fc2ブログ



 2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03  
夏旅 5 九州旅 8日目 1 鹿児島・山川港→フェリー→根占港
2017 / 10 / 08 ( Sun )


九州を一周する夏旅も8日目の朝を迎えました。

 道の駅「山川港活お海道」の駐車場の隅っこで。

昨夜は暑くて、でも、アイドリングしっぱなしじゃ、近所迷惑になるかもと、
エンジン切って寝たけど、やっぱり、暑さで目が覚めて、ちょっとだけ、エンジンかけてエアコン全開。

車内が冷えたところで、エンジン切って寝ました。


6時にセットしたアラームで起床。


朝イチのフェリーに乗らないと行けないので、洗面所でさっさと洗顔。

身支度して道の駅を出発、山川港へ。

とってもいいお天気です。

山川港は、道の駅から200mほどの距離。

薩摩半島と大隅半島を繋ぐ連絡船「山川・根占フェリー」が出ていて、
でも、船が小さく、到着順なので、乗船できない可能性もあり、急いで来たのでした。

待機レーンにはまだ1台も並んでませんでした。

1番レーンに駐車し待っていると、やがておじさんが来て、予約車かと訊かれました。

いいえ、と答えると、2番レーンへ移動させられました。

予約できたみたい。

知ってたら、もう少し、寝ていられたのに…。

「5」と書かれた整理券をもらいました。

でもまぁ、取りあえず、乗船できるってことでひと安心。

身支度も中途半端で飛び出してきたので、道の駅に戻って支度し直そうと思い、
おじさんに、すぐ戻ってきますから、道の駅に行ってきていいですか?と云ったら、

「整理券を返して」

思わず、えって聞き直しちゃいました。

「200メートルほどだから、歩いて行けば」

だって。

いやいやいやいや。

じゃあ、なんのための整理券なの?

すぐ帰ってくるって云ってるのに、クルマ置いて歩いて行けって。

クルマがいっぱい並んだ状態とかなら、僕もそんなこと云わない、
僕以外、誰もいないし、出航まで1時間以上あるし。

不親切というか、整理券配る意味、ないじゃん、とか、納得できないまま、
道の駅まで歩いて戻りました。


港に戻ったあと、
 黒猫と遊んでもらいました。


港にある観光案内看板。


7時半、ようやく、受付開始。


対岸へ渡るフェリー。


乗船時間が来ましたが、結局、予約車用?の1番レーン車はからのまま。


5番の整理券の僕が先頭で乗船しました。

余計に、あのおじさんに対して腹が立ちました。


上の船室へ。


座席は多め。


外の甲板。

山川港は開いた口の前歯の裏側みたいな場所にあって、外海には直接面していません。

 船室に戻り、テレビを見てたんですが、
なんと、台風13号が発生し、すでに鹿児島の目と鼻の先に! びっくり!

港の頭上はめっちゃ、青空なのに。

昨夜、寝られないくらいに蒸し暑かったのは、台風のせいだったのかぁ。

移動速度が速いらしく、夕方にはもう、高知の足摺岬にいるとのこと。

雲仙のときみたいに、フェリーが運休にならなくて良かったぁ。


 時間通り、出港。
遠ざかる港。


番所鼻と呼ばれる岬を過ぎ、外海へ。

外海って云っても、正確には、まだ鹿児島湾だけど。



振り返ると、昨日はガスって全然見られなかった開聞岳の山頂部分がちらり。


遠ざかる山並み。


海まで山が迫った沿岸部。


進行方向左には、昨日、砂むし風呂を楽しませてもらったいわさきホテルが見えてきました。


露天風呂があったアミューズメント棟も見えました。

台風の影響もほとんどなく、波は穏やか。

 東の空はちょっと雲が多いかな。


写真を撮ったり、テレビ見たりしているうちに、どんどん、対岸が近づいてきました。

大隅半島の南部にある根占港へ、船は入って行きました。


(航跡を振り返り、)小さな岬と長く延びた防波堤の間の狭い水道を通って港へ。


根占港の桟橋。

入港時、船内にホタルの光が流れました。

船は桟橋直前で180度回頭、それから着岸しました。


9時少し前、下船も先頭で。


根占港フェリー乗り場の待機所。

 フェリー事務所。

朝イチで大隅半島に渡ってきたのは、
 佐多岬へ行きたかったからです。
佐多岬は九州最南端の岬。

港から40キロ、1時間ほどの距離です。

ナビにきちんとセットして出発しました。


海沿いの国道269号線を南下、車窓に拡がる青い海がとてもきれいでした。

佐多の町から道は県道に変り、海沿いから山間へと風景も変わりました。

民家もないくらいの山の中だったからか、

野生のお猿さん、出現!

反対車線にいたんだけど、クルマを駐めても全然、逃げませんでした。


人に慣れてるのか、危害を加えてこない人間なんて眼中にないのか。

可愛いお猿さんたちでした。


さて、旅の間、運転中はずっと、スマホのラジオ・アプリで、FM放送を聴いていました。

九州のローカル放送局ではなく、普段から聴いている東京FMです。

佐多岬へ向かっている途中、こんな言葉を耳にしました。

トラブルは旅のスパイス

トラブルなんか、ない方がいいけれど、思い通りに行かないのが世の常。

トラブルって、旅の思い出として強烈な印象を残していたりするものです。

今朝の山川港のおじさんみたいに、つい、イラっとしてしまうこともあるけれど、
そういう引っかかり、感情の起伏って、旅の思い出のひとつになりやすかったりします。

「トラブルは旅のスパイス」なんだと、思うことで、つい、イラッとすることがあっても、
いつまでも引きずったり、悪感情に流され放しにならずに済みます。

そして、「トラブルは人生のスパイス」と、旅を人生に変えても使えそうな良い言葉でした。


佐多岬までかなり近づいたとき、道路に覆い被さるように枝を伸ばした樹から、
 すだれのようなものがたくさん垂れ下がっていました。


路駐して、その樹に近づいてみると、枝の途中から根っこのようなものが何本も垂れています。

岬に着いてから分かったのですが、その樹の名前は「ガジュマル」。


垂れているものはやはり根で、気根と云うそうです。

九州最南端まで来たら、見たこともない植物が次から次に現れて、
道の左右の森の雰囲気も、色というか、空気というか、四国のそれと違うんですよね。


途中、小さな漁師町がちょろちょろっとあっただけで、
佐多岬ロードパークと名付けられた道路をたどりにたどって、ようやく、

佐多岬の入口に到着しました。

駐車場はそんなに大きくはなかったけど、クルマがたくさん来てました。

誘導員もいたりして、最南端ってだけで、人の集まりが違うような雰囲気でした。

 そんな駐車場に、一際目立つ木があって、
 それが、ガジュマルの木でした。

 記念撮影の場所にもなってるみたい。


気根がたくさんぶら下がったところが、まるで、秘密の入口のよう。

行き止まりだけどね。

映画『スターウォーズ 帝国の逆襲』で、修行中のルークが入った洞窟を思い出しました。

 佐多岬への遊歩道入口はトンネル。


つづく。


夏旅 5 九州旅 目次

1日目
 松山→

2日目
 小倉港→宗像大社→マリンワールド
 太宰府天満宮→佐賀神埼

3日目
 佐賀神埼→祐徳稲荷神社→長崎

4日目
 長崎・軍艦島
 長崎市内観光→水族館→雲仙→島原

5日目
 島原・道の駅 みずなし本陣ふかえ・土石流被災家屋保存公園
 島原・原城跡
 島原・島原城
 島原→雲仙多良シーライン→佐賀城
 佐賀→三池炭鉱→道の駅 泗水

6日目
 熊本・道の駅 泗水→熊本城
 水前寺成趣園→球磨川
 球泉洞
 球磨→鹿児島

7日目
 鹿児島・多賀山公園→霧島神宮
 鹿児島市内・仙巌園→南州公園→鹿児島城跡
 鹿児島・知覧平和公園
 鹿児島・指宿

8日目
 鹿児島・山川港→フェリー→根占港
 鹿児島・佐多岬
 鹿児島・鹿屋航空基地
 宮崎・鵜戸神宮→極楽の湯→道の駅つの

9日目
 高千穂 1 高千穂峡
 高千穂 2 高千穂神社 天真名井
 高千穂 3 天岩戸神社 天安河原
 阿蘇→筋湯温泉→大分・湯布院

10日目
 大分・湯布院→九重夢大吊橋
 大分・宇佐神宮
 大分・中津 中津城→耶馬溪
 福岡・英彦山神宮
 福岡・小倉→愛媛・松山
関連記事

01:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
夏旅 5 九州旅 7日目 4 鹿児島・指宿<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 8日目 2 鹿児島・佐多岬
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

夏旅 5 九州旅 7日目 4 鹿児島・指宿<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 8日目 2 鹿児島・佐多岬