2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03  
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ
2017 / 02 / 10 ( Fri )
2度目でやっと会うことができたコガノキ。

ネット上の数少ない情報には、「集落跡の上方」「50mほど」など、アバウトながら、なんとかたどり着けました。

上ノ成集落の規模をどこまでとするかによって「上部」にあるとも云えますが、
個人的には、あの長大な石積みをランドマーク、目印にして、

 「長大な石積みから左に100m進む」

と表現した方が分かりやすいと思います。

でも、曲がり角には矢印看板、長大な石積みにも左矢印看板などあれば、迷わずたどり着けるでしょうね。

下山時も安心ですし。

道が覆い隠されてしまう夏草生えたシーズンなんか、さらに行きづらく、迷いやすくなること必死ですから。


では、今回、GPSで記録したルート情報も載せておきます。

 GPSログ。

① スタート地点 「コガノキ 800m」の白い標柱の立っている場所。
② 左折 ヌタ場
③ 落ちた橋
④ 左折
⑤ 右折
⑥ 左折
⑦ 長大な石積み
⑧ コガノキ

⑤~⑥ 石畳
⑥~⑦ 石板に縁取りされた道

総距離 ①~⑧ 約600m

入口の白い標柱には800mとありましたが、600m足らずで到達できました。

このルートは地形図には載っていません。

林道まで戻ってきたとき、地元の方と少しお話しすることができまして、
おじさん曰く、「下の集落跡から、まっすぐな道がある、あっちは草刈りもしてると思うよ」。

地形図には⑥に向かってまっすぐ至る道が点線で描かれています。

林道側の入口には昔、小学校があったそうです。

とは云え、今回、⑥の地点では、草刈りされたような別の道は特に気になりませんでした。

落ちた橋が通行不能になった場合は、そちらが本道になることでしょう。


また、今回、すぐに記事にしたのは、林道で出会った、軽自動車に乗ったご夫婦に頼まれたからです。

実際、頼まれたのは、赤テープなど、物理的な目印ですが、それは用意してなかったのでできませんでした。

このブログにたどり着いてくれたら嬉しいのですが。


ちなみに、上ノ成付近は携帯電波の状況がとても悪いです。

山中ではネット検索できない可能性もあります。

お山に行く前に閲覧し、いつでも見られるよう、保存などしておいた方がいいと思います。


さて、コガノキに別れを告げたあとのお話を続けます。

コガノキ入口から550m、銚子の滝分岐・林道入口から1.4kmの場所に、大きなエノキへの入口があります。
 下から来るとこんなカーブ、
 上からだとこんな風に見えるカーブが入口です。

 倒れちゃってますが、白い標柱があります。
「エノキ 右(左)入る100m」とあります。

カーブ外側の余地に駐車し、
 草むした道へ歩を進めます。

 周囲にはこのような石積みが多数残っています。

 道に沿ってまっすぐ進みます。
2mくらいの幅のある道で、昔から利用されてきた生活道のようです。

 100mぐらい進むと開けた場所に出ます。

 神社の石段のようなものがあります。

 境内だったようです。
その一段高い広場に、

目通り3.2mもあるエノキがそびえています。


いまは落葉しているので、ボリュームはありませんが、真夏なら、もりもりと葉を茂らせて旺盛な姿でいることでしょう。

 生命力を感じる枝振り。

 邪魔になる木が広場内にないので、全身が撮りやすかったです。

広場のパノラマ。

 小さな祠が残されてました。


広場奥に注連縄柱が立つ道があったので、ちょっと歩いてみました。


一際大きな石積みがありました。

 スロープもあり、一般家庭のものではないような感じでした。

 集落跡はみな、このように植林されています。
自然に帰すための植林です。

 広場前の道はまだずっと続いています。

クルマのなかった時代、この道は山の暮らしに必要な道だったことでしょう。

300人を超す人々がこの場所に暮らしていた時代がありました。

一目見たかったなぁ。


以上で、延長戦も終わりです。

愛媛にもまだまだ、知らない場所、いっぱいあるなぁ。












関連記事

22:36:27 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 2 コガノキ<<古い方< 最新記事
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 2 コガノキ<<古い方< 最新記事