2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06  
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 2 コガノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
 コガノキの広場に到着!
写真中央に姿をチラ見せしているのがコガノキです。

コガノキの樹勢を守るため、周囲の灌木はキレイに伐採、草刈りされていて、ここだけぽっかりと広場のようになっています。

下部はタケ林で、地下茎を伸ばして常に広場への侵出を狙っていることでしょう。

タケは外来種、あっという間に繁茂して太陽を独り占め、背の低い木は枯れちゃう。

 コガノキの解説板が倒れちゃってます。
タケを支柱にしちゃ、そりゃ腐って保ちません。


コガノキ

元禄時代(1688~1704)鉱山が発見され、大野山には鉱夫など300人以上の人々が住み栄えていたが鉱山の廃業と共に昭和後期に全員が町に移った。
ここには薬師堂がありコガノキは神木として崇められていたことであろう。

樹齢推定500年
目通り 5、800m 目通り=人が立って見た位置
コガノキ スクノキ科
カゴノキ(鹿子)とも言う
樹皮が鹿の子模様になるのでこの名がある
県内では最も美しく大きな木と思われる
この木の近くに住む人が通称コガ兄といわれていた



ホントはカゴノキだけど、“コガ兄”から「コガノキ」になったのね。


足下には、薬師堂への捧げ物だったのだろうか、徳利や杯、一升瓶などの欠片が散乱しています。

広場は緩く傾斜、コガノキの下に薬師堂の跡があります。

坂を登ってコガノキのそばへ。

横から。


コガノキです、めっちゃ感動したので、このブログでは珍しく、大きいサイズで。

いまさらだけど、やっぱ、大きい木は大きい写真でないと伝わりにくいらしい…。


斜面上部にあった石積み、石塔には「元和大菩薩」と彫られていました。

 後ろから接近。


根方に墓石のようなものが一塔あり、表は「先祖代々」ですが、裏は「天下泰平国家安全」の文字。

個人名がないので、集落のすべてを代表したものか、さらに天下国家の安寧も願い、篤い祈りのようなものを感じました。

 山道入口にあったものと同種の標柱。


巨樹は特に根元のごつごつっとした感じがたまりません。


本日2枚目のビッグサイズ。

大きすぎてレンズに収まりきれません、下がればほかの木枝が邪魔になるし、広場自体、そんなに広くないし。

パノラマ編集機能を屈指して作成しています。


上部は掌を開いたように枝分かれして、広場の屋根となっています。

 手のひら部分。


ごつごつ、こぶこぶ。


広場上方には道が続いていて、ピンクリボンが見えたので、冠山尾根方向へ向かう古道・作業道のようです。


次は下側から。


薬師堂があった石積みの壇があり、社はすでに倒壊、屋根だろう面影が残るのみです。


横の木の根方に、手水鉢のような、面がくぼんだ石もありました。

下部から近づくとき、薬師堂跡の裏側に伐採した竹が積んであるのですが、それが腐ってて歩きづらい…。


下から仰ぎ見たカゴノキ。

 上の方。

 こぶがあります。


どうしたらこんなこぶができちゃうのかな。


根元の小さな穴、砂がこぼれていたので、野ウサギらが雨宿りしたり、隠れ場所になっている雰囲気。

 右側から。

 空の迷路。


ごつごつした木肌。


こちらは、カゴノキの名の由来、鹿の子模様がはっきりと分かる木肌。


木を隠すなら森の中、と云いますが、その森の中にあっても圧倒的な存在感で、
苦労してたどり着いたのもあって、とても感動しました。

ハグさせていただきましたが、当然、手は届かず、ハグと云うより、貼り付いたって感じ。

広場に着いたときは、風の音しかしなかったのだけれど、気がつくと、いろんな鳥の声が空から降ってきました。

最初、警戒していたけど、この人は安全、と思ったのかな。

でもそれは、まるで森に受け入れられたような不思議な感覚でした。

正直、集落跡はちょっと怖い感じもあったけど、コガノキのまわりは居心地が良く、もっと長居したかったです。

去り際、名残惜しくて、最後にと、またハグしに行きました。

道の状態が良ければ、もう一度、訪ねてみたいです。


その道についてと、もうひとつあった大きな木については、次回。


つづく。
関連記事

02:22:28 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 1 上ノ成<<古い方< 最新記事 >新しい方>>新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 1 上ノ成<<古い方< 最新記事 >新しい方>>新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ