fc2ブログ



 2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03  
夏旅 5 九州旅 10日目 4 福岡・英彦山神宮
2017 / 10 / 10 ( Tue )


福岡と大分の県境にそびえる霊山・英彦山にある英彦山神宮へ。

耶馬溪からの道は、結構、大変でした。

九州でも屈指の神社なので、道もいいだろうと勝手に思っていたのが間違いでした。

福岡側からは楽みたいだけど。


ナビの指示によって到着したのは、
麓と中腹にある神社を結ぶ英彦山スロープカーの乗り換え駅、花駅でした。

西国修験道の一大拠点として栄えた頃の名残を残すかのように、
駅の周辺だけ、民家や宿泊施設が建ち並んでいました。

あとは森だらけです。


麓からのスロープカーは2階へ、神社に向かうスロープカーは1階から発車します。

 正面玄関に入ってすぐ、
 券売機と顔出し看板。

 往復、大人620円。

 山伏姿の顔出し看板。

 モダンな外観のスロープカー。
ふたつの車両で構成されていますが、急坂にあわせ、
山側の車両は、谷側より高い位置にあらかじめ、段差を付けた状態で連結されています。

下側の車両に誘導され、乗車しました。


シートも真新しく、乗り心地もよかったです。

 スロープカーという名前のロープウェイです。

ゆっくりと景色を楽しみながら、花駅から山腹の神駅へと向かいました。


銅鳥居のそばの幸駅から花駅、神駅まで、全長849m、
幸駅~花駅間は単線で380m、花駅~神駅は複線で469mです。

乗車時間は15分、10~20分間隔で運行しています。

昔は1時間かかっていたそうなので、もの凄く楽チンです。

車椅子もベビーカーも、そのまま乗車できます。


花駅と神駅の間には、簡易駅の参道駅があるけど、通常は通過します。


車内アナウンスを楽しみながら、7分間の乗車時間はあっという間に終わりました。


神駅に到着です。

境内に続くバリアフリーな通路もありますが、そうじゃない下部の出口から出ると、

往時の険しい石段の参道でした。

遙か下まで続く石段を、昔は歩いて登るしかありませんでした。


石段を登り、当時の苦労をほんの少しだけ、味わいながら境内へ。


お山の中に拡がる境内、朱色の柱にこけら葺きの奉幣殿の大きさに驚かされました。

社務所やお守り授与所、スロープカーのバリアフリーな出入り口はこちら側。


標高700mにある奉幣殿は、元和2年(1616)、小倉藩主細川忠興によって再建されたものです。

英彦山は古代より神体山として信仰されていた霊山で、
御祭神は天照大神の御子、天忍穂耳命です。

太陽神・天照大神の子供の山、と云うことで、「日の子の山」、「日子山」となり、
嵯峨天皇の詔によって「日子」を「彦」に、霊元法皇の院宣により「英」の1字を賜り、
「英彦山」と改称されました。

修験道の道場「英彦山権現様」として栄えました。


 2礼2拍手1礼、合掌。


裏にはバリアフリーなスロープがありました。


奉幣殿はあくまで、参道途中にある社殿のひとつです。


頂上まで約2キロ、1時間30分くらいの距離の間に、
下津宮(下宮)、中津宮(中宮)があり、中岳山頂に御本社(上宮)があります。

また英彦山自体は、北岳、中岳、南岳の3峰でひとつのお山です。

いつか、本社まで行こうっと。

 御朱印は社務所で。
でも、呼び出しベルをいくら押しても、無反応。

駅側の授与所に行き、巫女さんに尋ねると、朱印帳を持って社務所の中へ入っていかれ、
数分後、無事、御朱印をいただけました。



神駅に戻りました。

プラットホーム。

でも、まだスロープカーも来てなかったので、一旦、外に出て、
 駅舎を撮ったり、
 バリアフリーの通路も。


ホームやレールを上から、下から。

 やっと、上りが来ました。

 帰りは先頭に乗ることができました。

写真が緑っぽいのは、窓のガラスが緑がかっているせいです。


神駅と花駅の間にある簡易駅の参道駅がこちら。


福岡方面の山並みをバックに、まもなく、花駅。


大きな建物が隣接する駅舎にゆっくりと滑り込み、
 到着です。

花駅駅舎の隣の大きな建物は、
 旧英彦山小学校校舎です。


売店などに利用されています。

 幸駅に下っていくスロープカー。


いよいよ、だいぶ日が傾いてきました。

すぐにクルマに乗り込み、下山しました。

少し下ったところにある、
 銅鳥居を見に、一時停車。

 国指定重要文化財の銅鳥居です。

 幸駅にも。

単線のレールがお山に向かって延びていました。


つづく。


夏旅 5 九州旅 目次

1日目
 松山→

2日目
 小倉港→宗像大社→マリンワールド
 太宰府天満宮→佐賀神埼

3日目
 佐賀神埼→祐徳稲荷神社→長崎

4日目
 長崎・軍艦島
 長崎市内観光→水族館→雲仙→島原

5日目
 島原・道の駅 みずなし本陣ふかえ・土石流被災家屋保存公園
 島原・原城跡
 島原・島原城
 島原→雲仙多良シーライン→佐賀城
 佐賀→三池炭鉱→道の駅 泗水

6日目
 熊本・道の駅 泗水→熊本城
 水前寺成趣園→球磨川
 球泉洞
 球磨→鹿児島

7日目
 鹿児島・多賀山公園→霧島神宮
 鹿児島市内・仙巌園→南州公園→鹿児島城跡
 鹿児島・知覧平和公園
 鹿児島・指宿

8日目
 鹿児島・山川港→フェリー→根占港
 鹿児島・佐多岬
 鹿児島・鹿屋航空基地
 宮崎・鵜戸神宮→極楽の湯→道の駅つの

9日目
 高千穂 1 高千穂峡
 高千穂 2 高千穂神社 天真名井
 高千穂 3 天岩戸神社 天安河原
 阿蘇→筋湯温泉→大分・湯布院

10日目
 大分・湯布院→九重夢大吊橋
 大分・宇佐神宮
 大分・中津 中津城→耶馬溪
 福岡・英彦山神宮
 福岡・小倉→愛媛・松山
関連記事

04:00:00 | コメント(回答)(0) | page top↑
夏旅 5 九州旅 10日目 3 大分・中津 中津城→耶馬溪<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 10日目・11日目 福岡・小倉→愛媛・松山
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

夏旅 5 九州旅 10日目 3 大分・中津 中津城→耶馬溪<<古い方< 最新記事 >新しい方>>夏旅 5 九州旅 10日目・11日目 福岡・小倉→愛媛・松山