2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11  
青春18きっぷ旅 4 東北旅 2日目 3 名古屋城
2017 / 03 / 18 ( Sat )
リニア・鉄道館から戻ってきて、次に向かったのは名古屋城。

地下鉄市役所駅、7番出入口から地上に出たところにある公園。

 名古屋城のお堀は草ぼーぼー。

 背中を追ってお城の入口へ。

土橋を渡って二之丸入口へ。

 左右は草ぼーぼーなお堀。

クランク状の虎口を抜けると、
愛知県体育館もある二之丸エリア。

 東門入場券売り場。

 大人は500円でした。
バスや地下鉄の一日乗車券を提示すると割引になるみたい。

入城してすぐ、二之丸庭園。

 庭園の中へは寄り道しないで、まっすぐお城へ。


名古屋城の前身、今川氏親が築いた那古野城の跡地が二之丸にありました。

 東南隅櫓。


石垣普請を指揮した加藤清正の石曳きの像。

西之丸広場に出て、
表二之門へ通じる土橋を渡ります。

 右側のお堀も、
 左側のお堀も水なし。

虎口を抜け、本丸へ。

 復元工事中の本丸御殿がありました。


復元なって真新しい御殿の中を、靴を脱いで見学。

本丸御殿は、京都二条城の二の丸御殿と双璧をなす武家風書院造の建物で、かつて、国宝に指定されていました。

大戦中の空襲により、天守閣共々、焼失してしまいましたが、天守閣に続き、ようやっと復元されました。


廊下を進むごとに金の障壁画に囲まれた部屋がいくつもあります。

障壁画は狩野派の絵師により描かれたもので、焼失を免れた1047面が重要文化財に指定されています。

過去の素材や技法を用いて再現された障壁画は、息を呑む美しさ。

 間接照明でライトアップされ、より引き立つ色彩。

 贅を尽くした御殿見学でした。


天守が近づいてきました。


天守と手前に売店。

 大天守閣に直結した障害者やベビーカー用のエレベーター。

天守は、大天守閣と小天守閣からなり、

一般はひとまず、階段を上がって小天守閣から入城します。


地上3階地下1階建ての小天守閣は地下1階部分を素通りするだけ。


すぐに外に出て、

渡り廊下を渡っていよいよ大天守閣へ。

 入ってすぐは石垣の中。
地上より高い場所にありますが、ここは石垣の中、つまり、基礎部分なので、地下1階となります。


名古屋城と云えば、金のしゃちほこ。


さて、昭和以降に建てられた復興天守の特徴とも云える鉄骨鉄筋コンクリート構造で建てられています。

老朽化などで現代の耐震基準に合わなくなってきており、木造に建て替えようか、なんて話もあるそうで、
その耐震性の問題から入場制限も視野に、いろいろと議論が続いているそうです。

鉄骨鉄筋コンクリート建てのお城のいいところは、やっぱ、エレベーターがあるところ。


5階までエレベーターで一気に上がり、あとは階段で、
 7階・最上階の展望室へ。

お城を見学する順番は人それぞれですが、僕は、真っ先に最上階へ上がり、上から下へ見学するようにしています。

 7階。

外回廊はないので、大きな窓から展望を楽しみます。

まずは東側の眺め。



南側の眺め。



西側の眺め。



北側の眺め。




東側、すぐ真下にあるお堀。

 本丸御殿修復の大屋根と小天守閣。


西之丸、正門方向。

名古屋駅周辺の高層ビル群。

 売店もあります。


最上階7階の展望室から下りつつ、各フロアを見学します。

 階段は上りと下りが別の二重らせんになっています。

 6階は機械室なので展示はなし。

5階は名古屋城の歴史。

 石垣の石を人力で運ぶ様子。

 天守閣構造模型。

 実物大の金鯱模型にまたがって記念撮影できるコーナーも。


次は4階、石垣や門、本丸御殿、武具について。

 再現された石垣。


武具や甲冑の展示。

そのほかに、駕籠乗り体験コーナーもあったりします。


次は3階、城内、城下の暮らし。


3階が一番、展示が凝っていて、町並みや藩主の間などが撮影セットのように再現されています。

 いろんな商家が立ち並ぶ城下町のセット。
写真は真っ暗だけど、照明が変化し、夜になったり昼になったりします。


茶店と、自身番の高札。

 りっぱな駕籠。


藩主の間や御用部屋が再現され、記録に基づいて再現された祝い膳が展示してありました。


暗くてちょっと美味しそうに撮れなかったけど。


 この日、2階の企画展示室はお休みでした。


次は1階、本丸御殿障壁画や名古屋城全域のジオラマ模型。

 本丸御殿の模型。


名古屋城全域を再現したジオラマ模型。

 本丸御殿上洛殿上段之間8分の1模型。

 しゃちほこ。

 寄贈された刀剣・刀装具のコレクション。


最後は、出入口の地階。

 渡り廊下から振り返って。

 小天守閣入り口から。


本丸御殿修復工事についての資料の展示室があったので、入ってみました。


木組みとか工法、工事のあらましについて、いろいろと解説してありました。

 本丸を出る前に、もう一度、御殿を撮影。

 徳川家の三葉葵の紋。

本丸を出、西之丸広場を散策しながら、外から天守を見学。
 西南隅櫓。

売店や休憩所、総合事務所などがある正門周辺。

 正門。

 正門の外も虎口になっています。


正門前から振り返って。

 案内所で百名城スタンプをゲット。

 北側に通じる通路から見た大天守閣。

 水がある外堀から本丸に向かってくるお堀もありました。

西之丸に戻ろうとしたら、中国系の観光客にジェスチャーでカメラのシャッターを頼まれました。

シャッターを頼まれると、妙に張り切ってしまう僕。

お城をバックに全身、胸から上と頼まれてもないのに2枚、画角バッチリ撮ってあげたら、めっちゃ喜ばれました。


以上、名古屋城でした。

これにて名古屋観光は終了です。

ひとまず、名古屋駅に戻ります。


地下の市役所駅に潜る前に見た、不思議な姿をした名古屋市役所。


市役所駅から名城線に乗り、

久屋大通駅で桜通線に乗り換え、名古屋駅へ戻りました。


さて、ここからのお話ですが、今夜は船に乗ります。

名古屋港から船に乗って北へ、大移動します。

大きな船なのでレストランくらい、絶対あるだろうけど、名古屋っぽい食べ物を買って行きたくて、
駅地下とか駅ビルとか、いろいろ探して歩きました。

昔、よく名古屋で乗り換えしたとき、待ち時間の間に途中下車して天むすを買ってたなぁ、と思い出し、検索。

タカシマヤの地下に天むすと云えばの地雷也があることが分かり、時間も迫っていたので小走りで行って、ゲット。

天むすだけじゃ足りないから、すぐ近くにあった、世界の山ちゃんの幻の手羽先も買いました。

さらに、コンビニでお茶とお菓子、カップラーメンも買い求め、完了。

コインロッカーから荷物を回収。

港へは連絡バスで、と決めていたので、バスセンターへ。

太閤通口の方から向かったら、階段ばかりで疲れました。


十数人ほどの待ちができてた22番乗り場から連絡バスに乗りました。

運賃は後払い、荷物はバス下部へ預け、着席。

17時20分出発。

駅構内では調子悪かったタブレットも、繁華街を離れたら電波(bluetooth)が改善したのか、普通に繋がりました。

 やがて、工場地帯の狭間に海が見えてきました。

フェリー埠頭は、リニア・鉄道館へ向かったときと同じ方向にあって、駅で云えば金城ふ頭駅と野跡駅の間ぐらい。


18時、フェリーターミナル着。


つづく。


青春18きっぷ旅 4 東北旅 目次

1日目 松山→岡山 / 岡山→名古屋

2日目
名古屋リニア・鉄道館 / 名古屋城 / 名古屋フェリー埠頭→

3日目
フェリーいしかり / 仙台

4日目
仙台→松島 西行戻しの松公園 / 松島 1 五大堂 / 松島 2 瑞巌寺 / 松島 3 松島湾一周 / 
石巻→南三陸 / 奇跡の一本松→夏虫のお湯っこ→宮古

5日目
浄土浜 / 龍泉洞 / 堀内駅→小袖漁港 / 小袖漁港 / 久慈 / 久慈→盛岡→花巻

6日目
花巻→平泉 1 中尊寺 / 平泉 2 毛越寺 / 仙台 1 瑞鳳殿 / 仙台 2 竜泉寺の湯

7日目
仙台→ フェリーきそ

8日目
→名古屋→大阪

9日目
京都 1 金閣寺 / 京都 2 晴明神社 / 四条通~清水寺 / 京都→大阪

10日目
大阪→ 高松→松山
関連記事

18:47:20 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 4 東北旅 2日目 1 名古屋リニア・鉄道館<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 東北旅 2日目 5 名古屋フェリー埠頭→
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 4 東北旅 2日目 1 名古屋リニア・鉄道館<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 東北旅 2日目 5 名古屋フェリー埠頭→