守りを自分で作ることができる、石と袋がセットになったものが売ってました。

ひとつ、購入し、

石段を登りました。

 石段の右側の小径は、玉造要害山城跡に行けるようです。

 石段の途中に不思議なオブジェ。

玉作湯神社 出雲玉作跡出土品収蔵庫

 古代の住居形ハニワを模した建築で、昭和35年に完成しました。
鉄筋コンクリート平屋建、約20㎡の広さがあります。

 この中には古代玉作りに関する資料約700点が収蔵されています。
各種の玉類未成品と玉磨き砥石からなり、そのうち玉類184点、砥石162点、古代ガラスー括は、昭和14年と33年に国の重要文化財に指定されています。

 古くからの伝世品を除くと、大部分が町内の玉作り遺跡から採集されたもので、住民が発見の都度神社に奉納したものです。
収集は明治以降のことですが、文化財の保護に深い関心を寄せられた玉作湯神社歴代宮司の熱心な指導によるものです。

 玉作湯神社は、玉作りの祖神とされる櫛明玉命のほか、湯神2柱を祭神としています。
(収蔵庫見学希望の方は宮司宅までご連絡ください)

    昭和59年11月
     玉湯町教育委員会



 境内。


狛犬コレクション。

 拝殿。

 さっき買った「叶い石」のセットの中身です。
願い事を書く紙と、袋、石が入ってました。

では、お守りの作り方です。

まず、2礼2拍手1礼で、拝殿にお参りします。

 拝殿横に御神水が出ている場所があります。
こちらの御神水で、セットの中にある叶い石を洗い清めます。

しめ縄が巻いてある石に叶い石を触れさせ、神様の力を吹き込みます。

 拝殿に筆記用具が置いてあるので、セットの紙に願い事を書き込みます。

紙は複写式になっているので、一枚は拝殿の願い札入れに投函、もう一枚は、叶い石と共にセットの袋に入れます。

以上でお守りのできあがりです。

願いが叶ったら、叶い石は神社に返納し、お祓いしてもらいます。

僕も、作法に従ってお守りを作りました。

叶いそうもないことをお願いしたので、まだ、神社に返納できてません。

 神様、よろしくお願いいたします。。。。


神社を出ると、温泉街は夕闇に中でした。

 来るときにイベントの準備をしてた場所は、お祭りが始まっていました。

 ヘンテコなゆるキャラがいました。
安来市のイメージキャラクター、「あらエッサ君」だそうです。

どじょうすくいの安来節に出てくる、♪アラ エッサッサ~、から来てるみたい。


河原のステージでは、ライブ演奏中。

もう少し、お祭り気分を楽しみたかったけど、温泉入って松江まで帰らなきゃならなかったので、
イベント会場のすぐ近くにある、
 日帰り入浴施設「玉造温泉ゆーゆ」へ。

すでに2度目の訪問です。

 → 玉造温泉ゆーゆ


玉造温泉のお湯は、美肌の湯で有名で、化粧品にも使われる潤い成分「メタケイ酸」が豊富で、
まさに、天然の化粧水の温泉なのです。

さらに、道後温泉みたいに、弱アルカリ性で、角質や汚れを落とす石けんのような効果もあります。

ここ、「ゆーゆ」は、立って入れる浴槽があって、ほかのお客さんがいないときに、こっそり、潜ったりして、
全身で美肌の湯を楽しめるので、好きになりました。

一日経ってもお肌、つるつるしてるし、地元の人は、毎日でも入れて、羨ましい限りです。

玉造温泉街には結構高い料金の温泉旅館やホテルがあるけど、
美肌の温泉と縁結びのパワーに惹かれ、途切れず、お客さんが来るんだろうなぁ。


玉造温泉に関しては、温泉旅館協同組合のサイトが詳しく便利です。

 → 玉造温泉旅館協同組合


美肌の湯をたっぷり肌に染みこませ、夜8時前に「ゆーゆ」を出ました。

前の河原ではまだ、お祭りイベントしてました。


夜のヤマタノオロチ。

 お月様。

バスは、7時過ぎたらないので、JRで帰ります。

でも、駅はちょっと、遠いです、「ゆーゆ」からだと、2キロ弱、徒歩20分。

 温泉街を過ぎたら、こんな夜道。
前に一度、歩いてるので、迷うことはありません。

 陸橋が近道なのも承知。


しまねっこが待つ、玉造温泉駅から列車に乗って帰ります。


夜は無人駅、松江は次の次、たったの200円です。


ホームは、地下道で繋がってます。

 ホームの端、出雲側に、「西」の文字。

数分待って到着した、米子方面行きの列車は、

名探偵コナンイラスト列車でした。

お隣の鳥取は、「まんが王国とっとり」と題して、マンガを観光や産業の振興に積極的に取り込んでいます。

代表的なのが、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるのふるさと・境港市の「水木しげるロード」。

米子と境港を結ぶJR境線は、駅も列車もゲゲゲの鬼太郎一色です。

「名探偵コナン」の作者・青山剛昌の故郷が北栄町で、そこを通る列車にラッピングが施されてるのでした。

JR四国のアンパンマン号みたいに、車内までは装飾してませんでした。


 居眠りする間もなく、松江に到着。

 ホーム。

 改札。

ホテルは駅の真ん前。

夕食付きプランでしたが、無事、ラストオーダーまでに帰ることができました。


と云うことで、以上、玉造温泉紀行でした。
関連記事

02:37:52 | コメント(回答)(0) | page top↑
2015年の夏 玉造温泉 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚山お山開き ニュースあれこれ
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

2015年の夏 玉造温泉 1<<古い方< 最新記事 >新しい方>>石鎚山お山開き ニュースあれこれ