fc2ブログ



 2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05  
気がつけば、しばらくぶりの皿ヶ嶺へ その3
2020 / 05 / 04 ( Mon )
20200417_0101.jpg
山頂から竜神平に戻ってきました。

身体も冷えたので、お昼ご飯の支度は小屋の中で始めました。

20200417_0102.jpg
愛媛大学山岳会竜神平小屋の入口。

20200417_0103.jpg
無人の小屋で、誰でも宿泊、休憩利用が可能です。

20200417_0104.jpg
ドア横の温度計は8度と、山頂より2度、低めです。

20200417_0105.jpg
小屋の中はシンプルで、左が二段ベット、右にテーブルセット。

20200417_0106.jpg
新しめのテーブル、大人数でも大丈夫。

20200417_0107.jpg
いつかは泊まってみたいベッド。

20200417_0108.jpg
入って正面の棚には備品など。

20200417_0109.jpg
発煙筒や絆創膏もありました。

20200417_0110.jpg
ノートのシリアルナンバーはまだ「No.1」。

20200417_0111.jpg
お願い、と云うか、最低限のマナー。

20200417_0112.jpg
蚊取り線香や、誰かの落とし物だろう、リモートスイッチ器具。

20200417_0113.jpg
さすがに、小屋の中は暖かい。

ちなみに、小屋の利用は自由ですが、使用料はチップ、カンパ制です。
20200417_0114.jpg
入口わきに鳥の巣みたいな料金箱があります。

20200417_0115.jpg
使用料100円、泊まりは500円をお願いします。

僕は100円入れて、お昼ご飯の支度です。

支度と云っても、お湯湧かしてカップラーメンの類いですが。

20200417_0116.jpg
コンパクトなこのバーナーを使ったのも久しぶりすぎる。

食事は外でします。
お湯を沸かす間に準備。

今回、登山靴を新調したほかに、新しく手に入れたものを持ってきてます。
折りたたみのイスです。

20200417_0117.jpg
こんなバッグのなかに、
20200417_0118.jpg
ポールの骨組みとシートが入ってます。

20200417_0119.jpg
テントのポールみたいに、パイプの中がゴムで繋がっていて、
穴に差し込んだり、ポール同士を繋いだりすれば、
20200417_0120.jpg
秒で骨組みが完成します。

20200417_0121.jpg
ポールの先端4カ所にシートの四隅を装着すると、
20200417_0122.jpg
イスのできあがりです。

20200417_0123.jpg
一応、150キロまでは耐えられるそうです。

これ、中国通販で買いました。
2000円ほどと格安です。
が、そこは中国通販、到着に2週間以上、かかりました。

20200417_0124.jpg
沸いたお湯を注いで、しばし、休憩。

フタの重し代わりに載せてるお箸も中国通販で買ったものです。20200417_0125.jpg
ネジで連結する携帯用のお箸です。
ケースも付いて300円ちょっとでした。

20200417_0126.jpg
今日のお昼ご飯。

20200417_0129.jpg
こんなロケーションでいただきました。
インスタントでも最高のお昼ご飯でした。

誰もいない、ひっそりとした湿った草原をぼんやり見てると、
下界の厭なことを少しの間、忘れることができました。

もっと早い時間に来てれば、正面の森の中を歩く遊歩道も楽しめたなぁ。

さらに云えば、もっと数日早ければ、真っ白な雪原を見られただろうに。


さて、このタイミングで、新調した靴の話もしておきましょうか。

皿ヶ嶺に数年ぶりに来たように、僕はしばらく、お山歩していません。
仕事が忙しくなったのが一番の理由なのですが、
ほかにいくつかある理由のひとつが、登山靴がない、でした。

愛用していた靴が劣化してしまい、代わりの靴をずっと探していました。
でも、値段とか機能とか、自分にあれこれ言い訳して買えずにいました。

前から気になっていた靴はありました。
靴と云うより、機能、です。
20200417_0160.jpg
買ったのは、大型店舗で売ってるサウスフィールド。

20200417_0161.jpg
靴紐がダイヤル式です。
スノーボードのブーツなどにも使われている機能で、
気になった瞬間に数秒で締めたり緩めたりできるものです。
脱ぐときも秒で、履くときも秒で、楽ちんです。

でも、新しいものを試すのは結構勇気がいります。
それも、街履きじゃなく、登山靴です。
お山の中で小さなことでも、なにかあったら、結構、へこたれます。
ワイヤーは細く、切れそうな気もするし、
ダイヤルも岩にぶつけたりしたら、すぐ壊れそう。

なので、故障したときのため、換えパーツをすでに取り寄せてます。
ちなみに、交換パーツは無料、送料も急がなければ無料でした。

履いてみた感想は、悪くなかったです。


ぽつり、ぽつり。

雨雲は待ってはくれませんでした。

20200417_0130.jpg
キレイにお片付けし、撤収。

20200417_0131.jpg
簡易なロックをして、小屋にお別れ。

20200417_0132.jpg
竜神様にも別れのご挨拶。

また、来られますようにと。

20200417_0134.jpg
なにか忘れ物をしたような気がして、幾度か振り返る。

でも、違和感の正体は背中のリュックと心が少し軽くなっただけ。


上林公園からの道をたどり戻ります。

どんどんと、高度を下げて行きます。

下界に戻るときの後ろ髪を引かれる、なんとも云えない寂しい気持ち、
ああ、こんな感じだったなぁと、思い出しながら。

20200417_0135.jpg
バッジか、ストックのリングか、誰かの落とし物かと思ったら、
20200417_0136.jpg
キノコでした。

20200417_0138.jpg20200417_0139.jpg
紫色の花。

風穴まで下りました。
20200417_0143.jpg
行きしに覗いてなかったと思い、
20200417_0144.jpg
石積みの中をちらり。

20200417_0145.jpg
路駐してたクルマ2台もとっくにいません。

バイクのシートは雨で濡れてました。

公園へ下って、トイレタイム。

20200417_0147.jpg
新しいトイレができてました。

20200417_0148.jpg
凍結の恐れがあるので、手を洗う水は外のポリタンクで。

20200417_0149.jpg20200417_0150.jpg
なかはとても清潔です。

20200417_0153.jpg20200417_0154.jpg
公園は標高が高い分、サクラは咲き始めたばかり。

20200417_0151.jpg
20200417_0152.jpg
白い大きな花を咲かせる木。

20200417_0155.jpg
いのとん。

20200417_0156.jpg20200417_0157.jpg
そして誰もいなくなった…。

20200417_0158.jpg
と云うわけで、久しぶりの皿ヶ嶺でした。

あんど、

ブログも久しぶりでした。


久しぶりすぎて、誰も更新に気がつかないだろうなぁ。


ではまたいつか。

いや、出張したときに登った丘とか、書いてみようかな。

自粛ムードでヒマだから。


では。


関連記事

12:27:25 | コメント(回答)(2) | page top↑
気がつけば、しばらくぶりの皿ヶ嶺へ その2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ホームページのリニューアル工事中!
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2020/05/04 18:12 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2020/06/27 18:27 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

気がつけば、しばらくぶりの皿ヶ嶺へ その2<<古い方< 最新記事 >新しい方>>ホームページのリニューアル工事中!