2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11  
青春18きっぷ旅 4 東北旅 9日目 2 京都 2 晴明神社
2017 / 04 / 17 ( Mon )
金閣寺を拝観後、金閣寺道バス停から、京阪四条河原町行きのバスに乗りました。

メジャーな観光地・金閣寺から四条へ向かうので、バスは満員です。

それでも、地元の人がぱらぱらと途中で降りたので座れました。

大徳寺の前を通り、堀川通りを南へ。

「次は、一条戻橋・晴明神社前です…」

晴明神社?

聞き覚えのある名前。

往きも同じ、堀川通りを通ったんですが、そのときも、「晴明神社」の名に引っかかってました。

もしや、あの陰陽師・安倍晴明ゆかりの神社では?

…と、思ったら、めっちゃ気になって、二つ先の「堀川下立売」バス停で下車しました。

反対側のバス停に移動し、すぐに来たバスで戻りました。

1日乗車券は、思いつきでバスを乗り降りしても大丈夫だから便利だわ。

って云うか、1日乗車券は500円、市バスの均一区間は230円なので、3回以上、乗らないと元は取れません。


「一条戻橋・晴明神社前」で降りて、ちょこっと歩くと、
 鳥居が見えました。


堀川通りに面した場所にある、「晴明神社」の入口です。

 鳥居には、安倍晴明が紋として用いた五芒星の神紋が。

五芒星は、陰陽五行説の5つの元素、木・火・土・金・水の働きの相克を表したもので、魔除けの呪符として重宝されました。
 
 「晴明神社」。


狛犬コレクション。

 参道の左側に、
 「一条戻橋」。
欄干の端に立つ太い柱・親柱は、実際に使用されていたもので、晴明と縁があった橋なので、ここに復元したそうです。

 狛犬コレクション 2。


拝殿・本殿は、裏通りを隔てた場所にあります。

 通りには、千利休屋敷跡の碑もありました。
江戸時代の書物に、晴明神社の境内に当たる場所に千利休のお屋敷があったとの記述があるそうです。

 門にも五芒星。


狛犬コレクション 3。

 境内です。
左に絵馬舎、授与所、右に手水舎、社務所、そして正面に拝殿・本殿があります。


拝殿をお参りします。


あちこちに五芒星が用いられている拝殿の奥に本殿、二礼二拍手一礼、合掌。

 真横にある末社・齋稲荷社。
晴明はお稲荷さまの生まれ変わりとする説があるそうです。

 晴明の顔出し看板。


安倍晴明の像。

 魔除け・厄除けの果物、桃もあったりします。

 樹齢推定300年のクスノキの御神木。


手水舎の横にある、晴明が念力で湧出させた井戸、「晴明井」。


水がしたたるところは、その年の恵方を向いていて、毎年立春に向きを変えてるそうです。

病気平癒のご利益があって飲めるそうですが、ちょっと、コケが生えすぎでは?

 授与所で御朱印をいただきました。
五芒星の判が印象的な御朱印でした。


陰陽師・安倍晴明と云うだけで、パワースポット化している晴明神社。

近年、映画でもマンガでも、美化されて描かれることが多い晴明。

そのせいか、参拝者が女性ばかりだったのが印象的な神社でした。


つづく。


青春18きっぷ旅 4 東北旅 目次

1日目 松山→岡山 / 岡山→名古屋

2日目
名古屋リニア・鉄道館 / 名古屋城 / 名古屋フェリー埠頭→

3日目
フェリーいしかり / 仙台

4日目
仙台→松島 西行戻しの松公園 / 松島 1 五大堂 / 松島 2 瑞巌寺 / 松島 3 松島湾一周 / 
石巻→南三陸 / 奇跡の一本松→夏虫のお湯っこ→宮古

5日目
浄土浜 / 龍泉洞 / 堀内駅→小袖漁港 / 小袖漁港 / 久慈 / 久慈→盛岡→花巻

6日目
花巻→平泉 1 中尊寺 / 平泉 2 毛越寺 / 仙台 1 瑞鳳殿 / 仙台 2 竜泉寺の湯

7日目
仙台→ フェリーきそ

8日目
→名古屋→大阪

9日目
京都 1 金閣寺 / 京都 2 晴明神社 / 四条通~清水寺 / 京都→大阪

10日目
大阪→ 高松→松山
関連記事

19:24:01 | コメント(回答)(0) | page top↑
5月の連休に石鎚山登山を計画されてる方へ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 東北旅 9日目 3 京都 3 四条通→清水寺
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

5月の連休に石鎚山登山を計画されてる方へ<<古い方< 最新記事 >新しい方>>青春18きっぷ旅 4 東北旅 9日目 3 京都 3 四条通→清水寺