2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
青春18きっぷ旅 4 5日目 5 小袖漁港 1
2017 / 04 / 09 ( Sun )
夏旅の5日目は、NHK朝ドラ「あまちゃん」のロケ地を巡る旅。

堀内駅(袖ヶ浜)から20kmほど走って、午後1時ちょっと前、小袖漁港にやって来ました。

訪問した日が土曜日だったので、漁港の入口には誘導員がいて、駐車場はこっちです、と誘導してくれました。
結構、クルマが出入りしてました。

 昆布、干してました。

ドラマのオープニング映像にも登場した長い堤防に守られて、波静かな漁港。


背後の海女の上には、ドラマでストーブさんが詰めてた監視小屋が見えました。

注連縄でつながる夫婦岩と、写真右は小袖海女センター。


ほとんどドラマ内でだけの方言「じぇじぇじぇ 発祥の地」の碑。

平成25年流行語大賞受賞記念碑 「じぇじぇじぇ」語源の由来

 岩手県久慈市宇部町小袖は太平洋沿岸北三陸に位置しており、日本最北に暮らす「北限の海女」で名高い小袖海岸、輝く方言文化をもつ「海女の国」です。

 「じぇ」の源語は、小袖の愛郷万言で、驚きをはじめ感情を表現する言葉であり「海女の国」特有の方言といえます。

 由来は、万葉集(西暦759年)に海人が働く様が詠まれており、海女のことを表す「かつぎ」の言葉と共に語り継がれてきた「じぇ」は、古の生活風習、伝統の海女、漁師が語る方言として海に暮らす集落形態、生業から生まれた会話の愛鎚言葉が由来とされます。

 平成25年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のドラマでは、驚きが増すほど「じぇ」の数がみえるとされ、「じぇ」の発言回数は816回にもなるといわれています。

 以来「じぇじぇじぇ」は、一気に全国発信となり、平成25年の流行語大賞に選ばれる快挙となりました。

 この受賞を記念し、ここに「じぇじぇじぇ発祥の地」記念碑を建立。
小袖海岸は三陸復興国立公園内にあり、夫婦岩などは三陸ジオパークのジオポイントに選定され、海岸景勝美を誇る「北限の海女の里」として、皆様に愛される久慈市の名所です。

*「海女」・「海人」・「海士」はいずれも「あま」と読み、「かつぎ」は「あま」の古語です。
*東日本大震災に対する皆様の御支援に感謝と御礼を申し上げます。

岩手県久慈市小袖海岸 宇部町「海女のふるさと」会





海女センターに向かって歩いていると、
 ここにも「津波襲来の碑」がありました。


こちらは、「北限の海女の道起点地 あまちゃんロケ地記念碑」。

「あまちゃん」のロケ地 「北限の海女の道」起点地 記念碑

 平成25年、「北限の海女」をモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説「あまちやん」は、国民から愛されるドラマとなり、海外でも放送され好評を博し、放送のロケ地となつた小袖海岸は、三陸復興国立公園にあり、豊かな自然景観美を誇る北三陸久慈市を代表する観光地です。

 小袖集落は約15箇所の共同井戸・湧き水を中心として人家が形成されてきましたが、海女が素潜り漁を行う、人家と海をつなぐ道があります。
深夜の作業時に松明や六角堤灯の灯りで高台と海を往来する道や、久慈の市日等へ向かう道があり、ここは「北限海女の道」起点地といえます。

 小袖地区の高台にある「ステバタケ」や「タバタケ」の遺跡からは約4千年前の壷や矢じりが出土しています。

 縄文人が竪穴住居から海にかよった「縄文人の道」と、海女が漁村集落から海にかよった「北限海女の道」は一部で重っており、縄文時代4千年まで遡る悠久の古道と考えられます。

 大正8年頃には、珍重品である干鮑(干しアワビ)が俵詰めで一日に55俵も出荷され、商人を介して神戸や長崎を経て支那(現中国)へ輸出されたと古老の海女が語ります。

 小袖地区の漁村文化を育んだ先人の歴史と、海女の伝統を称えるため、ここに「あまちゃん」のロケ地及び「北限海女の道」起点地の記念碑を建立しました。

 岩手県久慈市小袖海岸 宇部町「海女のふるさと」会



 「← 監視小屋 250m 徒歩10分」の案内もありました。

 高台にある集落へ向かう坂道。
この坂もドラマに何度も登場しました。

坂から見下ろして。

監視小屋まで徒歩10分の案内を信じて、監視小屋まで登ってみました。


集落側の坂とは違う、山裾にある遊歩道な急坂を登ります。

 「監視小屋迄あと半分 頑張って下さいネ」。

坂道は、旅に間ずっと履いてたサンダルじゃ登りづらいし、半袖・半ズボンだから立ち止まると、ヤブ蚊に食われそうだし、
とにかく、汗をかきかき、登ってました。


数分後、尾根につきました、残り、監視小屋まで20mほど。


お墓の横とか、手すりに沿って下り進むと、海風がわっと吹いてきて、

監視小屋に着きました。


監視小屋は施錠されていて入れませんでしたが、いまでも使われているらしい雰囲気がありました。

ドラマでは、小屋の中からストーブさんが、堤防から海に飛び込むアキの姿に驚くシーンがありましたが、
 堤防はこんな感じに見えました。


ちなみに尾根を登ると遊歩道は高台の集落に通じていて、その集落まではクルマで来ることも可能です。


坂道を下り、記念碑のあった場所まで戻りました。

 土産物やウニ、B級グルメの「まめぶ汁」を売ってる屋台が並んでました。

 ゆるキャラ「アマリン」がラッピングされた自販機。

 「海女磯ラーメン」の販売カー。


そしてこちらが、小袖海女センターで、平成26年12月に完成したばかりの真新しい鉄筋コンクリート造り3階建てです。

前の建物は震災の前年にリニューアルオープンし、たった7ヶ月で津波に破壊され、流出してしまいました。


「どちらからお越しですか?」マップの愛媛県にシールを貼っておきました。

 1階は、産直コーナー。
「北限の海女素潜り実演」見学チケットはこちらで購入します。

 ちょっと狭い階段で上がると、

2階は、海女文化展示スペース。


サインや写真が展示されたホール。


芸能人から政治家まで、海女センターを訪れた著名人らのサイン。

北限の海女衣装と道具

昔ながらの道具と衣装で皆さんをお待ちしています

1 水中眼鏡
 昔は松島メガネと呼ばれるレンズが2つあるタイプも使用されていました。

2 ヤツカリ
 腰に下げて潜り、浜にあがるまで獲ったウニなどを入れておきます。

3 足袋とわらぞうり
 ゴツゴツした岩やむき出しの貝から足を守ります。

4 ソエカギ
 ウニ用やアワビ用など獲物によって形もさまざま。

5 かすりの着物とショートパンツ
 実演のときにはかすりの着物にショートパンツで、漁に出るときや、水温が冷たいときにはウエットスーツを着用します。
ウニ
 久慈周辺で夏が旬のウニといえばキタムラサキウニ。
 極上のコンブを主食にしているため、甘みとうま味にあふれた味わいです。
 生はもちろん、塩ウニ、焼きウニも最高の味わいです。





3階は軽食スペース、ドラマにも登場した「海女cafe」があります。

 回廊にも出られて、

こんな眺めを楽しむことができます。

お腹が空いたので、海女cafeで食事することにしましたが、
 お昼過ぎてたからか、いろんなものが売り切れてて、

注文できたのは「まめぶ汁」だけでした。

とろみのある醤油味の汁に、細切れの野菜とクルミ餡の入ったお餅が入っています。

ドラマでは、口々に微妙な味だって云ってたけど、僕は好きな味でした。


屋上は展望スペースになってました。

屋上からの眺めです。

 眼下の入り江で、「北限の海女素潜り実演」が行われます。


降りるときは、外部階段・通路でも下れます。

 通路からは、人が入らない磯を望むことができます。


つづく。


青春18きっぷ旅 4 目次

1日目 松山→岡山 / 岡山→名古屋

2日目
名古屋リニア・鉄道館 1 / 名古屋リニア・鉄道館 2 / 名古屋城 1 / 名古屋城 2 / 名古屋フェリー埠頭→

3日目
フェリーいしかり / 仙台

4日目
仙台→松島 西行戻しの松公園 / 松島 1 五大堂 / 松島 2 瑞巌寺 / 松島 3 松島湾一周 / 
石巻→南三陸 / 奇跡の一本松→夏虫のお湯っこ→宮古

5日目
浄土浜 / 龍泉洞 1 / 龍泉洞 2 / 堀内駅→小袖漁港 / 小袖漁港 1 / 小袖漁港 2 / 久慈 / 久慈→盛岡→花巻

6日目
花巻→平泉 1 中尊寺 / 平泉 2 毛越寺 / 仙台 1 瑞鳳殿 / 仙台 2 竜泉寺の湯

7日目
仙台→ フェリーきそ

8日目
→名古屋→大阪

9日目
京都 1 金閣寺 / 京都 2 晴明神社 / 四条通~清水寺 / 京都→大阪

10日目
大阪→ 高松→松山
関連記事

02:41:22 | コメント(回答)(0) | page top↑
青春18きっぷ旅 4 5日目 4 堀内駅→小袖漁港<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 5日目 6 小袖漁港 2
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

青春18きっぷ旅 4 5日目 4 堀内駅→小袖漁港<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 5日目 6 小袖漁港 2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。