FC2ブログ



 2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11  
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | page top↑
凍った白糸の滝へ
2018 / 02 / 13 ( Tue )
昨年末にアップした「湯けむりスタンプラリー16」の地図、
このブログでしか情報をアップしてないのに、
いろんな方に利用していただいてるみたいで、ヨカッタです。

先日、全26湯、入湯し終え、パーフェクト達成です。

休みが限られてるし、スクーター移動と決めていたので、
南予とか一日4湯、ハシゴした日もありました。

松野のぽっぽ温泉、新宮の霧の森交湯~館、
遠かったです。

一本松温泉とか、ラリーリストに入ってなくて、ホントヨカッタ (^_^)

でも、ハシゴ中に湯冷めしちゃったのかなぁ、
ここ数日、酷い風邪をひいて寝込んでしまいました。

熱はなくて、逆に悪寒が酷く、のどががらがら。

1週間寝てやっと風邪本体は抜けてくれたけど、まだのどがダメです。

とほほ。


で、なんとか動けるようになって仕事にも出られるようになった先日、
久しぶりに街に買い物に出たんですが、
石鎚山とか、ずっと身近な皿ヶ嶺とか雪で真っ白じゃないですか。

松山市内は雪なんてちらついただけなのに、
お山はしっかり積もってたみたいで。

白髪頭の皿ヶ嶺を見てたら、
あの麓にある 白糸の滝 にとても会いたくなりました。


スクーターを走らせ、南へ。

やがて、乾いた冬の空気にのどが悲鳴を上げ始めました。

咳が止まらず、気管内の異物感がピークに達し、吐き気まで。

のど飴で潤しながら、騙し騙し、少しずつ滝へ、近づいていきました。


当サイトの常連さんならとっくにご存じだと思いますが、

白糸の滝は東温市にあります。

駐車場とか整備されてる「白猪の滝」の方がメジャーだけど、
僕は、いつ行っても観光客ひとりいないで、滝を独占できる、
白糸の滝の方が大好きです。


この季節、白糸の滝までのアクセス道路も雪まみれなのですが、
今年は珍しく、滝入口直前にしか積雪しておらず、
ぎりぎりまで、スクーターで行けました。

遊歩道にはしっかり、積雪していましたが、
雪と云うより、表面が溶けて再氷結したアイスバーン状態。

軽アイゼンすら持ってきてない状態だったので、
滝まで、普段の3倍以上、時間がかかってしまいました。

ま、雪まみれの渓谷をじっくり楽しみながらだったので、
時間は気にしていませんでした。

と云うか、まだ、病み上がりだし。

でも、渓谷の澄んだ空気は痛んだノドにとても優しく、
呼吸が荒くなっても、ほとんど咳が出ませんでした。

えっちらおっちら。

体力の落ちたからだを引き揚げ引き揚げ、
ようやく、白糸の滝にたどり着くことができました。


雪まみれのテラスから見た滝は、見事に氷結していました。

ここまで凍り付いた姿を見たのは何年ぶりだろう。

今年はそれだけ、よっぽど寒いんだ。


滝壺の氷は積もり積もって2m近く盛り上がってました。

氷が分厚いからか、ここだけ、青い色。


下流方向。

デジカメじゃなく、スマホで撮影したので、
雪の白さがばらついてるけど、

せせらぎはすっかり、雪にと氷に覆われて見えません。


滝の周囲をちょっと離れた視点から。

 テラスのテーブルセットも雪まみれ。

 テラス直前の遊歩道。
最後の最後が凍ってつるつるで一番怖かったです。


滝を横から。

…と、ちょっと息が切れて、頭がふらっとしてきたので、
雪の上にごろんと横になりました。

防寒対策は完璧で、雨カッパにもなる服装だったので、
雪の上に倒れ込んでも水も寒さも沁みてきません。

ふかふかな雪じゃなかったけど、気持ちよかったです。

 空の迷路。

甘えてるネコみたいに、雪の上でゴロゴロしていると、
長野や北海道で何シーズンもの冬を過ごしてきた遠い記憶が、
昨日のことのように思い出されます。

やっぱり、僕は雪が好きなのだと思うのです。

あの頃付き合っていた、海なし県に生まれた彼女が、
いつか海のそばに住みたいと云っていたように、
雪なし県生まれの僕は、雪が積もる街に住みたいのだ。

いまでも、ずっと。


ノドがいい加減渇いたので、雪を食べようと、
きれいなところをほじほじして、ぱくり。

雪と云うより、小さな氷のつぶつぶ状態だったけど、
口に含むとさらっと溶けて、痛んだ気管のあら熱を取ってくれました。


起き上がって、もう一度、滝に接近。

滝壺に降り立とうとしたのですが、氷は体重を支えるほどには厚くなく、
バリンと大きく氷が割れて、もう少しで靴を濡らすところでした。


氷の滝を形成するつらら群。


流れる時間さえ閉じ込めたような姿のつらら。


周囲の岩の表面にこびりついた氷。

飛沫の勢い、方向そのままに凍り付いてて、
まるでドラゴンのうろこみたいでした。


また雪の上でゴロゴロして、冬を充分に満喫してから、
下山に取りかかりました。

 冬の間にもう一度、来られるといいなぁ。

と云いつつ、家からたった30分~1時間で来られるんだよね。

その気になればいつだって会いに来られる。

その「いつだって」につい甘えて、ご無沙汰してしまうんだけど。


滝に一礼して背中を向けました。


凍った遊歩道、往きに撮れなかった分、帰路に撮影しました。

 滝直前の雪の状態を振り返って。
さらには、誰かが尻セード、お尻で滑って降りたために、
雪の表面が滑り台状態になって凍り、靴のソールがまったく効きません。

上りより、下りは特に滑って怖かったです。


下から3つ目の橋の直後がもっともアイスバーン状態です。

こうなると、普通の靴ではバランスを保持できません。

不格好なほどに身体を縮こませてクリアしました。

 橋の上も圧雪された雪が凍ってます。
手すりを持って慎重に。

対岸の山道は危険なほどには積雪してませんでしたが、
一カ所だけ、難所が。


谷筋に架けられた手すりのない板橋がアイスバーン状態で、
さらに傾斜してるしで、ここはとっても緊張しました。

もうしゃがんでずるずる歩いて下りました。


ちなみに、この遊歩道は、昨年の台風でかなり被害を受けました。

しばらく、通行止めになっていました。

白猪の滝に比べて観光客が少ないので、ちゃんと直してもらえるのか、
ずっと心配してました。

遊歩道再開の報告も届かなかったし、
滝にたどり着くまで、ちょっと、ドキドキしてました。

この板橋の辺りも斜面崩落で道が寸断されてましたが、
いまはもう、すっかり、遊歩道らしく元通りに。


 ふたつ目の橋から。
橋の上はやはりアイスバーン。

 ぷち氷瀑。

 川はほぼ、水面が見えません。

てすりを掴んで慎重に下りつつ、
 ふたつ目の橋を見上げて。


下からひとつ目の橋まで下ってきました。

 橋の下の氷を見たくて、ちょっと寄り道。

 橋の下のぷち氷瀑。
ここも時間が止まってます。

水面に近づけたので、手のひらで水をひとすくい、ふたすくいして、
再び乾いてきたのどを潤しました。

雑味がなにもなくて、美味しい水でした。

とても冷たい水だったけど、ノドを通過した途端、すぐに所在が分からなくなり、
とっくに細胞に吸収されたような不思議な感じでした。

 ひとつ目の橋までも雪と氷まみれです。
下りは一度や二度、ずるっとこけちゃいます。

でも、なんとか尻餅は着かずに遊歩道を脱出、林道まで下れました。

 林道こそ、酷いアイスバーンなんだけど。


以前、公衆トイレのあった駐車場はつるんつるんです。

傾斜もあるので、ノーマルタイヤじゃ絶対、危険です。

でも、今回はここまで、林道に雪がなかったんですよね、珍しく。

だから、ノーマルタイヤでも駐車場まで上がって来ちゃう人もいるかもね。

だけど、最後の最後にタイヤが滑って斜面を上れなかったり、
クルマの向きを変えようとしてもスリップして脱輪したり、
いろいろ起きそうな予感です。


この冬、滝見物に出かけられる方は、靴の滑り止めは必須です。

靴底に簡単に装着できる、4本爪の軽アイゼンくらいは欲しいです。

最悪、荒縄を靴にぐるぐる巻きするとか、
なにか工夫してお出かけして欲しいです。

充分、その工夫・苦労のしがいのある光景に出会えますよ。


と云うことで、大満足して下山しました。


でも、平野に出た途端、気管支炎が再燃。

やっぱ、空が開けた重信の田園地帯でも、排気ガスとかで、
ノドがすぐにイガイガ。


身体が冷え切る日没前に急いで帰宅しました。


昨日、松山道が通行止めになるくらい、雪が降ったらしい。

すぐにまた行きたいよう。

うずうず。
関連記事

12:37:14 | コメント(回答)(0) | page top↑
「温泉でほっ!とシェア」温泉シェアスポット の地図を作ったよ!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>氷の世界だった、滑川渓谷 1
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

「温泉でほっ!とシェア」温泉シェアスポット の地図を作ったよ!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>氷の世界だった、滑川渓谷 1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。