2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12  
奥穂高 防災ヘリ墜落
2009 / 09 / 13 ( Sun )
11日、奥穂高で救助作業中の防災ヘリが墜落。
人助けに行った人が亡くなってしまうニュースはとても切ないですね。
共同通信から、

奥穂高で防災ヘリ墜落3人死亡 救助作業中、遭難者も死亡

 11日午後3時20分ごろ、岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)付近の山中で、遭難した登山者の救助に当たっていた同県の防災ヘリコプターが墜落して炎上、県防災航空隊の操縦士朝倉仁さん(57)=同県各務原市=ら3人が死亡した。

 ヘリの死者はほかに、同隊の整備士三好秀穂さん(47)=同=と同隊副隊長後藤敦さん(34)=同県笠松町。
登山中に遭難したのは宮城県山元町の無職冨沢薫さん(64)で、事故後に死亡が確認された。

 岐阜県によると、墜落したヘリは全長約17メートルで最大15人乗りの「若鮎2」(ベル412EP型)。
県警によると、ヘリは低空でホバリング中に、機体の後部が岩場の急斜面に接触してバランスを崩したとみられ、大破した機体の主要部分は約400メートル下の斜面で発見された。

 朝倉さんは航空自衛隊を経て1997年から県のヘリ操縦士として勤務。飛行時間5740時間のベテランだった。

 岐阜県警などによると、午後1時40分ごろ、登山者から「(冨沢さんが)歩けなくなった」と救助要請があり、ヘリは同2時すぎに同県各務原市から出動。
防災航空隊員と高山署員ら5人を乗せて現地に向かった。

 現場到着後、高山署員ら2人がヘリからロープで降下。
約10分後、心肺停止状態となっていた冨沢さんを搬送するため、約20メートルの低空でホバリングしていたヘリから下ろされたロープに固定しようとしたところ、機体が急に降下して墜落、炎上した。

 機体は飛行時間100時間ごとに行う点検を11日に終えたばかりで、県警は詳しい事故原因を捜査。運輸安全委員会も同日、航空事故調査官3人を現地に派遣することを決めた。

 現場は長野県境近くの奥穂高岳と西穂高岳との縦走路付近で、ジャンダルム(3163メートル)近くの「ロバの耳」と呼ばれる岩場の斜面。
近くの山荘経営者によると、当時、付近は晴れていたが、時折薄い霧が出ていた。

 岐阜県警によると、冨沢さんは、宮城県の登山愛好家グループのメンバーと計10人で、10日から3泊4日の予定で北アルプスに入山していた。


山や海、災害現場で活躍する防災ヘリのパイロットさんは、みなさん、凄腕の持ち主です。
回転翼がいまにも接触しそうな、岩壁からたった数十センチの距離で静止してみせたり、
静止するって云っても、操縦席からは真下にある現場が見えないんですよね。
お山なんか、乱気流だらけ。
風が吹けばヘリは前後左右、上下、立体的にふらついちゃう。
コックピットから見える木や岩などを目印に機体をセンチ単位で維持するのは神業です。
海上だと海をじっとにらんで波の大きさを目に焼き付けて目印にするんだそうです。

神業のおかげでたくさんの命が救われ、いくつかの亡骸は家族の元に帰ることができたのに、
神様は、なんて無慈悲。


関連動画を載せておきます。
NHKニュースから、防災ヘリが北アルプスで墜落


NHKニュースから、北アルプス ヘリ墜落3人死亡


TBSニュースから、ヘリ墜落、本格的な原因究明始まる


NHKニュースから、“異音に気づき 転落免れた”


岐阜新聞から、

岩肌に黒煙、真っ赤な炎 山荘スタッフもぼう然

 「ヘリが飛ぶ音が消えたと思ったら、グシャッという鈍い金属音がした。ガスが晴れると、岩肌に真っ赤な炎が上がっていた」。
墜落現場から北西へ約9キロ、笠ケ岳(2897メートル)直下の笠ケ岳山荘では、事故の一部始終を山荘スタッフや登山者らが目撃していた。

 ヘリが落ちた―。
11日午後3時20分ごろ、同山荘の若主人滋野亮太さん(26)は、笠ケ岳にかかった雲の切れ間からのぞいた光景に目を疑った。
もうもうと上がる黒い煙と赤い炎が肉眼でも確認でき、双眼鏡をのぞくと激しく火を噴くヘリの残骸(ざんがい)が散らばっているのがはっきりと見えた。

 「機体の色もわからないほど無残だった」。
山荘のスタッフ9人と登山者5人でぼう然とその光景を見ていたが、高山署からの連絡を受けた滋野さんは、目の前の惨状を伝え続けた。
事故直後の現場周辺の天候はよかったが、日没とともにガスが発生。
しかし、2時間半以上たった午後6時ごろまで、機体が燃え続けるのが見えたという。

 救助ヘリの中継基地となった高山市奥飛騨温泉郷神坂の鍋平ヘリポートには、県警ヘリや県防災ヘリ「若鮎1」、長野県警ヘリが相次いで離発着し、多くの報道陣が詰めかけた。
同6時半ごろにはヘリで収容された3人の遺体が同ヘリポートに到着。
この後、遺体はヘリで高山署へ搬送された。
4人の遺体は同日夕にいったん、高山署に運ばれた。

 現場上空に同4時ごろ到着し、県警ヘリによる救助活動を続けた県警航空隊の中島健二郎航空隊長は「到着時は機体がまだ炎を上げていたが、周囲の視界が悪かった」と現場の状況を語り、無念そうな表情を見せた。


産経新聞から、

「頭上をヘリが斜めに落ちた」 ヘリ墜落事故

 「自分の頭上をヘリが斜めに落ちてきた」。
事故現場に居合わせ、墜落の瞬間を目の当たりにした山小屋の従業員は、青ざめた顔で振り返った。

 現場は岐阜県高山市の北アルプス奥穂高岳と西穂高岳の縦走路付近で、「ジャンダルム」(3163メートル)と呼ばれる岩稜。
ジャンダルムとはフランス語で「前衛峰」の意で、奥穂高岳を護衛するかのように頂上の西約400メートルに位置している。
釣り鐘を伏せたような急峻(きゅうしゅん)な岩場が続く難所中の難所となっており、滑落などの事故が多発している。

 墜落現場から約1キロと最も近い山小屋「穂高岳山荘」を経営する今田英雄さん(66)によると、事故前に遭難者の救出に立ち会うよう県警から要請があり、山荘の支配人(37)と従業員(30)が遭難現場に向かった。

 事故10分前の午後3時20分ごろは晴れており、風もそれほど強くなかった。
遭難者をつり上げようとしたヘリを見て、今田さんが「手間取っているな」と思ったときだった。
突如としてガスが発生。
ホバリング中のヘリに霧がかかり、視界から消えた。
次の瞬間「ガン」という爆音がし、霧が晴れるとヘリの姿はなくなっていた。

 「墜落した」。
遭難現場にいた山荘従業員が声を張り上げた。
ヘリの残骸(ざんがい)からはオレンジの炎と黒煙が激しく立ち上り、周辺には機体の部品が散乱。
数百メートル高い岩峰では機体の一部が引っ掛かるような形で見つかった。

 亡くなった操縦士の朝倉さんは、平成9年に20年以上務めた航空自衛隊を退職し、県の操縦士になった。
「隊員を束ねて指揮に当たり、信頼があった」と県職員。
飛行時間5740時間のベテランで、ヘリをぎりぎりまで寄せて捜索できる腕前だったという。

 三好さんは川崎重工業を経て8年から整備士に。
同僚だった1人は「明るく有能な人」と話す。
副隊長の後藤さんは、消防士の経験を買われ、19年に県消防防災課に出向。
責任感が強く、明るく温厚な性格だったという。

 事故を受け、NHKは11日、愛知など中部7県と長野県で同日午後8時から放送予定の番組「金とく」の内容を変更した。
番組キャスターらが槍ケ岳からジャンダルムに向かう「北アルプス大縦走(後編)」を放送することになっていたが別の番組に差し替えた。


↑そうそう、「北アルプス大縦走」、ヘリの墜落と現場が近いのもあって、放送延期。
過剰反応っぽいけど。

「ゆうどきネットワーク」で槍ヶ岳までのダイジェスト、偶然見たけど、山だらけで面白かったですよ!
NHKのアナウンサーと女性登山家の田部井淳子が、
立山から奧穂高の槍ヶ岳、ジャンダルムまで、なんと3週間もかけて縦走!
今夏は雨が多かったので山小屋での停滞も多かったようですけど、
3週間も山に入り浸れるなんて、めっちゃ贅沢!
うらやましすぎる!

23日、朝8時35分からの「生活ほっとモーニング」で、全国放送される予定。
関連記事

00:38:19 | コメント(回答)(0) | page top↑
大雪山系旭岳 初冠雪!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>山小屋 恩返しの再建
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

「バカ」「アホ」「変態」「狂」... 使いようによっては他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています、ご注意下さい。

コメントいただくのはとてもうれしいんですが、
「送信」ボタンを押す前にいま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」「行間を…」ということを相手に望むのはわがままです。

お怒りな場合でも、大人な対応でぜひ、よろしくお願いします。 <(_ _)>

お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけませんよね。

なお、当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも正直、私個人の勝手です。
不愉快だと思ったコメントはばっさり削除します。
違う意見を持つ人と共存できないクレーマーと判断したら、即、ブロックします。

相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

大雪山系旭岳 初冠雪!<<古い方< 最新記事 >新しい方>>山小屋 恩返しの再建