fc2ブログ



 2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03  
夏旅 5 九州旅 1日目 松山→
2017 / 10 / 01 ( Sun )
ここ数年、9月は、JRのお得なキップ「青春18きっぷ旅」を利用した旅行に出ていました。

でも、今回からスタートする旅行記は、「青春18きっぷ旅」は使わなかったので、タイトルも

夏旅

で行こうと思います。


毎回ですが、10日間もお休みをもらっての大旅行です。

でも、有給休暇じゃないので、旅から帰って預金通帳見るのが怖いです (^_^;)


さて、旅の初日は、ぎりぎりまで仕事してました。

翌日からゆっくり…、でもよかったんだけど、1日でも長く「旅」の感覚を味わいたかったので、
仕事終わりの晩に出発するスケジュールを組みました。


タイトルにもあるように、今回は「九州」が旅の舞台です。

夜、九州に向かって旅立つ方法、選択肢は夜行バスかフェリーとなります。

バスなら、伊予鉄バスが福岡行きの夜行高速バスを出してます。

フェリーなら、松山観光港から小倉行きが、三崎や八幡浜からも夜も出港しています。

今回、選択したのは、石崎汽船が運航してる、松山観光港発小倉行きのフェリーです。

料金的には、夜行高速バスと変わらないのですが、同じ料金なら布団で寝られる船がいいに決まってます。


17時半まで仕事して、帰宅途中、フジで夕食用のお弁当を買って帰りました。

10日間も帰ってこられないので、汗のしみこんだ仕事着を洗濯し、その間にさっとシャワーを浴びました。

火の始末やら、コンセント抜いたり、家のことを済ませ、旅支度の最終チェックも済ませたら、いよいよ出発です。

キャリーバッグを転がしながら、大街道、銀天街を歩いて市駅へ向かいました。

久しぶりのゴロゴロ。

キャスターが立てるゴロゴロが、旅人感覚を一気に甦らせます。


30分ほどで市駅到着。


 19時45分発高浜行きの電車に乗ることができました。

市駅から電車に乗るの、何年ぶりだろう。

帰宅ラッシュを過ぎた車内は、部活帰りの学生や残業疲れの会社員などで席がほどほど、埋まっていました。

それも、市駅から離れるほどに空席となっていきました。


 高浜駅到着後、観光港行きの連絡バスに乗車。
車内には、僕含めて3人、みな、同じフェリーに乗るのだろう、旅姿でした。



バスは数分で、松山観光港フェリーターミナルに到着。

乗船手続きまで、乗船名簿の記入が済んだらやることなくなって、ベンチで時間潰し。

20時30分、やっと受付が開いて、乗船券購入。

あらかじめ、予約番号をしておいたので、手続きはあっという間に終了。

旅人の見本みたく、あっという間に終えたのはいいけど、乗船開始の21時まで、またヒマです。

意味もなく、売店をうろついたり、たくさん置いてある各地のパンフレットを流し読みしたり。

で、やっと、時間来て、乗船開始のアナウンスがホールに響き渡りました。

 2階に上がり、北高架通路をEデッキへ。

 通路から見た、今夜乗る船「フェリーくるしま」。
よく乗る大阪行きフェリーに比べたら、ちょっとこじんまりしてるかな。

 いよいよ、乗船、旅のはじまり、はじまり♪


車両甲板の脇から船内に入りました。


階段、階段…。

エスカレーターとかない、全然バリアフリーじゃないので、荷物多いとかお年寄りは大変そう。


この小倉便に乗船したのは、十数年ぶり。

こんな船だったっけ?と、船のことはまったく記憶になかったりして。


階段を上がった先のロビーで女性スタッフさんに乗船券を見せると、「左の通路を…」と教えてくれました。

でも、その「左の通路を…」がものすごいアニメ声で、少しあった旅の緊張が軽くほどけました。


左の通路を中程まで進むと、僕のベッドがある部屋、306号室がありました。


二段ベッドが4つ、8人部屋、こちらは2等寝台Dのグレードになります。

僕のベッドは手前の8番、奥じゃなかったのが残念。

ベッドに荷物を置き、ほっと一息ついていたら、廊下をどんどんと人が横切り、相部屋のお客さんも入ってきました。

乗船手続き中のターミナルのロビーにはそんなに人がいなかったのに。

クルマやバスで乗船する人が結構、多かったみたい。


寝床を確保できたら、次は食事。

お弁当持って部屋を出ました。


廊下に出ると、すぐ目の前がお手洗いで、
 横に大浴場がありました。


お客さんがいないうちに、撮影っと。

ほかの船と比べてばかりで申し訳ないけど、船の中央に位置していて窓がないし、大じゃなく、中浴場って感じ。


ロビーへ。

 今夜は軽食コーナーがお休み。
なので、仕事帰りに弁当を買ってきたのです。

 ロビーは、テーブル席のほか、座敷スペースもあります。

 売店・自販機エリアが隣接。

出航までまだ時間があるので、部屋から出てきたお客さんで席がどんどん埋まっていきました。

お弁当を食べ終わった頃には、空席がひとつもなくなり、右往左往する人が続出。

居辛くなって席を立ちました。

 甲板に出てみました。

 石崎汽船のマルイチの屋号。
ちなみに、石崎汽船の創業は、なんと江戸時代、文政三年、西暦1820年だそうです!

 タラップ。


部屋に戻り、タブレットに、簡単に日記をすらすら綴ってるうちに、船は静かに出航していました。

ベッドにはコンセントがなかったので、タブレットにバッテリーを接続。

明朝の小倉着は5時、早すぎるくらいなので、とっとと横になりました。

でも、旅に出た興奮と不安でなかなか寝付けませんでした。


つづく。


夏旅 5 九州旅 目次

1日目
 松山→

2日目
 小倉港→宗像大社→マリンワールド
 太宰府天満宮→佐賀神埼

3日目
 佐賀神埼→祐徳稲荷神社→長崎

4日目
 長崎・軍艦島
 長崎市内観光→水族館→雲仙→島原

5日目
 島原・道の駅 みずなし本陣ふかえ・土石流被災家屋保存公園
 島原・原城跡
 島原・島原城
 島原→雲仙多良シーライン→佐賀城
 佐賀→三池炭鉱→道の駅 泗水

6日目
 熊本・道の駅 泗水→熊本城
 水前寺成趣園→球磨川
 球泉洞
 球磨→鹿児島

7日目
 鹿児島・多賀山公園→霧島神宮
 鹿児島市内・仙巌園→南州公園→鹿児島城跡
 鹿児島・知覧平和公園
 鹿児島・指宿

8日目
 鹿児島・山川港→フェリー→根占港
 鹿児島・佐多岬
 鹿児島・鹿屋航空基地
 宮崎・鵜戸神宮→極楽の湯→道の駅つの

9日目
 高千穂 1 高千穂峡
 高千穂 2 高千穂神社 天真名井
 高千穂 3 天岩戸神社 天安河原
 阿蘇→筋湯温泉→大分・湯布院

10日目
 大分・湯布院→九重夢大吊橋
 大分・宇佐神宮
 大分・中津 中津城→耶馬溪
 福岡・英彦山神宮
 福岡・小倉→愛媛・松山
関連記事

01:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
岩国へ 百名城・岩国城とダムカードの旅 6<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 2日目 1 小倉港→宗像大社→マリンワールド
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

岩国へ 百名城・岩国城とダムカードの旅 6<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 2日目 1 小倉港→宗像大社→マリンワールド