fc2ブログ



 2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03  
えぐれる登山道 どうしましょ
2009 / 10 / 18 ( Sun )
“僕の前に道はない
 僕の後ろに道は出来る”


詩人・高村光太郎の有名な『道程』という詩の出だしです。

お山にある登山道も誰かが歩いたからできた道です。

人がガシガシとヤブや雑木をかき分け、踏み歩いたところを、
人の通わぬ夜は夜でタヌキやイノシシがせっせと踏み固め、
踏み跡はいつしか登山道になって行きます。

でも、往来が多ければ多いほど、踏みつけられていく地面は土がむき出しになり、
靴底は土をどんどんと削り取ります。
ちょっとした凹みも、雨が降れば排水路のような水道(みずみち)に変わります。
溝や樋のように水を集め、靴底が削るよりはるかに多くの土砂をえぐってゆきます。


場所によっては人一人がすっぽり隠れてしまうほどに。

こうなる前に「どげんかせんといかん!」と云うことで、

大分合同新聞から、

山を守る“鉄材登山道” 久住山で整備実験

 阿蘇くじゅう国立公園にそびえる久住山(1787メートル)の赤川登山道(竹田市久住町)で、雨水による道の浸食や崩落を防止するため、鉄材を使った整備の実験が始まった。
水はけをよくすることで浸食を防ぎ、鉄を使うことで長持ちする―というアイデア。
全国的にも珍しい整備方法で注目を集めそう。
 赤川登山道は山頂まで約2.5キロ。
このうち約1.5キロで浸食が目立ち、最もひどい所は深さ約2メートル、幅が約4メートルもえぐれている。
 県山岳連盟の後藤利雄会長は「登山者が歩くと道はえぐれ、そこに雨水が流れることで浸食が進み、周辺の自然も壊す」と指摘。
木材だけの登山道だと2年程度で使えなくなるという。
 実験は標高1250~1450メートル付近の登山道約200メートルで実施。
段差がある部分の土留め用に鉄柵(縦25センチ、横1メートル)を設置し、その間に木材の歩行ルートを敷く。
鉄柵と鉄柵の間にできる溝には土石や落ち葉などが堆積(たいせき)し、雨水はすき間から沢に流れる仕組み。
1年程度で、ぬかるみの少ない登山道になるという。
 鉄材を使った登山道整備は県の森林環境税を使った実証実験で、大分大学と大分鉄網(豊後大野市)の共同研究。
資材の運搬などは県山岳連盟や地元のNPO法人久住高原みちくさ案内人倶楽部、久住地区パークボランティアのメンバーらが協力。
作業は今月末までに終える予定。
 作業に参加した、みちくさ案内人倶楽部の上好温(かみよしあつし)理事長は「登山道の浸食を食い止めることができれば、自然保護にもつながる」と期待を寄せている。
 工法を開発した同大学工学部の的場哲准教授(63)は鉄の加工が専門。
「鉄は加工しやすく、表面がさびても木材に比べれば、はるかに長持ちする。鉄の成分も自然に悪影響を及ぼすことはない。実験はうまくいくと思う」と話している。


水道が出来た道は、小さな小さな、谷。
雨水が流れてる時は、小さな小さな、沢。
ならば、鉄柵で雨水の流れを弱めるアイデアは、小さな砂防堤、かな。

でも、学者さんの「うまくいく」って、そうそう、上手くいかないもんだよね。

浸食は止められないし、和らげるだけで精一杯だと思う。
水が山を削るのは自然の摂理、輪廻だから。


250山を歩いて登って、いろんなコンディションの山道を歩いたけど、
僕なりに思うのは、

“等高線に対して垂直に交わるように付けた道は大抵、えぐれてる”

水は低い方へと流れます。
流れる距離が長くなると水は力を持ち、地面を強くえぐります。
縦に登る道は雨水の滑り台になってしまい、水にいらぬ力を与えてしまうのです。

けれど、Z字、S字、斜面を斜めに横切るように付けられたジグザグ路は浸食も少なめです。
縦の道のように、通して流れる水はほとんどありません。
大抵の雨水は曲がり角で外へ流れ出てしまいます。

古くからある登山道ほど、ジグザグしているように感じます。
年寄りや子ども、体の不自由な人、馬、牛でも登れるジグザグ路は緩斜面で優しい道です。
優しい坂道では雨水もゆったり流れますから、痛みにくく、補修も少なくて済みます。
そのことも、ジグザグ路が好まれた理由だと思います。


それにくらべ、もはや生活道じゃない現代の登山道は、縦に登る道が多いですね。
現代人は拙速すぎるというか、とっとと山に登りた過ぎるというか。

雨水の滑り台自ら作っておいて、まさに、自業自得。

雨水の滑り台にしたくなかったら、縦の道は埋め戻し、
ジグザグ路やトラバース路に付け替えた方がいいと思います。

緩斜の登山道は、距離は増えるけど、体の不自由な人でも登れますしね。


とはいえ、登山道の浸食も、台風の崖崩れも、富士山の大沢崩れも、
地球時間で考えれば、一緒だと思いませんか?

確かに、上の写真みたいに大きくえぐれた道は見た目にも無残な感じですが、
それはそこがたまたま道だからそう思うだけで、沢や谷だったらなんとも感じませんよね。

雨水からしたら、谷もえぐれた登山道も一緒。

現状維持じゃないと自然破壊だと決めつけるいまの風潮。
どうも過保護すぎるような気がするんですよね。

自然は自然を保護してないんだし。
関連記事

00:35:03 | コメント(回答)(0) | page top↑
人工スキー場は巨大なかき氷<<古い方< 最新記事 >新しい方>>もうオープン
コメント
コメントの投稿














←管理人以外は読むことができないメッセージにしたい場合はチェックを

コメントいただくことは、とてもうれしいことです。

ありがとうございます。

けれど、「送信」ボタンを押す前に、いま一度、読み返してみて下さい。

「よく読んでもらえば分かる」

「行間を…」

それを、顔の見えない相手に望んでも、なかなか叶うものではありません。
字面しか、判断材料がないのですから。

当方の記事にお怒りの場合も、大人な対応で、
ぜひともよろしくお願いします。 <(_ _)>

一時の怒りにまかせて書いた文章は、パワーはあっても、
意図が通じなかったり、違う意味に取られたりすることもあります。

感情的なときこそ、冷静で。

でも、お山でも町でもメールでも、自分がイヤなことは他人にしてはいけません。


あと、「バカ」「アホ」「変態」「狂」...
使い用によって他人を不愉快にさせるワードは投稿不可となっています。


当ブログは一個人のブログです。
コメントの削除や受信拒否の設定をする・しないも、私個人の勝手です。
不愉快なコメントは、ばっさり、削除します。

違う意見を持つ人と共存できないクレーマーやヘイトと判断したら、
即、ブロックします。


相手が聞く耳を塞いだら、どんなに正論でも、一生届くことはないでしょう。

いろいろ、すみませんが、ご了承下さい。

人工スキー場は巨大なかき氷<<古い方< 最新記事 >新しい方>>もうオープン