2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09  
日浦の城山へ行こう! 3 加名山へ行こう!
2017 / 03 / 12 ( Sun )
日浦の城跡のあるお山めぐり、次は、加名山です。

 ここです。

水口町と河中町にまたがる位置にあります。

『愛媛県中世城館跡』に、「加名山」の名が見られ、明治期の古地図には「古城山」の名が載っています。

地元ではもう別の名前で呼ばれているかもしれません。

山頂には「賀生(かのう)城」という城砦があったそうです。

南北朝時代の武将・脇屋義治にゆかりのあるお城です。

新田義貞の甥にあたる脇屋義治は、南北朝の動乱で敗れた側の勢力に属していた人物で、
落城後、伊予に落ち延び、日浦の里で晩年を安穏に過ごしたとこちらでは伝えられています。



日浦の代表的な場所、石手川ダムから水ヶ峠トンネルまでの間で一番、人家が集中して開けている場所は、
水口、河中、藤野と3つの集落が集まっていて、目指す加名山も国道の北側に見えてます。

ぽこぽこっと並ぶお山の、写真中央のお山が加名山です。


真南から見ると麓が段々畑、山頂部分にはふたつのピークがあるみたい。


お山へは、まず、点滅信号のあるガソリンスタンドの手前を、
 左折し、日浦橋を渡ります。

 渡橋後、左折。

 写真の分岐、右の坂を上ります。

 お札が指してある右カーブ。
ここには入山を規制するチェーンの柱があるので、もしかすると、クルマじゃ入れない日もあるかもしれません。

ご注意下さい。


谷の中へ入って行きます。


写真の丁字路をくぃっと左折します。

 カーブ内側にあった小さな祠。

 山頂手前まで入山できます。

 峠みたいな場所で停車。


右に下る道はありますが、山頂は当然、まっすぐ、上り坂へ。


右の斜面に、愛媛県の労働金庫が創立45周年を記念して植樹した旨が書かれた看板がありました。


幅1mくらいの道を歩いて行きます。


登り切った場所は、3つの小尾根が分かれる、最高地点脇の中心地。

すぐ左に最高地点がありましたが、まず、一番南にあるピークへ行ってみました。

 尾根をたどって南へ。
 目指す南のピークは、
 林の中。

平坦地はそんなになくて、砦があったとしても、建てられるのは見張所くらいかなぁ。


木々のブラインド越しに国道や集落が見下ろせました。

 振り返って。

 戻って、さっき、横をスルーした最高地点へ。


中心地に戻って見ると、ちょっとだけ高く、山頂はすぐそこ。


加名山の最高地点、標高は375m。

 国土調査の杭があるだけです。
小屋が建つほどの平らなところはまったくありません。

北側斜面は思いっきり伐採してあって、このお山で一番、見晴らしがききます。

北側の山並み。


東に延びる尾根にも行けそうだったので、足を延ばしてみました。

 ここの方がちょっと広い。


以上、古城山の山頂でした。


スクーターを駐めた峠みたいな場所に戻り、下山しようと支度してたら、
 お地蔵様が目に入りました。
祠が倒壊しちゃったみたいで、屋根も崩れ落ちてました。

右のお地蔵様は胸元で割れちゃってました。

雨ざらしもかわいそうなので、お地蔵様を立て直し、後ろのタケにトタンを立て掛けて屋根にしておきました。

国道が開通するずっと以前、市内や伊台、道後を結ぶ道があちらこちらにあり、
峠のような場所には必ずお地蔵様がいて、旅人の往来を見守っていました。

忘れ去られた道に置き去り状態のお地蔵様を、上総地蔵堂みたいにまとめてあげられたらいいのにね。


下山は、元来た道を戻ります。


つづく。
関連記事

17:25:01 | コメント(回答)(0) | page top↑
日浦の城山へ行こう! 2 二之森へ行こう! 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>日浦の城山へ行こう! 4 吉野森へ行こう!
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

日浦の城山へ行こう! 2 二之森へ行こう! 2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>日浦の城山へ行こう! 4 吉野森へ行こう!