2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08  
北条~菊間のお山へ行こう! 1 観音嶽へ行こう! 1
2017 / 02 / 20 ( Mon )
「○○山へ行こう!」と題してアップするには情報も足りず、サイトを編集する時間もなく、
また、山頂まで行けなかったりしたお山歩の記録を、ブログにアップしようと思います。

「○○山に行きたいんだけど、どこからどう行けばいいの?」

って、ネット検索した誰かの役にも立つと思うので。


今回は、北条から菊間にかけての海岸線に点在するお山を訪ねましょう。

松山と今治を結ぶ国道196号線。

青い海と空の美しさが日常の憂さを忘れさせてくれる爽快なシーラインです。

北条から菊間にかけての区間は特に、お山が海まで迫る波打ち際を走りますが、
北条の町を抜け、北条スポーツセンターや道の駅「風早の郷 風和里」のあるところ、
ここからいよいよ、海岸線沿いのドライブコースが始まる場所、
 ここに観音嶽はあります。

 
正確には、北条スポーツセンターや道の駅「風早の郷 風和里」のすぐ南側。

北条バイパスを抜け、北に向かう直線路の真っ正面に見える小高いお山が観音嶽です。

「観音嶽」は一般的な地図には載っていないお山です。

住宅地図にのみ、掲載されている山名です。


海の真横というロケーション。

 登山口は、アイスクリーム屋さんと喫茶店のちょっと手前、
 右斜めに分かれる車道の奥にあります。

車道に入る前に、
 その入口にある小さな岩場に、

祠と、その後ろには防空壕跡のような横穴があったりします。

この辺りから観音嶽山頂を見ると、

幟とお堂のような小屋が見えます。

国道の直線からも見えるので、気になっていた人も少なくないでしょう。

 国道から右斜めに入る車道は、JR大浦駅へ通じる裏道だったりします。

観音嶽の登山口は、国道から少し入った、民家も途切れた、
 予讃線のレールをくぐる手前、左にくぃっと分岐する草道がそうです。

 ときどき、列車が通過します。

 写真右の草道が登山道。
入口にスクーターを駐めさせていただきました。


日当たりのいい登山道には、春を呼ぶような黄色い花が咲いていました。

菜の花といい、春に咲く花は黄色から。


観音嶽に登ろうとしたのは、これが2度目です。

1度目は登山口が分からず、帰宅しています。

季節は夏で、この道も夏草ぼーぼー状態でした。

今治からの帰り道、そのときの格好はまったく、お山歩スタイルではありませんでしたから、
半袖、半ズボンで入れば、ヤブ蚊に体中、喰われまくるのは明らかでしたので、あきらめたのでした。

結局、登山口、登山道が分からずじまいでしたが、先日、観音嶽に登られた方からメールをいただき、
この道で間違いないと分かったので、早速、やって来たのでした。

感謝です。

 道は竹林へ。
いまはヤブ蚊も、クモの巣もないので、平気です。

 丸太の階段があるので、この道で間違いありません。


緩くカーブする坂を登ると、竹林が切れます。

 道は右にくぃっと曲がりますが、そのカーブの外には海が見えていました。

 ほんの数m進むと、気のない場所があって、
鹿島が浮かぶ北条の海が拡がりました。


眼下には国道、見上げれば山頂。

 山頂へ向かう道。

 途中、分岐がありました、山頂へは左の道。

 階段登り。


最後の直線の先についに山頂です。

観音嶽山頂に到着です!


狭い山頂にはお堂が鎮座し、周囲を幟が取り囲んでいます。


お堂には観世音菩薩=観音様が笑顔で出迎えてくれました、合掌。


つづく。
関連記事

00:02:02 | コメント(回答)(0) | page top↑
新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>北条~菊間のお山へ行こう! 2 観音嶽へ行こう! 2
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

新居浜の銚子の滝とコガノキを見に行こう! 延長戦 3 ルート解説 大エノキ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>北条~菊間のお山へ行こう! 2 観音嶽へ行こう! 2